更新履歴 [ 全て表示戻す ]
2017.08.16 04時: 8月3週目配信分の不具合追記。
2017.08.16 03時半: 8月3週目配信分のメモを追記開始。

2017.08.09 22時: Windows 10 Anniversary Updateで「更新の履歴」が消える問題追記
2017.08.09 17時: 今月分で発生する不具合 追記
2017.08.09 16時: 冒頭に注意点追記
2017.08.09 04時:「更新の確認」にかかる時間チェック追記
2017.08.09 03時: Windows 10 Anniversary Update追記
 Windows Update Clientのバージョン(7/8.1)追記
2017.08.09 02時半: 2週目(月例)更新のメモを随時追記開始
2017.08.02: 初出


8月16日配信分のメモを開始しました。
2017年8月分の Windows Update のメモページです。
個人的なメモや手元のPCの挙動の記録が中心です。

ページ内リンク

8月2週目の更新メモへ8月1週目の更新メモ へ

2017年8月3週目の更新メモ

Windows 7/8.1 に「品質ロールアップのプレビュー」および「.NET Framework用品質ロールアップのプレビュー」が配信された。
どちらも「オプション配信」かつ「プレビュー版」なので、無理して入れる必要なし。

※以下、ファイルサイズはいずれも64bit版のもの。

Windows 7

まだPC再起動しただけだが、手元のPCでは今のところ問題なし。
※WLBAP32.DLLの不具合により、KB4025337とKB4025341をインストールした後、多量の動的TCPポートを消費する可能性あり。

Windows 8.1

まだPC再起動しただけだが、手元のPCでは今のところ問題なし。
※日本語IMEがハングすることがある。→KB2962409をインストールすると解消する。
※NPS認証が中断され、ワイヤレスクライアントが接続に失敗することがある。
→ レジストリ操作「SYSTEM\CurrentControlSet\Services\RasMan\PPP\EAP\13\DisableEndEntityClientCertCheck」を「0」にする。

Windows 10 (1703 / Creators Update)

配信なし。

Windows 10 (1607 / Anniversary Update)

累積更新プログラムの配信なし。
ただし手元には1607マシンが無いため検証不能。

2017年8月3週目の記録はここまで。
以下、8月2週目の記録。

スポンサー リンク

2017年8月2週目の更新メモ

今のところ、細かな問題は多少あるものの大きな問題なし。
注意点は以下2つ。

  1. 7月27日(米国時間)より、「Windows10 を使用しているすべての対応デバイスでCreators Updateは入手可能な状態」になっています。
    • バージョン1607 の Windows 10 の場合、今月分の更新を行ったつもりでも、バージョン1703へ 大型アップデートが強制的に実行される場合があります。
  2. Windows7 および 8.1 の「更新の確認に時間がかかる問題」のうち、「特定のKBを先入れしなければならない問題」はすでに解決しているものと思われる。

今月分で発生する不具合

Windows 10 v1607 (Anniversary Update)

  • 「更新の履歴」が消え、「更新プログラムがまだインストールされていません」という状態になる場合がある。

Windows10 v1703 (Creators Update)

  • KB4034674
    Edgeなどのアプリケーションで、チェコ語およびアラビア語が英語に変更されることがある。

Windows8.1

  • KB4034681
    NPS認証が中断され、ワイヤレスクライアントが接続に失敗することがある。

不具合情報はここまで。
以下、手元のPCを更新した際のメモと、各OSに配信される更新プログラムの情報。

Windows 7

更新の確認は30秒~1分で終了。
更新の確認>ダウンロード&インストール>再起動まで7~8分 (SSD)
今のところ問題なし。

※以下、ファイルサイズはいずれも64bit版のもの。

  • KB4034664 概要/ダウンロード
    Windows 7 向けセキュリティ マンスリー品質ロールアップ 2017 年 8 月
    194.3 MB
  • KB890830 概要/ダウンロード
    悪意のあるソフトウェアの削除ツール - 2017 年 8 月
    10.2 MB
    要再起動

Windows 8.1

更新の確認は3~4分ほどかかった。
更新の確認>ダウンロード&インストール>再起動まで14~15分 (HDD)
今のところ問題なし。

  • KB4034681 概要/ダウンロード
    2017-08 Windows 8.1 向けセキュリティ マンスリー品質ロールアップ
    265.6 MB、要再起動
  • KB890830 概要/ダウンロード
    悪意のあるソフトウェアの削除ツール - 2017 年 8 月
    10.2 MB
  • KB4034662 概要/ダウンロード
    2017-08 Windows 8.1 セキュリティ更新プログラム (Adobe Flash Player 対応)
    20.5 MB

Windows 10 (1703 / Creators Update)

再起動あり。今のところ問題なし。
1台目(HDD) 更新から再起動まで15分。
2~3台目(SSD)も8~10分で更新終了。

  • KB4034674 概要/ダウンロード
    2017-08 Windows 10 Version 1703 の累積更新プログラム
    累積 862.2 MB/差分538.8 MB
  • KB890830 概要/ダウンロード
    悪意のあるソフトウェアの削除ツール - 2017 年 8 月
    5.9 MB
    要再起動
  • KB4034662 概要/ダウンロード
    2017-08 x64 ベース システム用 Windows 10 Version 1703 セキュリティ更新プログラム (Adobe Flash Player 対応)
    20.7 MB

Windows 10 (1607 / Anniversary Update)

更新にかかる時間は未チェック。問題発生の有無も未チェック。
※手元のPCは、すでにバージョン1703への自動更新がはじまっており、Windows Updateをかけるとメジャーアップデートも始まってしまうため。

