2016.08.26: 完全解消した感じなので追記。

このページはWindows10 TH1 (build 10240) 時代に検証した内容です。
Windows10 TH2(1511)でも同じような現象が発生しました。
RS1(1607)以降、最新のチップセットドライバのインストールで完全解消した感じです。

Windows 10/8.1マシンにて、スリープ復帰後などに

などという警告が出るけれど、PCには特に異常が見当たらない・・・という場合の対処方法を紹介したページです。
(今回も 個人的に遭遇したトラブルのお話しです。それを一般的なトラブル解決方法として読めるように書いています)

該当メッセージ

USBデバイスが認識されません
▲クリックで(メッセージ部分を)拡大

USBデバイスが認識されませんのダイアログ
▲クリックで拡大

このエラーメッセージによって何か実害が出る訳ではないのですが、スリープ復帰の度に表示される等、何となく気持ちの悪い症状です。

手元のPCの場合の完全解消方法

2016.08.26追記項目です。
手元のPCの場合、Windows10をRS1にアップグレードし、マザーボードのチップセットドライバを最新のもの(2016.08リリース)に更新した所、以下で説明している「汎用ドライバ」の項目が消え、この問題も完全解消した感じです。

通常の対処方法

通常であれば、エラーメッセージに記載された通り、「問題と思われるUSB機器」を、「一旦取り外す」、「再度接続してみる」、「PCの再起動」などを行えば治ります。

それでも直らなかった場合

基本的に、サイト内の過去記事「WindowsがUSB機器を認識しなくなった場合の対処法」と同じ対処方法が有効です。

対処方法リスト

  • 一旦PCの電源を切り、コンセントを抜く。→そのまま1~2分(できれば5~10分程度)放置し、完全放電させる。→コンセントつないでPC起動する。
  • 高速スタートアップを無効にしてみる
  • USB機器のユーティリティやドライバの削除・再インストールを試してみる。
  • USBのコントローラチップセットドライバを削除してみる
    • 再インストールは自動で行われる
    • 「USBルートハブ」や「Generic USB Hub」を削除または無効化とセットで行う
  • 「デバイスマネージャ」から、「USBルートハブ」や「Generic USB Hub」を削除または無効化し、PCを2回再起動する
  • pagefile.sys とhiberfil.sysを削除・再作成してみる。

一時的に直るけど、再発する場合

USBポート または USB機器 の故障、寿命、配線の接続不良などを疑ってみる。

故障または寿命の近いUSB機器を発見する方法

どの機器が問題となっているか分からない場合は、デバイスマネージャーのスクリーンショットを撮って比較してみましょう。

  1. デバイスマネージャーでUSBデバイスの項目を開き、スクリーンショットを記録する。
    USBデバイスの項目のスクリーンショットを撮る
    ▲クリックで拡大
  2. そのままスリープする。
  3. スリープ復帰後、該当のエラーが出るタイミングでデバイスマネージャーの内容が更新されるので、すかさずスクリーンショットを撮る。
    スリープ復帰後、該当のエラーが出るタイミングでスクリーンショットを撮る
    ▲クリックで拡大
  4. 両方のスクリーンショットを比較する
    両方のスクリーンショットを比較
    ▲クリックで拡大
    エラーが出るタイミングで、「汎用USBハブ」が一瞬消えていることが分かります。この場合、「汎用USBハブ」が原因となっています。
    • ※今回の私のPCで発生したトラブルは、これで問題の特定ができました。

発見後の対処方法

  1. 簡易的な対処方法
    デバイスを右クリックして「無効」にする
    ▲クリックで拡大
    問題が発生しているデバイスを右クリックして「無効」にすればOKです。
    • ※当然ながら、無効にしたデバイスは使えなくなります。
    • ※無効状態にしたまま実際にUSBデバイスを接続してみる等の作業を行い、物理的にどのポートに問題が出ているか、確認しておきましょう。
  2. ちゃんとした対処方法
    デバイスマネージャー状から、手動で正しいドライバを探してインストールしてみます。
    正しいドライバを探す
    ▲クリックで拡大
    • ※私のPCの場合、問題が発生しているUSB ポートは故障している可能性が高く、色々なドライバを当ててみましたが改善することはありませんでした。

個人的メモ (その後の対処方法)

この「スリープ復帰時に問題が発生しているUSBポート」が、「物理的にどのポートなのか?」を調べてみたところ、以前から調子が悪かったUSB3.0ポートでした。

当時のメモ
 今回の「外付けHDD」の不具合、真の原因が分かったかも・・・!
現在のメインPCを購入した直後にはKP41エラーの原因となり、昨年末には外付けHDD1台を故障寸前まで追い込んだ、私の中では既知の存在だった「壊れたUSBポート」が、今回のトラブルでも犯人となっていました。

「エラーが解消しない場合」のまとめ

Windows 10 (おそらくWindows8/8.1も同様)では、壊れたUSBポートはOS上またはBIOS上からポートを無効にしておくこと。
さもないと、( Windowsの作動に悪影響が出るワケではないけれど) 頻繁にエラーメッセージが表示される状態になる。

あとがき

Windows7時代は壊れたUSBポートがあっても「何も繋いでいなければ」問題発生しなかったのですが、、、うーん。ちょっと面倒になってきました(^_^;

完全解消後の追記
適切なドライバが当たっていれば、たとえ故障したポートがあってもそこに何も繋がなければ問題は起きなくなったようです。Windows7時代と同じ挙動に戻りましたヾ(*´Д`*)ノ

このページの情報は 以上です。