このページについて

Windows 10 および 8.1 で、Windows Updateの更新の確認が終わらない場合や、Windows Updateでエラーが出てしまい更新できない場合の対処方法を書いたページです。

 プライバシーポリシー / 免責事項
更新履歴 [ 全て表示戻す ]
2017.06.30: Windows Update構成ファイルを手動で削除する手順が抜け落ちていたので追記

2017.03.23: 古くなった手順・情報の修正
2017.02.22: Microsoftの対処方法ページを追記
2016.12.21: latestwu.diagcab とWindowsUpdate.diagcab を追記
2016.11.26~29: コマンドプロンプトの箇所を修正、別ページへ移動
2016.09.29: 初出


Windows 10 や 8.1 の Windows Updateでエラーが出てしまい更新できない場合や、失敗を繰り返してしまう場合の対処方法を書いたページです。

※補足: Windows Update のダウンロードやインストールが進まない場合の対処方法は別ページ(下記リンク)に記載しています。

基本的なトラブルシュート

Windows10 RS1の注意事項

追記や概要、注意事項の説明おわり。ここからがこのページの本題です。

ざっくり手順解説

  1. Microsoftが配布している修正ツールを利用する
  2. (PC操作に自信がある場合は) コマンドプロンプトで Windows Updateの構成ファイルを一旦削除してみる
  3. コンポーネントリセットツールを使う
    • エラーが残る場合は 手動でコマンド実行
  4. 「DISM /Online /Cleanup-image /Restorehealth」を実行する
  5. Windows 標準のトラブルシューティングツールを使う

上記の 1.~5. を順に実行するのが効率が良い感じです。

以下、それぞれの実際の手順を画像付きで紹介しています。

スポンサー リンク

Microsoftが配布している修正ツールを利用する

ダウンロード

ツールの使い方

以下は、Windows10用の「latestwu.diagcab」を実行した時の画面です。
※Windows 8.1用のプログラムもほぼ同じ操作です。
latestwu.diagcab起動画面
▲クリックで拡大
 ・Windows Update
 ・BITS (バックグラウンドインテリジェント転送サービス)
 ・Windows ネットワーク診断
など、2~3個のチェック項目が現れます。どれか一つを選んで「次へ」を選択します。

選択した項目によっては、管理者権限が必要になります。
latestwu.diagcab起動画面
▲クリックで拡大
「管理者としてトラブルシューティングを」実行するを選択します。

問題が解消されると、以下の画面になります。
latestwu.diagcab起動画面
▲クリックで拡大
残りのチェック項目も実行し、エラーが出ていないか、修正できるか確認します。

Windows Updateの構成ファイルをコマンドプロンプトで削除してみる

手順詳細ページ

調子が悪くなった Windows Update を コマンドプロンプト で修正する方法
※自身がない場合はこの手順は省いてもOKです。

削除コマンド

net stop usosvc
rem Windows 10の場合青部分も必要
net stop wuauserv
net stop cryptSvc
net stop bits
net stop msiserver
ren %systemroot%\SoftwareDistribution SoftwareDistribution.old
ren %systemroot%\System32\catroot2 catroot2.old
del "%ALLUSERSPROFILE%\Microsoft\Network\Downloader\qmgr0.dat"
del "%ALLUSERSPROFILE%\Microsoft\Network\Downloader\qmgr1.dat"
net start msiserver
net start bits
net start cryptSvc
net start wuauserv
net start usosvc
rem Windows 10の場合青部分も必要
  • 実行には管理者権限のコマンドプロンプトを利用します。コマンド実行後は「PC再起動」または「Windows Update」のどちらかを必ず実行します。
  • 削除したデータやフォルダは自動的に再作成されます。
    データベースの再作成中、PCはかなり重くなります。Windows10 の場合、再作成にかなり(10~30分くらい)時間がかかります。
  • コマンド中でバックアップされたファイル (SoftwareDistribution.old と catroot2.old) は後で必ず削除しておきましょう。(削除しなかった場合、上記コマンドは2回目以降、正しく実行されません。)

コンポーネントリセットツールを実行してみる

この項目はWindows 10 / 8.1、共通の手順です。

Windows Updateに失敗し、正常に更新できない場合、まずはMicrosoftが公開している「コンポーネントリセットツール」を実行するのが効果的です。
軽微なトラブルの場合、このツールの実行で問題は解消します。

 

問題が検出され修正されると、以下のような画面になります。
コンポーネントリセットツールのエラー01 コンポーネントリセットツールのエラー02 コンポーネントリセットツールのエラー04 コンポーネントリセットツールのエラー05 コンポーネントリセットツールのエラー05
▲クリックで拡大
上の画像は、深刻な問題が発生したPCでコンポーネントリセットツールを実行した結果です。大量のエラーが検出された場合、ツールの実行とPC再起動を繰り返し、エラーが発見されなくなるまで何度も修正を繰り返す必要があります。

