Windows 10 を上書きインストールする方法を紹介したページです。
クリーンインストールの場合はこちら

ページ内リンク

※まえおき不要、手順のみ知りたい場合は以下をクリック
 USBメモリ/DVDの場合  Media Creation Toolの場合
 共通: 引き継ぎ設定画面 以降

Windows 10 の上書きインストール

Windows 10 の場合、 OSの上書きインストールするには「Windowsのアップグレードインストール」を行う必要があります。

例: Media Creation Toolの場合
このPCを今すぐアップグレードする
▲クリックで拡大
同じバージョンのWindowsをインストールする場合でも「アップグレードインストール」は利用可能です。そしてこの時、インストーラーの挙動は上書きインストールになります。

ちなみに

この「上書きインストール」は「修復インストール」とも呼ばれています。
また、上書きインストール と クリーンインストールでは、手順がかなり異なっていますので注意が必要です。

アップグレードインストールについて

アップグレードインストールには、以下の2種類の方法があります。

※参考: ツールおよびメディアの入手方法

前準備

失敗する要因はできるだけ少なくしておきましょう。

ポイント

  • Cドライブに十分な空き容量がある事を確認する。
    最低でも20GB、理想は40~50GBの空きが必要。
  • HDDの場合デフラグを行い、ディスクの断片化も解消しておく。
  • 作業中のファイルがある場合、保存・終了しておく。
  • PC構成はできるだけシンプルに。USB機器など、余計なハードは取り外す。
    PCモニタも1台だけにする。デュアルモニターで上書きインストールしない。
  • セキュリティソフトは停止させる。念を入れる場合は削除しておく
  • Windows は クリーンブート しておく。

注意: DVD/USBブートしない

上書きインストールを行う場合、DVD や USB のインストールメディアで直接PCをブートしないようにしましょう。

失敗例を紹介したページ

※最悪の場合 Windowsが起動しなくなります。復旧方法も非常に面倒臭いものになります。

 

事前情報や注意事項ここまで。
ここから実際の手順の紹介になります。

スポンサー リンク

実際の手順: インストールメディア(DVD/USB)を使った場合

まずWindowsを起動します。
そしてDVDまたはUSBのインストールメディアをPCにセットします。
DVDまたはUSBのインストールメディアをPCにセット
▲クリックで拡大
インストールメディアを挿入すると、通常は自動的にセットアッププログラムが起動します。自動実行されない場合、メディアのアイコンをダブルクリックまたはメディア内のsetup.exeを実行します。

セットアッププログラムが起動します

更新プログラムのインストール画面
▲クリックで拡大
最初に更新プログラムのインストール画面が出ます。

※上記画面の補足情報

  • 「上書きか?」「クリーンインストールか?」などの選択肢はありません。
    Windows上から起動した場合、基本的に「上書きインストール」扱いになります。
  • 「更新プログラムのダウンロード」、「品質向上に協力」
    この2つはチェックを入れても入れなくても構いません。ユーザーの任意です。
  • ここでダウンロードされる更新プログラムは、累積アップデートなどとは別のプログラムの様です (後述)
  • ※何度か上書きインストールを実行してみましたが、トータルで時間を計測した場合、ここで更新プログラムをインストールしておいた方が短時間で作業が終わる感触です。 (ただしその差はわずか)

次にライセンス条項が表示されます。
ライセンス条項
▲クリックで拡大
「同意する」を選んで次に進みます。

※ここで一旦「MediaCreationToolの場合」の手順解説に入ります。

※続きはページ内下段にあります。
 続きへジャンプ>「実際の手順: 共通

実際の手順: Media Creation Toolの場合

Media Creation Tool起動直後
MediaCreationTool起動直後
▲クリックで拡大
しばらく(30秒~1分程度)待ちます。

ライセンス条項が表示されます。
ライセンス条項
▲クリックで拡大
「同意する」を選んで次に進みます。

以下の選択肢が表示されます。
このPCを今すぐアップグレードする
▲クリックで拡大
「このPCを今すぐアップグレードする」を選択します。

インストールファイルのダウンロードがはじまります
インストールファイルのダウンロード
▲クリックで拡大
ダウンロードされるファイルは 約4GBです。
回線速度によりますが、100MB(ベストエフォート) の光回線で通常 20分~1時間かかります。

再びライセンス条項が表示される場合があります。
ライセンス条項
▲クリックで拡大
「同意する」を選んで次に進みます。

新しい更新プログラムがある場合、ここでダウンロードされます。
新しい更新プログラムがある場合
▲クリックで拡大
しばらく待ちます。
※ここでダウンロードされるのは累積アップデートではない模様です (後述)

