半分雑記更新です。1か月ほどまえに更新した「手元の Windows10 RS1 マシンのWindows Update履歴と安定状況のメモ」の続きです。
個人的な記録が含まれた更新になります。

問題解決後の追記

このページ執筆した情報だけではスリープ復帰失敗は完全には解決できず、12月のWindows Update以降再び再発するようになりました (2016年9月~11月に発症した問題には効果はありました)。 完全解決した際の対処方法は

 

以下、古い記録です。
2016年9月~11月頃にWindows10がスリープ復帰にしまくっていたPCにて、その症状を観察・様々な対処を行ったものになります。

初稿時の文章

我が家の Windows 10 Anniversary Update マシンが ようやく安定してきました。
「信頼性モニター」の値(日別)
▲クリックで拡大
Windows7から無償アップグレードした環境をそのまま利用中。
P9X79 Deluxe + Core i7 3930K (Sandy Bridge-E)

私が実際に触れられる範囲のご近所さんのPCも、だいたい似たような感じ。

もうこれで大丈夫じゃない?と思う気持ちもあるものの、

という問題が発生したばかり。
でも、PCメンテに悩まされる時間は随分と減って来ており、ようやく少し余裕を持った生活が出来るようになってきました。
この調子で安定して使えるOSに戻ってほしい・・・・。

メインの更新は以上。
以下の文章は、前回更新に引き続き スリープ失敗に悩まされた経過と対処方法の記録です。

我が家のメインPC

  • サイト内関連
    手元の Windows10 RS1 マシンのWindows Update履歴と安定状況のメモ
    9月21日の更新からスリープ復帰に失敗するようになった。
  • 9月21日と10月6日の更新後のスリープ失敗はマウスが原因。
    ドライバ入れ直しでおさまった。
  • 10月12日以降、今度はキーボードでスリープ復帰に失敗するようになった。
    • キーボード、USB、マザーのチップセットドライバなどを入れ直しても解消しない。
    • スリープ失敗解消には、以下の設定が必要だった。
      「このデバイスで、コンピューターのスタンバイ状態を解除できるようにする」のチェックを外した。
      ▲クリックで拡大
      「このデバイスで、コンピューターのスタンバイ状態を解除できるようにする」のチェックを外した。
    • このキーボードは、Windows 7~10 TH1、TH2時代、いずれもスリープで問題が出る事は無かった。RS1後も、2016年9月21日の更新までは問題が出なかった。
    • 11月9日の更新後、再テストするもスリープ復帰に失敗。
    • もう面倒くさくなった & 他が安定しているので、もうこの状態で放置する事にした。

ご近所さんのFMVW77MW

こちらのスリープ復帰失敗問題もなかなか酷かった。

  • Windows 10 Anniversary Update 以降、マウス・キーボード両方ともスリープ復帰に失敗するようになっていた。
    • 9月当時、色々ドライバ更新するもなおらず。
  • 9月~10月の いずれかのWindows Updateで マウスとキーボード両方の「このデバイスで、コンピューターのスタンバイ状態を解除できるようにする」のチェックが自動的に外れていた。(電源ボタンでスリープ解除する状態になった)
  • 11月9日の更新後、「スタンバイ状態解除」のチェックを外しても マウス・キーボードともにスリープ復帰に失敗しなくなっていた。
    • その他
      マザーのBIOSアップデートとメーカー製プリインストール ユーティリティのアップデートで格段に安定した。
      (TH1/TH2時代は、8.1用のユーティリティでも問題なかった)
  • 補足メモ

その他の問題 (自分のPC)

  • 10月末のメモ更新で、スリープ失敗の原因としてもう一つ「2007年頃に開発が止まったの古いHTMLエディタ」を挙げていたが、これは間違いだった。
    • これの一番の原因は、そのエディタで読み込んでいたIE6時代の CSS と Javascript だった。(古いWebサイトの改装中だった)
    • これらには既に失効したドメインが含まれており、スリープ復帰時に失効ドメインからの応答がない事がスリープ復帰失敗の一番の原因になっていた模様。

その他の問題 (ご近所さんのPC全般)

  • 以下2つのケースで問題が多かった
    • 7/8.1 時代のプリンタユーティリティをそのまま残している
    • メーカー製PCで、7/8.1 時代のメーカー謹製の省電力ユーティリティをそのまま残している
    いずれも TH1 / TH2 時代は何も問題が起きなかったため、放置していた。
  • Windows 10 Anniversary Update 以降、Windows Update経由で大量のドライバが降って来るのだけれど、
    • それらのドライバが自動インストールされる前は問題発生しまくり
    • でもドライバの自動インストールが終わると安定する
    というパターンと
    • 自動インストールされたドライバでは問題解消しない
    • 古いユーティリティの削除とドライバの手動更新
    • かつ、省電力設定の見直し
    というパターン、この2つに分かれる感じだった。

かなり時間と手間がかかってしまいましたが、少なくともこの1か月は、意図しない&予期しない「重大なエラー」や「スリープ失敗」は発生しない状況が続くようになりました。

最後に

Windows 10 Anniversary Update 以降 の Windows 10 の不具合は以下ページにまとめています。

「これから Anniversary Update へアップグレードするマシン」が何も手を加えず安定するかどうかまでは分かりませんが、とりあえず問題が発生した場合でも、省電力関連の見直しと問題が起きているドライバやユーティリティの入れ替えでほとんどの問題が解決できる所まで来ていると思います。

サイト内関連リンク