2016.10.09: Windows10 RS1 では(当面の間は)ドライバを非表示にするのは非推奨

Windows10の自動アップデートを止める方法の紹介です。
Home版でも利用可能で、TH2などの大型アップデートも止める事も可能です。
以前にも紹介した「wushowhide.diagcab」というツールを利用します。

紹介ツール

Microsoftの以下ページでツールが配布されています
Windows 10 で Windows やドライバーの更新による再インストールを一時的に防止する方法
※自動翻訳で、非常に読みにくい日本語です。じっくり読む必要はありません。
Windows10の自動アップデートを、KBやドライバを個別指定して選択的に止める事が可能です。

ダウンロードしたファイル
wushowhide.diagcab
ツールのダウンロードリンクは、ページの下の方にあります。
「wushowhide.diagcab」というファイル名です。
45.5 KBほどの大きさです。

追記注意: Windows10 RS1 でドライバ関連を消すのは非推奨

2016年10月現在、Windows10 RS1 (ビルド1607 / Anniversary Update) に対してドライバ関連の更新を消すのは非推奨です。

スポンサー リンク

ツールの使い方

※ツールの起動には管理者権限が必要です。

「wushowhide.diagcab」を起動したところ
「wushowhide.diagcab」を起動したところ
▲クリックで拡大
ツールが起動したら「次へ」をクリックします

更新プログラムを確認しています。
更新プログラムを確認
▲クリックで拡大
しばらく待ちます

更新プログラムを非表示にするか (Hide updates)、再度表示させるか (Show hidden updates)を選択できます。
選択画面
▲クリックで拡大
更新プログラムを非表示にしたい場合、「(Hide updates」を選びます

更新プログラムの一覧が表示されます。
インストールしたくない更新プログラムにチェック
▲クリックで拡大
インストールしたくない更新プログラムにチェックを入れ、「次へ」をクリックします。

しばらく待ちます。
しばらく待ちます
▲クリックで拡大

チェックを入れた更新プログラムの非表示設定が完了しました。
非表示設定が完了
▲クリックで拡大
ここに表示された更新プログラムは、以降はWindows Updateのリストから外され、勝手にインストールされる事はなくなります。

非表示設定を元に戻したい場合/外した更新プログラムをインストールしたい場合

この場合も「wushowhide.diagcab」を起動します
「wushowhide.diagcab」を起動
▲クリックで拡大
今度は「Show hidden updates」 を選択します。

非表示設定された更新プログラムの一覧が表示されます。
インストールしたい更新プログラムにチェック
▲クリックで拡大
非表示設定にした更新プログラムが表示されます。
インストールしたい更新プログラムにチェックを入れ「次へ」をクリックします。

「解決済み」のメッセージが表示されれば成功です。
「解決済み」のメッセージが表示されれば成功
▲クリックで拡大
次にWindows Updateが始まる時、自動で更新パッチはインストールされます。
もちろん、手動で更新のチェックを行ってもOKです。

ツールの使い方解説は以上です。
以下、注意事項です。

注意事項1

ダウンロードページでも解説されていますが、このツールはあくまでも「一時的に」Windows Updateを遮断するツールです。

現時点では、このツールで更新パッチを隠してしまえば勝手にアップデートされる事はありませんが、更新パッチのインストールを永久に拒否する事は出来ないものと思われます。(重要な更新パッチは4~8ヶ月後には強制的にインストールされるものと予測しています)

注意事項2

インストールに「PCの再起動が必要」な更新パッチの場合は、このツールを「再起動前に実行」すれば更新を防げる感じです。

しかし、更新にPCの再起動が不要なパッチの場合、事前にインストールを防ぐのは難しいかもしれません。その場合、一度更新パッチをアンインストールまたはシステムの復元を行い、その後にこのツールでインストールを防ぐ事になるかと思います。

このページの情報は以上になります。

サイト内関連ページ

あとがき

このツール、とっくの昔に紹介したと思っていたけど、まだ紹介していない事に今さら気が付きました。
TH2のアップデートに合わせて今さらのように紹介です(^_^;