このページについて

間違った手順でむりやり上書きインストールするとWindowsが起動しなくなる場合があります。0xc000021a や 0xc0000001エラーが出る場合、ブート領域の修復 (BCDファイルの削除と再作成) が必要です。

 プライバシーポリシー / 免責事項

Windows 10 の上書きインストールの「間違った手順」の紹介と、その時に発生する問題およびその対処方法の紹介です。
※正しい手順は次ページで紹介
Windows 10 を上書きインストールする方法

何度か起動していると、Windows自体が起動しなくなる
※上書きインストールに失敗し、ストップコード 0xc000021a または 0xc0000001 が出て Windows 10 が起動しなくなった・・・・などという場合、このページを読んでみる価値ありです。

このページの内容をざっくり説明

復旧の手順のみ知りたい場合

ブート領域の復旧が必要です。
別ページに手順のみをまとめています。

まず「間違った上書きインストール」の手順紹介。

手順: DVDやUSBのインストールメディアを「直接」起動する

このまま先に進むとどうなるか

DVDやUSBメモリで直接PCを起動してインストールを開始し、上書きインストールしようとした場合、以下のような状態になります。

アップグレードを選んだ場合
アップグレードを選んだ場合
▲クリックで拡大

このようなメッセージが出ます。
  • インストール画面はこれ以上 先に進めない仕組みになっています。
  • 上書きインストールを行いたい場合はWindows を通常起動し、そこからインストール作業を進めるよう、ダイアログが表示されます。(← これが正しい上書きインストールの手順)

カスタムインストールを選んだ場合
カスタムインストールを選んだ場合
▲クリックで拡大
上記のようなメッセージ(警告)が出ます。
以前のWindowsの環境は「Windows.old」フォルダに保存されますが、インストールそのものは「クリーンインストール」で行われます。


そのままカスタムインストールした場合
上書きインストール終了後

▲クリックで拡大
以前のWindows環境にインストールしていたアプリなどはごっそり削除されています。PCのリフレッシュやリセットと異なり、アカウント情報も初期化されています。ローカルアカウントを選択する場合、ユーザーも新規に作成する必要があります。

スポンサー リンク

上記 枠線内の解説が「インストールメディアで直接PCを起動し上書きインストールした場合」の挙動です。
しかしここまでは、まだ「まえおき」のようなものです。

実は、ここからが本題

この方法 (カスタムインストールでHDD内の古いボリュームを削除しない状態) でWindows をインストールした場合、さらにひどい事が起きるケースがあります。以下、その辺を具体的に紹介して行きます。

カスタムインストールで上書きした場合に発生する問題

  • カスタムインストール直後に発生する異常
    インストール直後に発生する異常
    ▲クリックで拡大
    ※この画面はインストール直後に1回だけ、しかも数秒くらいしか表示されません。ぼんやりしていると見逃します。
    上書きインストールしたはずなのに、OSが二つ (しかも同じボリュームで) 認識された状態になっています。
  • 何度か起動していると、Windows自体が起動しなくなる
    何度か起動していると、Windows自体が起動しなくなる
    ▲クリックで拡大
    前の段階で既にブート領域の情報に異常が発生しているので、何かのタイミングでWindowsは正しく起動しなくなります。この時、PCは再起動を繰り返します。この時表示されるストップコードは 0xc000021a または 0xc0000001 が多いようです。
  • Windowsが正常起動せず、スタートアップ修復がかかった時
    上書きインストールに失敗した例1
    ▲クリックで拡大
    ここでもOSのシステムが二重に表示されています。
    ※0xc0000001 エラーが出る場合、Windows RE環境すら認識されていない状態なので スタートアップ修復すら実行されません。
  • この時UEFI画面
    上書きインストールに失敗した例2
    ▲クリックで拡大
    Windows Boot Manager も二つ存在している状態です。

なにが起きているのか

古いWindowsシステムをそのままにしてカスタムインストールを行うと、Windowsシステムは上書きされるものの、新たにブート領域が作成され、中途半端な形でデュアルブート化してしまう、もしくはBCD領域を見失ってしまう状態が非常に高い確率で発生します。

この場合、最悪の場合 (何度かWindows を起動しているうちに) ブート領域に 異常が発生し、Windows が完全に起動しなくなってしまいます。

Windowsが起動しなくなった時の対処方法

インストールDVDやシステム修復ディスクでPCを起動し、間違ったブート領域の削除・修正、再作成が必要になります。

効果のない対処方法

このケースの場合、以下の方法ではWindowsを復旧させることは出来ません。

  • スタートアップ修復
  • システムの復元
  • sfc /scannow
  • DISM /Online /Cleanup-image /Restorehealth
  • chkdsk c: /r

まとめ

  • Windows10 を上書きインストールする時は、インストールメディアをWindows 上から起動しましょう。
  • 上書きインストールの正しい手順
    Windows 10 を上書きインストールする方法
  • カスタムインストール (クリーンインストール) する時は、システムドライブに古いボリュームやパーティションが存在しない状態にしてからインストールを行いましょう。

参考情報:カスタムインストールを行う場合の手順

「カスタムインストール」はWindows をクリーンインストールする場合にのみ利用します。

インストール時、古いボリュームは必ず削除する。
Windowsをインストールすることはできません
▲クリックで拡大
使い古したディスクに「カスタムインストール」を行う場合、すでに存在しているパーティション/ボリュームはすべて削除する必要があります。

全部削除した後、新しいボリュームを作り直す。
Windowsのインストール方法6
▲クリックで拡大

このページの情報は以上です。