「エラー 0x80240031」が発生し、Windows のアップグレード処理が失敗した時の原因と対処方法を紹介したページです。

スクリーンショット
エラー0x80240031
▲クリックで拡大
手元のPCの場合、Windows 10 Anniversary Update → Creators Update のメジャーアップデート時に発生しました。

手元の症状をもう少し詳しく書くと、メジャーアップデートに失敗したというより、メジャーアップデートそのものが開始されなかった、という感じでした。
ネット上で調べてみると、このような症状はWindows 8 → 8.1 の時などでも多く発生していた感じです。

エラー 0x80240031の原因

まずはネット上で過去の事例を20~30件ほど読んでみました。
エラーコード0x80240031が発生する場合、その多くは

などが原因になっているようです。
後半の赤字部分に注目。システムに問題がない場合でも、セキュリティソフト や Windows Update の挙動によっては アップグレードの処理が失敗する、もしくは開始できないというケースがあるようです。

手元のPCの場合

手元のPCの場合、
「Windows 10 Creators Update へのメジャーアップデート」
「2017年7月分の更新 (KB4025339)」

この2つが同時に発生していました。

という事で、まずは「2017年7月分の更新 (KB4025339)」を先に終わらせた状態で、その他の対策は何も行わずもう一度「Windows 10 Creators Update へのメジャーアップデート」を実行してみました。

アップデート結果
Windows 10 Creators Updateが起動
▲クリックで拡大
あっさりとメジャーアップデートに成功しました。
エラー 0x80240031 の場合、特に対策を取らなくても問題が解消するケースは多いのかもしれません。

手元のPCで発生した問題の紹介はここまで。
以下、システム異常が原因でエラー 0x80240031が発生したケースも想定した場合の対処方法です。

エラーの解消方法

「特に対策を取らなくても問題が解消するケースは多い」とは言うものの、何度もOSのアップグレードに失敗するのは精神衛生上良くないし、時間的にも勿体ない感じです。なので、OSアップグレードに再チャレンジする前に以下のような対策を取っておきます。

対策リスト1

対策リスト2

  • Windows Updateが残っている場合は先に済ませておく
  • セキュリティソフトは終了させる、もしくはアンインストールしておく
  • Windowsのクリーンブートする (余計な常駐ソフトは停止しておく)

「対策1」はWindowsのシステムのエラーを解消する手順、「対策2」はOSのアップグレードを邪魔するプログラムを停止しておく手順です。
「対策2」はOSのアップグレード直前に行います。

通常はこれらの対策で問題は解消する筈です。

まだ「エラー 0x80240031」が解消しない場合

Windows Updateのフォルダ「C:\Windows\SoftwareDistribution」の中身を削除してみます。

手順

調子が悪くなった Windows Update を コマンドプロンプト で修正する方法

最終手段

ここまでの手順で効果がない場合、PCをリフレッシュするしかないようです。

「設定」>「更新とセキュリティ」>「回復」の画面
トラブルシューティング

  • PC のリフレッシュ・・・
    • Windowsは、ほぼ初期化されます。
      自分でインストールしたプログラムやデータはC:\Windows.oldに移動されます(つまり見かけ上は完全に削除されます)。
      お手軽ですが、データを元通りにするには手作業が必要で時間がかかります (外部参考記事)
  • PC を初期状態に戻す・・・・
    • 最後の手段です。
      クリーンインストールと殆ど変わりません。
      作成したファイルは全部消えます。
  • 詳細オプション ・・・
    • 先に紹介した対策で効果が出なかった場合、この項目を選んでも効果はありません。

補足注意

Windows8以降では、アップグレード用OSのインストールメディアを作成し、「インストールメディアから起動してアップグレード」を行う事はできません。この方法を行うと、「PCのリフレッシュ」と「OSのアップグレード」を同時に行うような効果が得られますが、Windowsのブート領域に異常が発生する恐れがあります。

サイト内関連ページ
Windows 10で上書きインストールに失敗した時の症状とその回復方法

このページの情報は以上です。

おまけ: 参考になりそうなサイト(海外)