更新履歴 [ 全て表示戻す ]
2018.08.16: KB4343909に既知の不具合が追記された

2018.08.15:
 21時 KB4343205 (16時追記分) が誤りだったので修正
 15時 KB4343897 に既知の不具合が追記されたので追記。
 03時 今月の定例更新分を追加
2018.08.12:
「KB4023057 インストール後のPCの挙動メモ」追記
 KB4338825の記述に確認ミスがあったため一部情報を削除
2018.08.12: 初出


2018年8月の Windows Update メモページです。
「作っておかないと自分が困る」という事態が発生するため、個人的に必要が生じた際に、必要最低限のレベルで作成を続けています。

まえおき

ページ内リンク

8月15日配信分: 手元のメモ

8月15日配信分

共通項目

Windows 10 バージョン 1803

Windows 10 バージョン 1709

Windows 7

Windows 8.1

8月15日配信分の情報ここまで。

スポンサー リンク

8月11日

Windows 10 バージョン1709などにWindows Update コンポーネントの安定性向上プログラムなどが配信された。ちょっと特殊な更新なので注意する。

注意事項

  • コンポーネントの安定性向上プログラムは、Windows Update カタログでは配信されない模様。
  • Windows 10 バージョン 1709 に KB4338825 (2018年7月分) が再配信(?)されている。
  • Windows 10 バージョン 1507 / 1511 / 1607 / 1703 / 1709 に配信された KB4023057 には注意事項が盛り沢山なので注意。

Windows 10 バージョン 1803

  • 新しい更新プログラムなし。

Windows 10 バージョン 1709

  • KB4295110概要/ アップデートカタログの配信なし?
    2018-08 Windows 10 Version 1709 更新プログラム
    • Windows 10、バージョン1709の特定のビルドのみがこのアップデートを必要とする。該当ビルドを実行しているデバイスは、自動的にアップデートをダウンロード、インストールされる。
    • この更新プログラムには、Windows 10、バージョン1709の Windows Update コンポーネントの新しい安定性向上プログラムが含まれている。
    • 更新されたコンポーネントには、Windows 10のサービススタックエンジンと連携するファイルとリソースが含まれている。
  • KB4338825概要/ダウンロード
    2018-07 Windows 10 Version 1709 の累積更新プログラム
    • 2018年7月11日配信分。
      一部の深刻な問題が解決されたので再配信された、という感じなのだろうか?
    • 既知の問題など
      • 英語版以外のプラットフォームでは「Reading scheduled jobs from file is not supported in this language mode.」というエラーメッセージが表示されることがある
      • Device Guard を作成または有効にすると、一部のメッセージが英語表記になることがある
      • 以下はKB4345420で解決する
        DHCP Failover Server にこの更新プログラムをインストールすると、新しいIPアドレスを要求するときにエンタープライズクライアントが無効な構成を受け取ることがある。システムがリースを更新できない。接続が失われる可能性がある。
      • 以下はKB4345420で解決する
        ネットワーク監視ワークロードを実行しているデバイスによっては、競合状態のため 0xD1 STOPエラーが発生することがある。
      • 以下はKB4345420で解決する
        World Wide Web発行サービス(W3SVC)を停止しようとしても W3SVCは「停止」状態のままとなる。完全に停止または再開できない。
      • 以下はKB4345913を参照する
        .NET Frameworkセキュリティ更新プログラムをインストールすると、一部のアプリケーション (COM コンポーネントの初期化を .NET Framework に依存したアプリ) では、アクセス拒否エラーや0x80070005エラーなどが発生する。
    • 手元のPCメモ
      • 手元のPCの場合、KB4338825 は7月14日にインストールしたはずだが、履歴に残っていなかった。(今回の再配信時にアンインストールされたのか?)

注意: Windows 10 バージョン 1507 / 1511 / 1607 / 1703 / 1709

  • KB4023057概要/ アップデートカタログの配信なし
    2018-08 x64 Windows 10  更新プログラム
    • Windows Updateサービスコンポーネントの信頼性向上プログラム
      ※ KB4023057 は、2018年3月に バージョン1709への強制アップグレード で問題となったKB。
    • この更新の注意事項
      • 過去、このKBをインストールする事により「Windows Update 無効化ツール」などが正常に動作しなくなったケースあり。
      • アップデートのインストールを有効にするために、デバイスの起動時間が長くなることがあります。
      • この更新プログラムは、問題が検出された場合にネットワーク設定をリセットしようとし、更新プログラムが正常にインストールされない可能性があるレジストリキーをクリーンアップします。
      • この更新プログラムは、無効または破損したWindowsオペレーティングシステムコンポーネントを修復して、使用しているWindows 10のバージョンに対する適用の可否を決定します。
      • この更新プログラムは、重要な更新プログラムをインストールするのに十分なディスク領域を解放するために、ユーザープロファイルディレクトリ内のファイルを圧縮することがあります。
    • 手元のPCメモ
      • Windows 10 バージョン 1709 を1台ほどアップデート。ネットワーク関連も含め、今の所特に問題なし。
      • いつもの月例更新より1.5倍くらい時間がかかった感じがする (約45分で終了) が、最近はしっかりメモを取っていないのでよく分からない。

KB4023057 インストール後のPCの挙動メモ

  • KB4023057 をインストールした翌日、このPCはバージョン1803へ強制アップデートされてしまった。
    • 強制アップデートは自動メンテナンス実行時に発生。
    • 強制アップデート中、設定画面の Windows Update には何のメッセージも表示されなかった。
    • このPCは、ローカルグループポリシー エディターによってメジャーアップデートを延期していた。(延期日数90日にしていたので期限切れ)
  • 強制アップデートのキャンセル方法は以下
    2018年3月版: Windows10の強制的なメジャーアップデートを防ぐ方法
    • 注意
      2018年3月頃より、既にダウンロードが終了しインストール開始直前のタイミングまで来てしまうと、キャンセルする事は出来なくなっている。
      こうなってしまうと、一度メジャーアップデートしてから元のOSに戻すしかない。
    • また上記リンクは 4か月ほど手順確認していないので、手順の一部が古くなっているかもしれない。

7月30日~8月1日

Windows 7、8.1、および Windows 10 バージョン1607 に.NET Framework の不具合修正を含んだ修正プログラムがリリースされた。

Windows 10 バージョン 1803/1709/1703 には配信はなかった。
以下、いずれも自動配信されない。必要な人のみ、Microsoftアップデートカタログから入手する。

Windows 10 バージョン 1607

Windows 7

Windows 8.1

このページの情報は以上です。