Windows 10 の KB4088776 が更新に失敗する場合の対処方法

更新履歴 [ 全て表示戻す ]
2018.03.24: エラー 0x800F0922、0x800F0923などにも対応

2018.03.16: 初出


Windows 10 バージョン 1709 の 累積更新プログラム「KB4088776」が更新に失敗する場合の対処方法を紹介したページです。

2018年2月の KB4074588 あたりから、更新プログラムのインストールが延々と失敗し続けているPC環境が一定数発生していると見られるため、このページを作成しました。

このページでは、複数の原因と複数の対処方法を紹介しています。
PC環境によって異なった問題が発生しているようで、一筋縄では行かない状況が発生しています。(このページの方法では解決できない問題も発生しているようです)

ページ内リンク

ケース1: Microsoft アップデートカタログを利用している場合

累積アップデートの更新に Microsoft アップデートカタログ を利用しているユーザーは注意です。

このケースの対処方法

スポンサー リンク

ケース2: エラー0x80070002 または 0x80070003 の場合

これらのエラーは、最近のWindows Updateではありがちなエラーです。
この問題は、サイト内別ページでも解説を行っています。

エラー0x80070002対処法ページ

以下はリンク先のダイジェストです。

エラー0x80070002 の場合

  • エラー0x80070002のよくある原因
    • サードパーティ製のセキュリティソフトが更新に必要なシステムファイルを保護している
    • Windowsのシステムファイルに異常が発生している
    • Windows Updateがチェックするファイル、またはフォルダが見つからない
    • サードパーティ製のシステムメンテナンスツールやドライバ削除ツールが、Windows Updateに必要なファイルを削除 (または変更) してしまった
    多くの場合、上記のようになんらかの理由で Windows Update に必要なファイルもしくはフォルダが見つからない、もしくは読み込めない状態になっています。
  • この問題の対処方法1
    • トラブルが軽微な場合は、「OSのクリーンブート」や「セキュリティソフトの一旦停止」が有効です。
    • コマンドプロンプト(管理者)で「sfc /scannow」や「DISM /Online /Cleanup-image /Restorehealth」を実行するのも効果的です。
    • 「sfc /scannow」や「DISM~~~」の後、トラブルシューティングツールの実行が必要な場合もあります。
    • 効果がなかった場合、次項「エラー0x80070003」の対処方法2 (重症な場合) に進みます。

エラー0x80070003 の場合

  • エラー0x80070003のよくある原因
  • この問題の対処方法1 (軽症の場合)
    • システムの復元を行い、Windows Update をやり直してみる
    • 各種トラブルシューティングツールを利用する (リンク先にダウンロードリンクあり)
  • この問題の対処方法2 (重症の場合)
    • Windows Updateのエラー 0x80070003 の対処方法
      ↑このリンク先「まだエラーが消えない場合」のコマンドプロンプトの手順を行います
    • コマンド (コピペでOK)
      net stop usosvc
      net stop dosvc
      net stop wuauserv
      net stop cryptSvc
      net stop bits
      net stop msiserver
      ren %systemroot%\SoftwareDistribution SoftwareDistribution.old
      ren %systemroot%\System32\catroot2 catroot2.old
      del "%ALLUSERSPROFILE%\Microsoft/Network\Downloader\qmgr0.dat"
      del "%ALLUSERSPROFILE%\Microsoft/Network\Downloader\qmgr1.dat"
      net start msiserver
      net start bits
      net start cryptSvc
      net start wuauserv
      net start dosvc
      net start usosvc
    • 重要: コマンド実行後はリンク先の手順でバックアップファイルを削除する必要があります。(削除コマンドを実行していない場合、このコマンドを2回目に実行した時にエラーが出てしまい、効果が出なくなります。)

ケース3: エラー 0x80070bc2 や 0x80070422 の場合

こちらのページ (answers.microsoft.com)で発見した対処方法。
2018年2月の KB4074588 用の記事なのですが、今月分 KB4088776 でも有効な模様です。
(ひょっとすると「ケース1」と同じ問題なのかも?)

  • この問題の原因と対処方法
    • ちょっと謎なのですが、trustedinstaller のサービスが正常に実行されていないケースがあるらしく、trustedinstaller のサービスが自動実行されるよう設定するだけでエラーが解消する模様です。
  • チェックポイント
    • Windows Update 無効化ツールや、 (自動メンテナンス無効化などの)Windows の高速化ツールを常駐させている場合、それらのツールを停止してから 更新を開始する
  • 具体的手順
    • コマンドプロンプト (管理者)を起動
    • 以下コマンドを入力
      「SC config trustedinstaller start= auto」
    • PC を再起動する
    • 「設定」>「更新とセキュリティ」を開く。
      • 「今すぐ再起動する」など再起動ボタンが表示される・・・・この場合はもう一度再起動する
      • 「更新プログラムのチェック」ボタンが表示される・・・・そのままWindows Updateしてみる
  • まだ問題が解消しない場合
    • 「ケース2」の 0x80070003 の対処方法2 (重症の場合)を実行してみる (コマンドプロンプトのやつ)
  • 個人的メモ
    • この問題は、海外・国内両方で一定数発生している
    • trustedinstaller が正常動作していないのは何が原因なんだろう?
    • PC高速化 や Windows Update 無効化などで変なツールまたはTipsが広まっているのだろうか?それとも 一部PC環境で何か問題が発生しているだろうか?

ケース4: 複合的に問題が発生している場合に注意

上記の「ケース1~3」が複合的に発生している場合は注意です。

この場合の手順

  • まず、1~2月分の累積更新プログラムを削除
  • 「ケース2」の手順で「SoftwareDistribution」フォルダの削除など Windows Update 構成ファイルのクリアを行う
  • その状態で「ケース3」の「trustedinstaller の有効化」を行う
  • PCを再起動する際には「ケース2」の手順通り「Windows のクリーンブート」を行うようにしましょう。

この状態で Windows Updateを行なえば、無事 KB4088776 がインストールできるかと思われます。

ケース5: まだ正常にアップデートできない場合

エラー 0x800F0922、0x800F0923などで KB4088776 が繰り返し失敗する場合は、「保留中」となった更新プログラムが残っている可能性があります。

この場合の対処方法

この場合、(再起動ループが発生していなくても) 上記手順のように「回復環境から DISM を利用した KB4088776 のアンインストール」が必要になる場合があります。

まだ解決しない場合/上記の手順が難しいと感じる場合

ここまでの手順で解決しない場合や、紹介した手順を実行する自信がない場合は「Windows の上書きインストール」を行ってみます。

サイト内手順解説ページ

Windows 10 を上書きインストールする方法

「上書きインストール」の場合、クリーンインストールやPCのリフレッシュなどと異なり、インストールしたアプリはそのまま残り、個人設定の初期化も最小限に抑えた状態でWindows システムの異常を修復することが可能です。

このページの情報は以上です。