準備完了のメッセージが出ます
「個人用ファイルとアプリを引き継ぐ」にチェックが入っていることを確認
▲クリックで拡大

  • 上書きインストールをする場合「個人用ファイルとアプリを引き継ぐ」にチェックが入っていることを確認します。
  • ここで「インストール」を押すと、実際に上書きインストールが始まります。
    PCの性能によりますが、インストールには 通常15分~2時間ほどかかります。

実際の手順: 共通

ここから下は「インストールメディア」「Media Creation Tool」共通です。

準備完了のメッセージ (※前項と同じ画像)
「個人用ファイルとアプリを引き継ぐ」にチェックが入っていることを確認
▲クリックで拡大

  • 上書きインストールをする場合「個人用ファイルとアプリを引き継ぐ」にチェックが入っていることを確認します。
    メモ: 「引き継ぐものを変更」をクリックした時の場面
    引き継ぐものを変更
    ▲クリックで拡大
    「個人用ファイルのみを引き継ぐ」「何も引き継がない」などの選択が可能です
  • ここで「インストール」を押すと、実際に上書きインストールが始まります。
    PCの性能によりますが、インストールには 15分~2時間ほどかかります。

ここから先、しばらくの間 PC操作は不要です。ひたすら待ちます。

Windows 10 をインストールしています
Windows 10 をインストールしています
▲クリックで拡大

間もなくPCが再起動されます
間もなくPCが再起動されます
▲クリックで拡大

PC再起動後
PC再起動後
▲クリックで拡大
更新プログラムが適用・構成されます。
再びPCは再起動され、Windowsが起動します。

上書きアップグレード終了

PC再起動後
▲クリックで拡大
個人設定や 過去にインストールしたアプリがそのまま引き継がれ、無事にWindowsが起動しました。

Windows Updateをおこなう

Windows 10 を上書きインストールした後は、必ず Windows Update を実行しましょう。

Windows10が起動した直後、Windows Updateをしてみた図
PC再起動後
▲クリックで拡大
最新のISOをダウンロードし、上書きインストールの序盤で更新プログラムをダウンロードしていた場合でも、直近のWindows Update (累積アップデート) のダウンロードが始まりました。

どうやら上書きインストール中に発生した更新プログラムのダウンロードやその構成は、最新のWindows Updateの適用以外のもののようで、直近の累積アップデートの適用は、上書きアップグレードの後で改めて実行する必要がありそうです。

手順解説はここまで

Windows 10 の上書きインストールの手順紹介は以上です。
以下、Windows 10 の上書きインストールが終わった後に注意すべきポイントを何点か書いています。

注意: 上書きインストール後のクリーンアップ

少なくとも「ディスククリーンアップ」など、Cドライブのメンテナンスは 「Windows Updateを最新の状態にしてから」にしておきましょう。

上書きインストール直後の「ディスククリーンアップ」
上書きインストール直後の「ディスククリーンアップ」
▲クリックで拡大
「配信の最適化ファイル」や「以前のWindowsのインストール」など、かなり多くのファイルが不要と認識されていますが、上書きインストール後すぐに削除はしない方が良いファイルも含まれているようです。

手元の検証結果

  • 今回、この記事を執筆する際、「Windows 10 の上書きインストールのテスト」を3回ほど行ってみましたが、初回 Windows Updateを行う前に「ディスククリーンアップ」やその他不要ファイルの削除を行うと、初回の Windows Update が3時間コースに突入しました。
  • サイト内の対処法 (その1/その2) などは効果がなく、終了するのをひたすら待つ必要が出てきました。(更新準備ファイルやWindows Update関連のファイル削除で発生か?)
  • また、「以前のWindowsのインストール」の削除は、最低でも4~5日は様子を見てから、必要であればWindowsシステムのバックアップを取ってから行うのが無難かと思います。
    (非常に稀なケースですが、ここを削除してシステムが不調に陥るケースが報告されています)

アップグレードインストールの注意

DVD、USBなどのインストールメディアで直接PCを起動した場合、上書きインストールは出来ません。

インストールメディアから直接起動した場合、以下のようなメッセージが出ます。
アップグレードを選んだ場合
▲クリックで拡大
「カスタムインストール」を利用してむりやり上書きインストールすると、かなり酷い事が起きます。注意しておきましょう。

以上、Windows 10を上書き(アップグレード)インストールする場合は Windows 10を起動した状態からインストールを行いましょう、というお話でした。
このページの情報は以上です。