Windows10では、コントロールパネル内に「Windows Update」のアイコンがありません。Windows Updateへのアクセス方法が変更になっています。

このページでは、Windows 10で「Windows Update」画面を出す手順を紹介しています。

Windows Updateへのアクセス手順

スタートメニューから「設定」を選択します
Windows Updateへのアクセス手順
▲クリックで拡大

設定画面を開いたら、「更新とセキュリティ」を選択します
Windows Updateへのアクセス手順
▲クリックで拡大
(余談: TP/IP時代は、このボタンは「保守と管理」という名称になっていました)

Windows Updateは、ここに存在しています。
Windows Updateへのアクセス手順
▲クリックで拡大
よく見ると、「Windows Defender」「バックアップ」や「回復」オプションも「Windows Update」と同じ項目に存在しています。

手順の紹介は以上です。

Windows Updateをコントロールパネルに復活させる方法

あとがき

Windows10では、Windows Updateへのアクセス方の他にも、様々なメニューの使い勝手が かなり変わってしまいますが、PC・タブレット・スマホで、同じ操作をしようと思った場合は、このUIが良いのかも知れません。

「Windows Update」に加え「バックアップ」「復元」などの操作も、「更新とセキュリティ」というカテゴライズでひとまとめに扱うようになっています。

うん、とりあえずこの変更は前向きに受け取っておこう。

サイト内 関連ページ
(Windows10無料のアップグレード/インストール関連)