Windows10から7/8.1に戻す時に失敗する原因7つ

Windows 7/8.1 から Windows10にアップグレードを行った後、一定の操作を行うと元のOSに戻せなくなり、最悪の場合はOSが起動しなくなるので注意しましょう。

Windows10から7/8.1に戻す時に失敗する原因7つ

2016.08.23:UAC変更で元に戻せなくなるケースを追記。
2016.08.23: 元に戻せる期間が10日に短縮された旨を追記。
2016.05.06: 補足を追記

Windows 7/8.1 から Windows10にアップグレードを行った場合、基本的には1ヶ月(30日)以内なら 元のOSに戻せます。
※RS1 (Anniversary Update)以降、元に戻せる期間は10日に短縮されています。

通常は、上記の期間内ならば元のOSに戻す事は可能なはずですが、ある一定のPC操作を行った後は「Windows 7/8.1に戻す」の機能は正常に働かなくなり、その状態で「Windows7/8.1に戻す」を行うと最悪の場合はOSが起動しなくなります。

この場合は、リカバリーDiscからの復旧もしくはOSを再インストールするしかない状態になる事があるので注意しましょう。

このページの情報について

このページは、過去に「Windows10にアップグレードした後、元のOSに戻す方法」の一部として公開していたものです。
このページの公開日は2016年4月15日となっていますが、書いてある情報の大部分は2015年7月末~8月中旬および2015年11月に検証したものになります。

Windows10から7/8.1に戻す方法

元に戻す手順は別ページで紹介しています
 →Windows10 にアップグレードした後、元のOSに戻す方法
 ※このページでは、上リンクの手順が失敗する条件を紹介しています。

ダウングレードに失敗する原因

アップグレードしたWindows10上で
 1.「システムファイルのクリーンアップ」機能を使う
 2.「このPCを初期状態に戻す」の機能を使う
 3. アップグレード後に、新規ユーザーアカウントを追加する
 4. Windows.oldフォルダー、\$Windows.~BT フォルダーを削除する

 5. UACの設定を最高レベルにしている(これは元に戻せばOK/次項で解説)
これらのいずれかの操作をした場合、OSを以前のWindowsに戻すことが出来なくなります。注意しましょう。
また、
 6. Cドライブの空き容量が極端に小さくなった(10GB以下または10%以下)
 7. ドライブ構成を変更する
(外付けHDD/DVDドライブ、USBメモリなど含め、ドライブを増やしたり減らしたりする)
などの場合も、Windowsを元のバージョンに戻す操作が失敗してしまうようです。

上記の項目が1~5と6~7に分かれている理由

「5. UACの設定を最高レベルにしている」について

Windows10でUACの設定を最高レベルに変更した場合、回復画面のメッセージが以下のように変化します。
Windows10を元に戻せなくなった画面
▲クリックで拡大
「ユーザーアカウント制御がシステムの変更について常に通知する設定になっているため、この機能は使えません」
この場合、UACの設定を初期値に戻す事で元のOSに戻す事が可能になります。

Microsoftの関連ページ

Windows 10 の回復オプション - Windows ヘルプ
▲ページ中段のリンクを開くと、「回復オプション」の各項目の注意事項が表示されます。
[以前のバージョンの Windows に戻す]場合の注意事項は

  • アップグレード後、windows.old フォルダーと \$Windows.~BT フォルダーの内容がすべて保持されていること。
  • アップグレード後、ユーザー アカウントを追加、削除、移動していないこと。
  • Windows 7 または Windows 8.1 へのサインインにパスワードを使っていた場合は、そのパスワードを知っていること。
  • Windows 10 へのアップグレードに USB ドライブを使った場合は、その USB ドライブがあること。 

となっています。

失敗するとどうなるの?

最悪の場合、OSが起動しなくなります。
手元のPC環境で実際に試してみた所、「ディスククリーンアップ」や「このPCを初期状態に戻す」を使った後に「Windows 7/8.1に戻す」を利用すると「OSが見つからない」という状態に陥りOSが起動しなくなりました。

「OSを元に戻す」作業を行う場合でも、事前に「リカバリーDiscの準備」およびシステム(Cドライブ)のイメージバックアップを取るなど、万全の準備を行いましょう。

以下おまけ。
個人的に失敗した時の操作方法です。

失敗その1

ディスククリーンアップ
ディスククリーンアップ
▲クリックで拡大
OSを元に戻したい場合は、(Windows10にアップグレードした後に)「ディスククリーンアップ」の中の「システムファイルのクリーンアップ」は使わない方が良さそうです。

システムファイルのクリーンアップ
システムファイルのクリーンアップ
▲クリックで拡大
「Windowsアップグレードのログファイル」と「以前のWindowsのインストール」は削除しないようにしていたのですが、OSを元に戻す時は支障が出ました。

失敗その2

このPCを初期状態に戻す
このPCを初期状態に戻す
▲クリックで拡大
Windows10へ無償アップグレードした後、この操作は特に注意です。

以下の様な警告が出ます
警告
▲クリックで拡大
「Windowsの以前のバージョンに戻すことはできません」としっかり書いてありますね。。。
私の場合、起動不能も上等で荒っぽいテストを繰り返していたので、警告を見落としていました(^_^;

失敗するとどうなるの?

途中で何かエラーが発生し、OS起動不能になってしまいました。(POST画面を通過した後、画面が真っ暗なまま、何も起こらない、もしくは「システムDiskが無い」というエラーが表示される)

かなり深刻な状態に陥りました。
リカバリーDiscが必要な状態で重症です。

OSを元に戻す可能性のある人は、アップグレード後、最初の30日間 最初の10日間 はシステムに変な変更をしない方が良いかもしれません。


サイト内 関連ページ
(Windows10無料のアップグレード/インストール関連)



次のページへ
前のページへ
Windows10から7/8.1に戻す時に失敗する原因7つ
TOPページへ

コメント(多忙中のため休止中) C[3] T[0]

人気ブログランキング
このブログを応援する・このブログに寄付する
mona:MEmMcKYAWfdX1r3XkoWBoweJTSjtDgdqRo
btc :1342ndtQDJ3NKkTw1BfP8AD4xMy8NJ4kWb


広告&サイト内おすすめページ

 

関連記事(ぜんぶ見る>> インストール
無料アップグレードしたWindows10の パーツ変更、再認証、ライセンスの扱いについて
Windows10から7/8.1に戻す時に失敗する原因7つ
Windows10にアップグレードした後、元のOSに戻す方法
Windows10へのアップグレードに失敗しないための注意事項やチェックポイント

※コメント欄の一時休止中につき、Monacoin企画も休止中です。
ドスパラ amazon
次のページへ
前のページへ

更新日 2016/08/23(2016年04月公開)このページはリンクフリーです

カテゴリ(メニュー)
このページ

Amazon

Amazon 日替わりタイムセール
サイト内検索
Special Thanks (TOP15)

Amazon
リンク集
楽天市場/ブログランキング
a8 a8