このページについて

Windows のスタートアップ修復がどういうものか、を解説したページです。※スタートアップ修復の実行手順については、別ページでまとめています。

 プライバシーポリシー / 免責事項

Windows のスタートアップ修復

更新履歴 [ 全て表示戻す ]
2017.09.14:「Windows Update直後に発生した場合」追記

2017.09.11: 初出


Windows の「スタートアップ修復」がどういうものか?を解説したページです。読みもの的な意味合いが強くなっています。


※スタートアップ修復を実行する手順については、別ページでまとめています。

Windows10が起動しない時に「スタートアップ修復」を行う方法

ページ内の主な項目

まえおき

※以下は個人的なメモ。読み飛ばしてOK。

  • Windowsが起動しなくなった際の対処として、個人的に以下のような疑問があった。
    • あえて「連続して起動を失敗」させて自動的にスタートアップ修復が始まるのを待つのが良いのか?
    • 修復ディスクなどを用意して手動でスタートアップ修復をはじめるのが良いのか?
    • また、スタートアップ修復してもWindows起動しないじゃん?これ何の意味があるの?みたいな疑問とか、
    • 『自分でコマンドプロンプトやセーフモードで起動してチェックする前にスタートアップ修復が自動実行されるの気持ち悪いじゃん?』とか・・・・
  • こういう事が もうそんなのどうでも良い・・・・という境地にたどり着くまで随分時間がかかってしまった。
  • 要約すると、「スタートアップ修復は怖くない、便利、でも万能じゃない。」という事にようやく気が付いた、という事でこのページを作成しました。という事で、最近になってようやくPCと解さんの「スタートアップ修復」でできること を読んでもモヤモヤする事がなくなりました。

他サイト有用ページ

PCと解さん:「スタートアップ修復」でできること
スタートアップ修復で「何が修復出来て」「何が修復できないのか」を知ることができる、良いページです。

このページの対象

主にUEFIでインストールされた Windows 10 / 8.1向けに書いています。
※MBR形式の場合や、Windows 7 を利用している場合は通用しない部分があります)

スタートアップ修復とは

スタートアップ修復で修復される項目

この項目は他サイトさんの引用

自動修復の作業範囲について Microsoft 社さんの情報によると、レジストリの破損、システムおよびドライバ ファイルの不足または破損、ファイル システム メタデータの破損、問題のある、または互換性のないドライバのインストール、その他、重要な部分をチェックし修復してくれます。(中略) しかし、自動修復では壊れたプログラムを直したり、消失したプログラムを復活させることは作業の対象外です。またアップデートやインストールが途中の状態で不具合を起こしている場合も対象外です。

自動修復「 PC が正常に起動しませんでした」で Windows が起動しない時の対処法 - オレンジセキュアサービス株式会社

上記以外にも、ブート領域に異常が発生している問題も (ブート領域を完全に見失っているケースを除けば) 検知・修正してくれます。

スポンサー リンク

スタートアップ修復を「手動で実行する」意味について

上でも書いていますが、Windows 10や8.1の場合、Windowsの起動に2回連続で失敗すると、次回起動時に自動的に「スタートアップ修復」が実行されます。

つまり、手動でスタートアップ修復を行うケースは殆どありません。

ただし、例外的に

  • Windowsの起動に2~3回連続で失敗したけれど、「スタートアップ修復」が自動的に実行されなかった。
  • PCを起動しても、Windows 回復環境すら起動しない。
  • Windowsが2~3回連続で起動に失敗する前にスタートアップ修復を実行したい
  • スタートアップ修復を複数回くり返したい (ページ内移動)
  • Windowsは正常起動するものの、Windowsのブート領域に異変がある事が推測される。もしくは手動でBCD復旧もしくは再作成した。(ページ内移動)

このような場合にのみ、スタートアップ修復を手動で実行します。

「スタートアップ修復で PC を修復できませんでした」というエラーについて

パターン1
自動修復:PCが正常に起動しませんでした
▲クリックで拡大
※Windows8の場合
「自動修復:PCが正常に起動しませんでした」
パターン2
スタートアップで PC を修復できませんでした
▲クリックで拡大
※Windows10の場合
「スタートアップ修復で PC を修復できませんでした」

上図は、既に自動的にスタートアップ修復が実行された後に表示されるメッセージです。このメッセージが表示された時のチェックポイントは以下です。

  • 上図のメッセージは、問題が修復された時も、問題が見つからない時も、システムに問題がない時も表示される場合があります。
  • 前述の「修復される項目」から外れている問題は、修復されないどころか問題の検知も行われません。
  • Windows Update直後に発生した場合
  • また「スタートアップ修復で PC を修復できませんでした」と表示された場合でも、Windowsは正常に起動できるようになっているケースは多々あります。

この画面が表示された後では、(後述の一部例外を除き) 手動でスタートアップ修復を行ってもまず効果はありません。別の修復作業 (次項で解説するシステムの復元やセーフモードやコマンドプロンプトからの復旧) が必要です。