手元のPCおよびご近所さんのPC、すべてWindows 10 Creators Updateにアップデート完了したため、当サイトの Anniversary Update のチェックは今月で終了。

  • KB4034658概要/ダウンロード
    2017-08 Windows 10 Version 1607 の累積更新プログラム
    累積 1150.8 MB/差分386.1 MB
  • KB4035631 概要/ダウンロード
    2017-08 Windows 10 Version 1607 更新プログラム
    11.4 MB
  • KB890830 概要/ダウンロード
    悪意のあるソフトウェアの削除ツール - 2017 年 8 月
    5.9 MB
    要再起動
  • KB4034662 概要/ダウンロード
    2017-08 x64 ベース システム用 Windows 10 Version 1607 セキュリティ更新プログラム (Adobe Flash Player 対応)
    20.7 MB

Windows Update Clientのバージョンチェック(7/8.1)

Windows7

  • 先月と変わらず。
    Wuapi.dll のバージョンは 7.6.7601.23806。
    更新日時は2017年5月11日。

Windows8.1

  • 先月と変わらず。
    Wuapi.dll のバージョンは 7.9.9600.18696
    更新日時: 2017年5月13日

「更新の確認」にかかる時間チェック (7/8.1)

手元のPCでは、Windows 7 / 8.1 ともに「更新の確認」にかかる問題は発生せず。

OSクリーンインストール直後の状態からWindows Updateしてみた結果

Windows 7 ・・・・ 9分で「更新の確認」終了。
Windows 8.1・・・・ 3分で「更新の確認」終了。

クリーンインストール直後の状態から「最新ロールアップのみ」を当ててみる (7/8.1)

これやると何やら問題が発生しそうな予感。

Windows 7

  • KB3177467+KB4034664
    Windows Update Clientの最新バージョンが含まれていた。
    Wuapi.dll のバージョンは 7.6.7601.23806。

Windows 8.1

  • KB3173424+KB4034681
    更新後 起動出来なくなった。スタートアップ修復でも起動しない状態。

ちなみに、7月2週目の検証では、Windows 7が 更新後 2~3回目の再起動で起動出来なくなっていた。こちらもスタートアップ修復でも起動しない状態だった。
先月はロールアップ適用が原因とは考えていなかったが、似たような症状が続いたので何だか怪しい。そろそろこういう検証はやらなくても良い、というかやらない方が良いかもしれない。


2017年8月2週目分の更新ここまで。以下、1週目の記録。

2017年8月1週目

気になった点をざっくり書くと以下

  • Windows 7/8.1
    • 更新なし
  • Windows 10 v1703 (Creators Update)
    • KB4032188 が来た。
  • Windows 10 v1607 (Anniversary Update)
    • 更新なし
    • 手元のPCにもとうとう Creators Update が (Windows Update経由で) 降って来た。自動更新がはじまった。
    • 先月 失敗しまくったKB4025339 がもう一度来た。

以下、各OSのメモ詳細

Windows 7、8.1、

更新なし。

Windows 10 (1703 / Creators Update)

  • KB4032188 概要/ダウンロード
    2017-07 Windows 10 Version 1703 の累積更新プログラム
    848.2 MB (差分ファイルなし?)

気になった事などのメモ

  • ダウンロード、更新、再起動含めて15~20分ほどで終了。
    (2台目はダウンロード・再起動を含めても5分ほどで終了)
  • 更新が開始される際 (ダウンロード0%~2%時) の CPU負荷やHDDのスキャンはいつもより激しいと感じた。
    • 場合によっては2~5分ほどダウンロードが止まっているように見えるかもしれない。
  • 更新終了後、信頼性モニターを見ると「svchost.exe_AppReadiness」で障害が発生し、作動が停止している。ネット上で情報を集めてみると、同じ症状の人が何人もいる感じ。

Windows 10 (1607 / Anniversary Update)

  1. 更新なし。
  2. ただし先月 KB4025339 が失敗しまくった機体に、本日もう一度KB4025339 が降って来た。
  3. とうとうバージョン1703が降って来た。

KB4025339について

  • KB4025339 は7月12日に配信されたファイル。
    手元のPCは(苦労したが)その時にインストール成功している。
  • 7月28日、30日、8月1日と手動で更新の確認を行っているが、その時はKB4025339は降って来なかった。
  • ダウンロード40分、インストール60分。(SSDへの書き込み・読み込み、共に数百KB/秒・・・・という状態が延々と続いた)
  • Anniversary Updateは、最後の最後まで更新に時間がかかる・更新が失敗する等々、問題がありまくりだった。
    • スクリーンショット
      警告画面のサンプルその1
      ▲クリックで拡大
      7月12日、8月2日と2つの成功の記録がある。
    • ※再起動するとCreators Updateへアップデートが自動的に始まったが、こちらは更新に失敗して巻き戻されてしまった。

Creators Updateへアップデート

  • ダウンロードが終了した後の画面
    警告画面のサンプルその1
    ▲クリックで拡大
    「時間選択」や「再通知」のオプションはあるものの、ここまで来たら逃れられない感じ。
  • 人づてには聞いていたものの、Anniversary Update → Creators Update の自動アップグレードを自分の目で見るのはこれが初めて。
  • KB4025339の更新と大型アップグレードを同時に行ってみたら失敗した。
  • Creators Updateへアップデート失敗時のエラーは0x80240031
    エラー0x80240031
    ▲クリックで拡大
    こちらは原因や対処方法をしっかり調べたいので、後日別ページを作成し紹介する事にする。※作成しました。→ Windows アップグレード失敗時のエラー 0x80240031の対処方法

    このページの情報は、現時点では以上です。

    関連: 過去の記録

    過去の「月例別」Windows Update 不具合対処方法まとめページ