このページについて

4K撮影したデータの編集は、個人用PCでの編集はまだまだ無謀だろう・・・と思いながら編集スタートしましたが、意外となんとかなりそうです。

 プライバシーポリシー / 免責事項

先日、知人の舞台をGH4の4K動画で撮影し、現在 Adobe Premiere Pro CC編集作業中です。

2時間20分の舞台をGH4の4K動画で撮影すると、、、
GH4の4K動画で撮影
▲クリックで拡大
23個のファイル、およそ90.5GBの容量になりました。

こいつをAdobe Premiere Pro CCに取り込んで編集開始です。
個人用PCでの編集はまだまだ無謀だろう・・・と思いながら編集スタートしましたが、意外となんとかなりそうです。

Premiere Pro CCで編集中の図
Premiere Pro CCで編集中の図
▲クリックで拡大
同じ舞台を複数のアングルで3回撮って、上手く撮れている所、上手く録音が出来た所をガシガシとつなぎ合わせている所です。

GH4長時間撮影メモ (GM5メモ含む)

スポンサー リンク

編集時のPC環境

  • 以下のPC環境で、そこそこのレスポンスで編集・プレビューが可能でした。
    • Core i7 3930K + メインメモリ16GB + Radeon R9 280X 
    • 撮影した動画ファイルはUSB3.0外付けHDD(シーケンシャルリード150MB/s)から読み込み。
    • Premiere ProのキャッシュフォルダはSSD(シーケンシャルリード 300MB/s)に設定。

編集時に感じた事メモ

  • 感じた事のメモ
    • 1920x1080 h.264素材と比較して、3~4倍くらいレスポンスが悪くなる程度。
    • プレビュー・編集・変換出力、いずれもビデオカードのパワーが重要な感じ。ビデオカードは常時フル回転だが、CPU側は余力を残している場合が多い。
    • 変換出力中のPCの消費電力は500Wを超える事がある。
      • 3930K+ R9 280Xの場合、900~1000Wクラスの良質な電源が必要。
      • 私のPCシステム(電源850W)は、消費電力500Wを超えた状態で2時間くらい稼動させると、BSoDになる模様。
        (そういえば、PC購入時のストレステストと安定度テストは450Wで行っていた。)
    • システムチューニングで安定化
      可能であれば、CPU、ビデオカード、共にBIOSを弄る等の調整を行い、電圧を少し絞った方がシステムが安定する。
    • やりすぎるとパフォーマンスが落ちる
      AfterBurnerでビデオカードの電圧を1.2V → 1.08V 、GPUクロックを1500Mhz → 1350Mhz まで絞ったら、4K動画編集中のプレビューがコマ落ちするようになった。
      • Premiere Pro CCでGH4の4K動画を編集中コマ落ちなくプレビューするには、工場出荷状態のRadeon R9 280X の性能が必要・・・という事かもしれない。
        • 注意
          編集中に掛けるエフェクトは「RGBカーブ」または「クイックカラー補正」のどちらか一方と「シャープネス」程度。重ねるレイヤーは2つまで。
        • これ以上のエフェクトやレイヤーを重ねると、4K動画はコマ落ちした。

過去の環境と比較すると・・・・

  • Core i7 3930K + NVIDIA 570GTX + Premiere Pro CS5 時代と比較
    • GPGPU無効の状態で 1920x1080 30i動画を編集している時と同じ位の重さか、やや軽い。
  • Core i7 920 + NVIDIA 9600GT + Premiere Pro CS5 時代と比較
    • GPGPU無効時の1280x720 60P動画を編集している時より快適に編集可能。
  • Celeron 2.4Gh(北森時代) + メモリ 512MB (別ソフト利用)時代と比較
    • 720x480 Mpeg2素材を編集している時より快適に編集可能。

GH4の4K動画ってどうなん?

  • 編集後の変換出力にどれくらい時間が掛かるか不安だったが、「2~3レイヤーを重ねて、リサイズ・RGBカーブ・シャープネス処理のみ」の場合、「1280x720 60Pまたは1920x1080 30P、40MbpsのMpeg2への出力」は実時間の1.3~1.7倍程度。2時間動画は3時間~3時間半で出力できそう。
  • 4K動画とか、風景にしか使えないだろう・・・と思っていたけど、意外となんとかなった。
  • 引きの三脚固定カメラで撮ったデータを等倍クロップして、人物のアップを使えるのは成るほど便利だと思った。
  • 無謀と思いつつも オールドレンズ(NFD 35-105)+MFで4K動画に挑んでみたが、意外と使えるショットがかなり撮れた。
    • これからも、4K動画でもMFを積極的に使っていこうと思った。
    • ただし、4K動画にPremiere Proのアンシャープを使うのは無謀だ。2時間分のデータの処理が途方も無い時間がかかる。少しピンを外したショットを使うのは諦めよう。。。
  • 高ISOで撮った場合でも、FHDで撮った時よりノイズは目立たなくなる。
    他所でも結構語られていたけれど、なるほど・・・と感じるレベルで減っていた。
  • ノイズは目立たなくなるが、画像が詳細になりすぎてしまう。4K動画をFHDに50%縮小すると、小さく映った人物の顔(目や鼻、口)はFHDで撮った時よりも線が細くなり、何らかの補正が欲しくなる。
  • 60Pで撮影している時のような感覚でカメラパンすると、ブレブレのカクカクになる。久々の30P撮影で、この感覚をすっかり忘れていた(^_^;

あとがき

4K撮影したデータの編集は、個人用PCでの編集はまだまだ無謀だろう・・・と思いながら編集スタートしましたが、意外となんとかなりそうです。
と言うものの、過去にもっと重い動画を編集した経験があるから言える事で、サクサク編集した経験しかない場合は結構辛いかもしれないですね(^_^;

余談

過去の経験から逆算して、編集には3週間くらいかかる見込み。
私の現在の多忙モードの、6月分はコレですw
今月中にDVD化、ブルーレイ化して友人・知人・関係者に配布する予定。