更新履歴 [ 全て表示戻す ]
2016.09.20: filehippoのリンクが切れていたので修正

2014.07.22: 誤字脱字の訂正
2013.11.02: 古くなった情報を大幅に更新、URL変更。
2008.01.25: 初出


ImgBurnは、CD-R/RW、DVD-R/RW、BD-R/REなどへの書き込みに対応した高機能なフリーのライティングソフトです。

現在も開発が続いており、最新のドライブへの対応が続いているのが心強いです。またフリーソフトながら、ライティングソフトとしては現時点の最強ソフトと言っても過言ではありません。

imgburn:フリーのライティングソフト
▲ImgBurn起動画面。

このページではImgBurnの概要を紹介しています。ダウンロード・インストール・日本語化方法や、使い方は以下リンク先で解説しています。
ImgBurn のダウンロード・インストール・日本語化の方法
ImgBurn の設定・使い方
ImgBurn で音楽CDを焼く場合

ImgBurnのダウンロード

※現在、公式サイトのダウンロードリンクは分かり難くなっています。
 ・ImgBurn(Fileforum)
 ・ImgBurn(softpedia.com)
 ・http://www.filehippo.com/jp/download_imgburn/ (リンク切れ)
 ・ImgBurn(free-codecs.com)

上記サイト(のいずれか)からダウンロードするのがオススメです。
インストールには少々注意が必要です → インストール・日本語化の方法解説

ImgBurn 公式サイト

ImgBurnの特徴

ImgBurnは、DVD Decrypterの開発者LIGHTNING UK!氏がDVD Decrypterの開発を中止に追い込まれてから作成したツールになります。

そのためDVDディスクの暗号解除機能などは一切含まれなくなりましたが、それ以外の機能が恐ろしく進化しています。下でも述べるような、幅広いメディア、ドライブ、OSに対応しています。

対応メディア
CD-R、CD-RW、
DVD-R、DVD+R、DVD-RW、DVD+RW、DVD+R DL、DVD-R DL、DVD-RAM
BD-R、BD-RE、HD DVD-R、HD DVD-RW
特殊ライティングオプションのサポート
BenQ、LG、LITE-ON、NEC、Nu Tech、Plextor、RICOH、Samsung製ドライブの特殊なライティングオプションもサポートしています
(その他ドライブでも、通常機能はサポートしています)
幅広いOSをサポート
Windows 95, 98, Me, NT4, 2000, XP, 2003, Vista, 2008, Windows7/8(64bit版含む)と、ほぼ全てのWindowsをサポートしています。
(2013年現在、Windows95対応を謳っているのが驚きです(^_^;)

  

ImgBurnの簡単な使い方解説

音楽CDを作りたい場合や、DVD/BDビデオを作成したい場合はもう少し複雑な手順が必要になりますが、基本操作はこんな感じです。

ImgBurnの簡単な使い方解説図
▲クリックで拡大
DVD-RやBD-Rに焼きたいファイルを、ImgBurn上段のボックスにドラッグ&ドロップし、下段のBurnボタンをクリックすればOKです。

さらに詳しい使い方を知りたい場合→ImgBurn の設定・使い方

個人的補足(2013年)

他のライティングツールと比較して、ImgBurn の何が優れているか?を一つ挙げるとすれば、それは
「他ツールとの相性の良さ、ドライブやOSへの悪影響の少なさ」
だと思っています。

私は、複数のファイル仮想化ツール、複数の動画変換ツール、オーサリングツールを利用していますが、それらのどの組み合わせで利用する時もImgBurnは正常にライシングを行ってくれます。

※例えば、サイバーリンクやRoxioのライティングツールは
 ・VMwareやDaemonTool、PismoFile MountWinCDEmuなどを起動していると正常にライティングできなくなる。
 ・DVDFabの書き込みが正常に作動しなくなる
などのトラブルが発生し、私の環境では満足に利用できないです。。。

 

個人的補足(2008年頃に書いたもの)

私の以前の環境では Windows XP SP3へアップグレード時に Burn4FreeDeepBurnerはライティングに失敗するようになり、ImgBurnのみが唯一無事DVDを焼けるフリーソフトとなっていました。他のライティングソフトで上手くDVD焼き出来なくなった方なども、このツールはオススメになります。

ImgBurnはきめ細かな設定が可能な分、操作はやや複雑です。扱い易さではBurn4FreeDeepBurnerの方が勝ります。

サイト内関連ページ