このページについて

Windows 10 Creators Update 対応。Windows 10 のクリーンインストール方法を紹介したページです。事前に用意しておくと良いものやHDDやSSDの初期化など、見落としやすい注意点も紹介しています。

 プライバシーポリシー / 免責事項

Windows 10 をクリーンインストールする手順を紹介したページです。

非常に長い更新になっており、このページでは手順のみを紹介しています。
クリーンインストール時の「準備」、「注意事項」、「実際の手順」と複数のページに分かれています。

ページ内リンク

「注意事項」や「用意するもの」など、まえおきは不要で「インストール手順のみ」読みたい場合

サイト内関連ページ

クリーンインストールする前に、少なくともUEFIと旧BIOSの違いを確認しておきましょう。また新品以外のHDD/SSDをCドライブに使う場合、正しいフォーマット方法を覚えておきましょう。

クリーンインストール時、用意するもの

準備情報ここまで。
ここから実際のクリーンインストール手順です。

スポンサー リンク

実際の手順 (このページの手順前半)

インストールメディア (DVD または USBメモリ) をPCにセットし、PCを起動します。
この時、インストールメディアが UEFI または レガシーBIOS のどちらで起動するか、確認しておきましょう。

補足: 確認時の画面一例

マザーボードのブート優先順位確認画面 (ASUS P9X79 の画面)
UEFIマザーの場合の注意点
▲クリックで拡大
  • UEFIブートするとWindows は UEFIでインストールされます
  • レガシー互換ブートするとWindows は レガシー互換でインストールされます

PC起動直後
Windows をインストールする方法1
▲クリックで拡大
しばらく待ちます。

Windowsのセットアッププログラムが起動します。
Windows 10 をクリーンインストールする方法1
▲クリックで拡大
言語やキーボードの種類を聞いてきます。
自分のPCや住んでいる国にあわせ、「次へ」をクリックします。

次の画面
Windows 10 をクリーンインストールする方法2
▲クリックで拡大
「今すぐインストール」を選択します。

ライセンス認証の画面
ライセンス認証の画面
▲クリックで拡大
プロダクトキーの入力は、後でも行えます。
今回は「プロダクト キーがありません」を選択してみます。
※「一度ライセンス認証を行ったPC」や「Windows10へ無償アップグレードしたPC」の場合、プロダクトキーの入力は不要です。
※インストールメディアのバージョンによってはここが「スキップ」という表記になっています。

次に Windows 10 のエディションを選択します
ライセンス認証の画面
▲クリックで拡大
自分のPC、または所有するプロダクトキーにあわせて選択します。

ライセンス条項の確認
ライセンス条項の確認
▲クリックで拡大
面倒ですがとりあえずざっくりとは読んでおきましょう。
「同意します」にチェックを入れて「次へ」をクリックします。

ここが超重要手順
インストールの種類を選択します。
Windowsのインストール方法5
▲クリックで拡大
上段の選択肢は、アップグレード の時のみ使います。
新規にWindows 10 をクリーンインストールする場合は「カスタム: Windowsのみをインストールする」を選びます。
上書きインストールしたい場合の手順はこちら

またまた重要
Windows 10をクリーンインストールするディスクとパーティションを選択します。
Windowsのインストール方法6
▲クリックで拡大
ここのインストール手順は、以下の条件で異なってきます。
※かなりややこしい話なので、詳細は別ページにまとめています。
「Windows 10 のクリーンインストール「Cドライブ初期化方法」の注意点」
条件別にかなり詳しく書いています。

以下、一例として「使い古した HDD/SSDの場合」を掲載しておきます。

使い古した HDD/SSDにクリーンインストールする場合

過去に作成したパーティションはすべて削除します。
Windowsをインストールすることはできません
▲クリックで拡大
すでに作成されているパーティションを、Windowsのインストール中の画面で一つずつ選択し、削除していきます。

全部削除したら、もう一度パーティションを作り直します。
Windowsのインストール方法6
▲クリックで拡大
Cドライブの容量を入力します。
大抵の場合、これでWindowsがインストールできる状態になっている筈です。

Cドライブを作った後の画面
システムパーティションは自動生成される
▲クリックで拡大
※画像はUEFIマザーでGPT形式でインストールする場合のものです。

チェックポイント

ボリューム削除してもまだインストール可能にならない場合

DISKPARTを起動してディスク情報を完全にクリアする必要があります。
以下で対処方法を解説しています
Windowsのインストールが出来ない場合の対処方法2 (UEFI/MBRの違い)

予約領域を自分で作成・変更したい場合

この手順は別ページで紹介しています。
UEFI/GPT形式で、自分で予約パーティションを切ってWindowsをインストールする

  • Windows起動中に「Windowsシステム用」のパーティションを切ることは出来ません。
  • インストールメディア や Windows PEでPCを起動しパーティションを切る必要があります。

「クリーンインストール手順」続き(このページの後半)

HDD / SSD に正しくパーティションを作成した後は、以下のように作業を進めます。
Windows 10 のクリーンインストール手順3
▲クリックで拡大
Cドライブに相当するパーティションを選択し「次へ」をクリックします。

実際にインストールが開始されます。
Windows 10 のクリーンインストール中
▲クリックで拡大
しばらく待ちます。

クリーンインストール中、PCは何度か再起動されます。
クリーンインストール中の再起動画面
▲クリックで拡大
再起動にはやや時間がかかります。しばらく待ちます。

Windows 10 をクリーンインストールする手順(前半) の内容はここまで。

このページの続き

長くなったことと、Anniversary Update 以前と Creators Update 以降で 手順や 設定画面 がかなり異なっていることから、ページを分割して掲載しています。

その他 サイト内関連ページ