2016.09.24: Windows 10/8.1 で F8セーフ起動する方法追記 (サイト内リンク)

Windows には、いくつかのシステム修復方法が用意されています。
Windows が正常に起動しなくなった場合でも、以下に紹介する方法で、問題の発生したPCを正常な状態に戻すことが可能です。

覚えておくこと

PCの電源を入れた直後にF8キーを連打すると、「ブートオプション画面」に移ります。
ブートオプション画面
▲ブートオプション画面
※F8キーを押すタイミング:
BIOS(PCメーカー名の画面など)を通過した直後・Windowsロゴが表示される前。

まずはセーフモードで起動できるかどうか、確認しましょう。

前準備

USBメモリ、外付けハードの他、後から増設した内部の機器なども、出来るだけ外した状態にしてから実行するのがお奨めです。

PCに接続するのはモニタ、マウス、キーボード、スピーカーのみなど、必要最小限の構成にしてから復旧を始めましょう。

Windows 10/8.1の場合

UEFIインストールした Windows 10/8.1では、F8キーを連打しても前述の「ブートオプション画面」には (通常は) 辿り着けません。

上記のようなチェックポイントを押さえておきましょう。

以下、実際の手順です。

修復方法

  1. システムの復元を利用してみる
    システムの復元
    ▲セーフモードで起動できる場合は、まずはこの方法を試してみます。
    ドライブやシステムのプロパティから「システムの復元」を選択し、正常に作動していた頃の復元ポイントを指定し、Windowsを過去の状態に戻してみる。
    一番お手軽な方法ですが、深刻な状態から回復する事は殆ど無いように思います。
  2. 「セーフモードとコマンドプロンプト」を利用する
    セーフモードが起動しない場合は、「セーフモードとコマンドプロンプト」で起動してから「rstrui.exe」と入力しても、システムの復元が起動します。(「1.」のシステムの復元と同じ機能です。ダイアログ形式のシステムの復元が始まります)
  3. コンピューターの修復を利用してみる(Vista/7の場合)
    コンピューターの修復
    ▲PC起動時に、F8キーを連打すると、ブートオプション画面が表示されます。
    そこに「コンピューターの修復」が表示されている場合は、利用してみる。
    かなり効果があります。
  4. 回復コンソールを利用する(XPの場合)
    回復コンソール及びコマンドを使っての修復方法
    上記サイトに細かい手順が記載してあります。
    マスタブートレコードが破損している場合などは、これが効果があります。
  5. 「システムイメージ」から回復させる
    あらかじめ、DVDなど外部メディアに起動用・修復用Diskを作成している場合などに用いる方法です。 「システム回復オプション」から「システムイメージ」のバックアップを作っていたら、そこから修復をしてみます。
  6. ブート領域が破損している場合
    コマンドプロンプトで起動して以下のコマンドを入力

 

詳しい手順が知りたい場合は、 TOSHIBAの「コンピュータの修復」を使用してシステムの復元を起動する方法(Vista)が分かりやすくてお奨めです。XPや7でも、ほぼ同じ手順です。

これらで回復しない場合は、OSをクリーンインストールする方が良いかもしれません。
その方が時間も手間もかからないと思います orz