このページについて

Windows 10で[半角・全角]キーの変換ができない、日本語入力ができなくなったなど、日本語キーボードが101英語キーボードとして認識される問題の対処方法を紹介しています。

 プライバシーポリシー / 免責事項
更新履歴 [ 全て表示戻す ]
2017.08.25: 古くなったリンクや情報を削除・整理

2016.05.11:「はじめに注意」の項目に複数アカウントで利用している時の注意事項を追記。
2015.12.11: 手順解説の一部を詳しく書き直し
2015.11.22: 文末の古くなった情報を修正
2015.09.18: 初出


このページは、Windows10にて日本語キーボードが101英語キーボードと認識されてしまった場合の対処方法が記載してあります。
このページの内容はWindows10 TH1/TH2/RS1/RS2 共通です。

おもな症状

このような症状の場合、日本語キーボードが英語キーボードとして認識されている状態になっています。キーボードをWindows 10に正しく認識させ直す必要があります。
※Windows 8以降、このトラブルは発生しやすくなっています。

はじめに注意

対処方法1

hiberfil.sys と pagefile.sys を一旦削除し、再作成する。
まだ解決しない場合は高速スタートアップを無効にしてみる。

サイト内 手順紹介リンク

サイト内参考リンク

高速スタートアップや pagefile.sysとhiberfil.sys の削除・再作成で元に戻らない場合は、以下をチェックしてみます。

スポンサー リンク

対処方法2

言語の設定やIMEの設定を手動でやりなおしてみる。

まず、設定画面を開きます。
設定画面を開く
▲クリックで拡大

時刻と言語を開きます。
時刻と言語
▲クリックで拡大

さらにここでも、時刻と言語を開きます。
時刻と言語その2
▲クリックで拡大

  • 「言語」が日本語になっている事を確認します。
    • ここが日本語以外の場合「言語を追加する」で「日本語」を追加します。
    • 日本語になっている場合は「日本語」を1回クリックしてから「オプション」を選択します。

 

「ハードウェア キーボードレイアウト」の項目を確認します。
「ハードウェア キーボード レイアウト」の項目
▲クリックで拡大
※①と②は別の解決手順です。

  1. 「ハードウェアキーボードレイアウト」のチェック
    • ここが「日本語キーボード(106/109キー)」以外の場合
      • 「レイアウトを変更する」で日本語キーボードを選択します。
        「ハードウェア キーボード レイアウト」の項目
        ▲クリックで拡大
      • 設定変更後、一旦サインアウトまたはPC再起動すれば、キーボードは正常になります。
    • ここが「日本語キーボード(106/109キー)」である場合
      • この項目は正常です。
  2. 「キーボード」のチェック
    • 「キーボードの追加」を押して、追加できるIMEが無いか確認してみましょう。「Microsoft IME」が正常作動していない場合、再登録する事で日本語入力が可能になります。
    • 追加できるキーボードが無い場合
      Microsoft IMEを再インストールする必要があります。
      時刻と言語その2
      ▲クリックで拡大
      この画面で「英語」など別言語を追加し、「日本語」を削除、その後もう一度「日本語」を追加すると Microsoft IMEが再インストールされます。
    • また、Google IMEなど、別のIMEをインストールする、という手段もあります。

上記①と②が正常な場合は、以下「対処方法3」の方法に従ってレジストリを変更します。

対処方法3

レジストリを変更します。注意しながら行う事。

Windows10で日本語キーボードが101英語キーボードと認識されてしまう問題
▲クリックで拡大
 1. スタートボタンを右クリック
 2. [ファイル名を指定して実行]を選択

regedit
 [regedit] と入力してOKをクリック

レジストリの変更
▲クリックで拡大
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\i8042prt\Parameters
を開き、以下のように変更する

名前ありがちな異常値正常な値
LayerDriver JPNkbd101.dllkbd106.dll
LayerDriver KORkbd101a.dll名前ごと削除(注意)
OverrideKeyboardIdentifierPCAT_101KEYPCAT_106KEY
OverrideKeyboardSubtype02
OverrideKeyboardType 7以外7

レジストリの変更
▲クリックで拡大
レジストリの名前の削除は、上図のように選択・右クリックから行う。

注意

  • 大抵の場合、[LayerDriver KOR]の値を削除すれば この問題は修正される。
  • それ以外の項目で異常な値が入っている場合は、[LayerDriver KOR]の値を削除しなくても直る。
    • ※うちのPC環境では[LayerDriver KOR]を削除しないと106日本語キーボードとして認識できなかった

値の変更や削除が終わった後は、regeditを終了し、PCを再起動すれば完了です。

まだ直らない場合

以下ページで解説しています。
PCのキーボードがおかしくなった。半角/全角キーが効かなくなった場合の対処法
この手順に従って、キーボード ドライバの削除、または更新を行ってみましょう。

このページの内容では解決しない問題

Windows10の文字入力関連は、このページの問題以外に 以下のような問題が確認されています。
2015.11.22追記: TH2でほぼ解消していますが、一部のPC環境では解決されていない問題があります。

  • MS-IMEでも発生する問題
    • XP時代の古いアプリで文字入力すると、(かなり確率は低いが) アプリがハングする。(TH2以降の問題。11/19頃、累積パッチで解消されたかも?)
    • (ほぼ解消) 一般ユーザーでログインした場合、UACで管理者に昇格して起動したアプリで日本語入力ができない。
      (管理者がMicrosoftアカウントの時のみ発生?)
    • (解消?)新規にアカウントを追加したり、複数アカウントでサインアウトとログオンを繰り返すと、IMEが誤作動する。
  • 他社製のIMEで発生する問題
    (IMEの再インストールで部分的に直る場合あり)
    • (解消) ストアアプリの起動で日本語入力できない/MS-IMEに戻る。
    • (解消) PCを再起動するたびにMS-IMEに戻る/日本語が入力できなくなる。

このページの情報は 以上です。