スタートアップ修復をしてもWindowsが起動しない場合

前述のとおり、スタートアップ修復は「Windowsが起動しなくなった原因」の全てをチェックしエラーを修復するものではありません。

同じ話のくり返しになってしまいますが、後述の一部例外を除き、「スタートアップ修復が終わってもWindowsが起動しない場合」は以下のような対策を取ります。

スタートアップ修復でもWindowsが起動しなかった場合の対処方法

以下を実行する
起動しないWindowsのシステム修復方法いろいろ
コマンドプロンプトからWindowsを復旧する4つの方法 (Vista/7/8/8.1/10)
UEFI/GPTインストールしたWindowsの「ブート領域」の復旧方法

以下、リンク先の手順をざっくり箇条書き。
※ 特殊なケースについては後述
  • システムの復元
  • セーフモードで起動するか確認し、問題が発生している個所を推定する
  • コマンドプロンプトから
    「DISM /Online /Cleanup-image /Restorehealth」や
    「sfc /scannow」
  • ファイルシステムに異常がある場合は「chkdsk c: /f」
  • ブート領域に異常がある場合
     bootrec /fixmbr (※MBRの場合のみ)
     bootrec /fixboot
     bootrec /scanos
     bootrec /rebuildbcd

スタートアップ修復を複数回くり返すことに意味はあるのか?

スタートアップ修復を2~3回くり返す事で、Windowsが正常に起動するようになるケースも存在します。

自分の体験からしても、ネット上で拾える情報を読んでみても、「既に異常が発生していたブート領域が、OSのメジャーアップデートなどで完全に破損しWindowsが起動しなくなった場合」もしくは「BCD領域を手動で修復・再作成した後」などでは、Windowsを起動させるためにスタートアップ修復が2~3回必要になっています。

※この件については、詳しいお話は (やや拙い内容ですが) 以下で書いています。

Windowsが起動しなくなった時の「スタートアップ修復」は2~3回行う

Windowsのブート領域に異常があることが推測されるケース

例えば以下のようなケースの場合、Windows (UEFI) のブート領域が正常でない恐れがあります。

※以下、UEFIでインストールされているWindows の場合

  • 他OSとデュアルブート構成で利用している、その状態でOSのアップグレードやメジャーアップデートを行った。
  • Windows をクローンして別の SSD / HDD で利用している。
  • UEFIのセキュアブートを有効にしたままシステムドライブを取り外してしまった、バックアップしたOSを別のHDD/SSDに入れ、入れ替えた。
  • Windowsをアップグレード (例 7 → 10)したり、メジャーアップデート (例 Win10 RS1 → RS2) した後、システムイメージを利用して元のOSに戻した。
  • Windowsを上書きインストール もしくは アップグレードする際、「インストールメディアでブートした状態」からWindowsのインストールを行なった。

このような状態の場合、たとえWindowsは正常に起動しているように見えていても、「内部的にはOSを見失っている」ケースが多々あります。その場合、Windows の メジャーアップデートなどのタイミングで Windows のブート領域が正しく認識されなくなり、Windowsが起動しなくなる恐れがあります。

これらのケースのうち、軽症の場合はスタートアップ修復を2回実行することで問題は修正されます。しかし重症の場合は、BCDの削除と再作成が必要になります。
どのようなケースで「重症の場合」が発生するのかは、以下のサイト内ページを読んで頂ければと思います。

「重症の場合」が発生するケースと修正方法

スタートアップ修復が起動しない例

PC起動時に以下のようなエラーが出ている場合、Windows回復領も見失っており、スタートアップ修復が正常に起動できなくなっています。

PC起動時に「エラー: 0xc000000f」や「エラー: 0xc0000034」が表示される
エラー0xc000000f
▲クリックで拡大
このようなエラーの場合、PC が WindowsシステムとWindows回復領域を完全に見失っています。ブート領域そのもののの復旧が必要です。スタートアップ修復は実行できない、もしくは実行しても効果が出ない状態になっています。

PC起動時に「エラー: 0xc000021a」や「0xc0000001」が表示される
Windowsシステムを完全に見失っているケース
▲クリックで拡大
このエラーが出る場合、Windows回復領域は見失っていないものの Windowsシステムを完全に見失っているケースがあります (一部のファイルが破損しているだけ、という場合もあり、その時はスタートアップ修復で修正されるはずです)。スタートアップ修復を2~3度繰り返してもエラーが修正されない場合、ブート領域そのものの復旧が必要です。

サイト内: ブート領域の復旧手順紹介ページ

UEFI/GPTインストールしたWindowsの「ブート領域」の復旧方法

このページの情報は以上です。

スタートアップ修復を実際に行う手順は、以下のページで紹介しています。
 → Windows10が起動しない時に「スタートアップ修復」を行う方法

サイト内関連ページ