更新履歴 [ 全て表示戻す ]
2017.12.13: 第2火曜翌日のWindows Update で延期がリセットされる場合がある旨を追記

2017-12.03: 初出


Windows 10 Home版でメジャーアップデートを延期させる方法を紹介したページです。Windows 10 Fall Creators Update への延期も、以下の手順で可能です。

はじめに

用意するもの

「wushowhide.diagcab」が必要です。
wushowhide.diagcab
wushowhide.diagcab は、Microsoftが配布している「Windows 10 の更新プログラムの適用を一時的に延期できるツール」です。
(メジャーアップデートを延期できる期間は恐らく3~4ヶ月程度だと思われます。)
(第2火曜翌日の Windows Update で wushowhide の設定が初期化される事があります。その場合、再度延期設定を行う必要があります。)

ツールのダウンロード、使い方

wushowhide.diagcab を実行するタイミング

Windows 10 のメジャーアップデートが始まる前、もしくは始まった直後であれば大丈夫です。

Windows 10 のメジャーアップデートが始まった直後の画面
Windows 10 のメジャーアップデートが始まった直後の画面
▲クリックで拡大
wushowhide.diagcab は、Windows 10 のメジャーアップデートが始まった後で実行します。上記の画面であれば、ダウンロード中、準備中、インストール中、いずれのタイミングでも構いません。

スポンサー リンク

wushowhide.diagcab実行時の画面

wushowhide.diagcab はメジャーアップデートが始まった後で実行
▲クリックで拡大
目的の更新プログラム (ここではWindows 10 バージョン 1709 の機能更新プログラム) にチェックを入れ「次へ」をクリックすればOKです。
※Windows 10 のメジャーアップデートが始まる前に wushowhide.diagcab を実行した場合、このリストにメジャーアップデートが登場しない場合があります。その場合はまだメジャーアップデートが配信されていないと思われます。

手順はまだ続きますが、ここで一旦「機能更新プログラム (メジャーアップデートの事) 」が表示されないケースの説明を挟みます。

メジャーアップデートが既に再起動直前まで来ていた場合

Windows 10 のメジャーアップデートがすでに最終段階 (再起動直前) まで進んでいた場合、wushowhide.diagcab に「機能更新プログラム」が表示されない場合があります。

  • このような場合は、一度「通常の再起動」を行います。
    スタートメニューの「再起動」や「シャットダウン」を選んだ場合、メジャーアップデートは実行されない
    ▲クリックで拡大
    スタートメニューの「再起動」や「シャットダウン」を選んだ場合、メジャーアップデートは実行されません。
    • 注意
      ここで「今すぐ再起動」や「更新して再起動」「更新してシャットダウン」を選択すると、メジャーアップデートが始まってしまいます。
  • PCを再起動した後、もう一度 手動でWindows Updateを行うと、再びメジャーアップデートが始まります。
    wushowhide.diagcabでメジャーアップデートを非表示にする
    ▲クリックで拡大
    前述したとおり、このタイミングであれば wushowhide.diagcab に「機能更新プログラム」が表示されるはずです。このタイミングであれば wushowhide.diagcab で非表示設定が可能です。
  • 注意: メジャーアップデートをやり直した場合、ダウンロードやインストールを最初からやり直すことになります。高速回線+高スペックPCでも、1~2時間の待ち時間が必要になります。

「機能更新プログラム」が表示されないケースの説明はここまで。
以下、通常の手順に戻ります。

wushowhide.diagcab 実行後の手順

※メジャーアップデート中の画面、先ほどと同じ図です。
メジャーアップデートを非表示にした後は再起動のタイミングまで待つ
▲クリックで拡大

  • Windows 10 のメジャーアップデート中に「機能更新プログラム」の非表示設定を行った後は、「再起動すればメジャーアップデートの更新が始まってしまう」状態になるまでひたすら待ちます。
  • ※「メジャーアップデートがまだダウンロード中」という状態であれば、その時点でPCを再起動しても延期が可能です。インストール中の状態で再起動するとPCの調子が悪くなるので注意です。
  • メジャーアップデートの更新プログラムを非表示にした後は、wushowhide.diagcab は終了させても大丈夫です。


重要:
「あとは再起動するだけ」という状態になった後の手順
「今すぐ再起動」や「更新して再起動」「更新してシャットダウン」を選択すると、wushowhide.diagcab を利用していても メジャーアップデートが始まってしまう
▲クリックで拡大
ここでスタートメニューの「再起動」または「シャットダウン」を選択します。

チェックポイント

「今すぐ再起動」や「更新して再起動」「更新してシャットダウン」を選択すると、wushowhide.diagcab を利用していても メジャーアップデートが始まってしまいます。注意しましょう。


上記の手順で再起動を行なえば、手順は終了です。

再起動後、Windows Updateを実行している時の画面
手順終了、メジャーアップデートが始まらない事を確認している図
▲クリックで拡大
ここまでの手順に成功していれば、更新プログラムのチェックを押してもメジャーアップデートははじまらない状態になっているはずです。

メジャーアップデートしたくなった場合

wushowhide.diagcab の設定を解除すればOKです。
wushowhideの使い方
▲クリックで拡大
再び wushowhide.diagcab を実行し、非表示にした更新プログラムを再表示させるメニューを選び、メジャーアップデートの機能更新プログラムを選択、非表示を解除します。

このページの手順は以上です。

サイト内関連