エラーが全て修正されれば、(多くの場合で) 正常にWindows Updateが行える状態になります。 

上記のツールでエラーが検出されなかった場合

ここまでのチェックではエラーが検出されなかったのに、まだWindows Updateが正常に作動しないケースもあります。

この場合、以下で説明している「コンポーネントリセットツールでエラーが消えない場合」と「システムファイルのチェックおよび修復を行う」の項目を実行します。

コンポーネントリセットツールでエラーが消えない場合

システムファイルのチェックおよび修復を行う

Windows 10/8.1 共通。
システムが正常な状態かどうかを確認し修復を行う手順です。

手順

二つのコマンドが正常に終了した場合、メンテナンスは終了です。
もう一度コンポーネントリセットツールを実行すれば、Windows Updateが正常に行えるようになっている筈です。

  • ※補足: 今回のトラブルの一例
    コンポーネントリセットツールのエラー03
    ▲クリックで拡大
    トラブルシューティングツールを何度実行しても、上記のエラーが消えない問題に遭遇した。
    • この時は、Windows Update コンポーネントではなく、Windowsのシステムそのものに異常が発生していたらしく、「DISM /Online /Cleanup-image /Restorehealth」が有効でした。

ここから下は、さらに深刻な場合の対処手順です。

「DISM /Online」や「sfc /scannow」でもエラーが出る場合

エラーメッセージの例

  • このような場合は重症です
    通常のPCメンテナンスが実行できない重症なPC例
    ▲クリックで全体表示
  • DISM /Online /Cleanup-image /Restorehealth
    • リモート プロシージャ コールに失敗しました。
    • 指定されたオブジェクト エクスポーターが見つかりませんでした。
    • コンポーネント ストアは修復できません。
  • sfc /scannow
    • Windowsリソース保護により、破損したファイルが見つかりましたが、 それらの一部は修復できませんでした。

これらのメッセージが表示される場合、さらに気合を入れたPCメンテナンスが必要です。

この時に必要な手順は、次ページ「Windows10/8.1 でWindows Updateが終わらない・失敗してしまう場合の対処法(重症な場合)」で公開しています。

DISM や sfc /scannow が正常に終了した場合、すでにWindows Updateは正常になっている場合もありますが、念のため 次項も実行します。

Windows 標準のトラブルシューティングツールを使う

「DISM /Online /Cleanup-image /Restorehealth」や「sfc /scannow」が終了した後、一度PCを再起動してからWindows 標準のトラブルシューティングツールを実行します。

「コントロールパネル」>「トラブルシューティング」を開きます。
「コントロールパネル」>「トラブルシューティング」
▲クリックで拡大
「システムセキュリティ」の「Windows Update で問題を解決する」を選択します。

「Windows Update で問題を解決する」が起動した所
Windows Update で問題を解決する
▲クリックで拡大
「次へ」をクリックすると、Windows Updateの診断と修正が始まります。

  • 以下、手元のPCで Windows Update が不調になったの画面です。
  • 症状により、以下の画面が異なる場合があります。
    基本的に画面の指示に従ってクリックしていけばOKです。

 

次に表示された画面
Windows Update で問題を解決する
▲クリックで拡大
この画面が出た場合は「管理者としてトラブルシューティングを実行する」を選択します。

システムの異常は自動で検知され、修正されます。
Windows Update で問題を解決する
▲クリックで拡大
全ての項目で「解決済み」のマークが付けば、メンテナンスは終了です。
正常にWindows Updateが出来るようになっているはずです。

「トラブルシューティング」でエラーがでた場合

ここまでやっても、まだエラーが修正されない場合があります。
Windows Update で問題を解決する
▲クリックで拡大
このような結果になった場合は、もう一度PCを再起動してから前項の「DISM /Online /Cleanup-image /Restorehealth」を実行し、さらにもう一度PCを再起動して、 再度 Windows 標準のトラブルシューティングツールを実行します。

 

それでもまだエラーが消えない場合は、次ページ「Windows10/8.1 でWindows Updateが終わらない・失敗してしまう場合の対処法(重症な場合)」を実行してみます。

サイト内関連リンク

2017.02.22追記: Microsoftの対処方法ページ

Microsoft から新しい対処方法ページが公開されていたので追記。

公開時期は2016年12月。ダイアログ形式で読みやすく、効果が高く手順も比較的簡単なものに絞った、分かりやすい内容になっています。
こちらのページの手順もおすすめです。