このページについて

Windows 10 が RS1 から RS2 へメジャーアップデートする直前・直後の状態や挙動を観察していたら、ちょっと想定外の挙動をしてしていたためメモを残すことにしました。

 プライバシーポリシー / 免責事項

※問題を解決できていない個人的なメモページです。

私のメインPC および VMware 上の検証用PC (いずれも2017年4月に Windows 10 Creators Update (RS2/1703) へ大型アップデートを行ったもの) で発生している問題をメモしたページです。新規作成した仮想PCでも同じ問題が発症したので、記事としてまとめてみました。

発生している問題

「システム修復ディスク」や「インストールメディア」でPCを起動し、コマンドプロンプトから「bootrec /scanos」や「bootrec /Rebuildbcd」を実行すると、「Windows の インストールとして認識された合計数: 0」と返って来る。

Windows 10 RS1 からアップデートした Windows 10 RS2 マシンで発生する。

「bootrec /scanos」実行時の写真

「bootrec /rebuildbcd」の結果が「合計数: 0」
▲クリックで拡大
「Windows の インストールとして認識された合計数: 0」

上記PCのメモ

  • このPCは、RS1時代には「bootrec /scanos」で「Windows の インストールとして認識された合計数: 1」が返ってくることを確認しています。
  • 7 → TH1 → TH2 → RS1 と、いずれのアップデートでも問題は発生しなかった・・・・と記憶しています。
  • RS2へアップデートしたのは2017年4月。その後4ヶ月 とりあえずはノートラブルで運用中です。
  • 上記の状態からBCD領域の修正や再作成を行ってみましたが、問題解決しません。私のPCはドコかに重大なトラブルが発生しているのかな?それともマザーが古いと発生する、もしくはRS2はこういう仕様なのかな?よく分からない状態です・・・・。

「del bcd」→「bootrec /Rebuildbcd」しても修正できない

※以下はVMware上で撮ったものです。
「bootrec /rebuildbcd」の結果が「合計数: 0」
▲クリックで拡大
最初は私のメインPCだけの問題かと思いましたが、VMware上にUEFIでインストールしてあった Windows 10 Creators Update でも、全く同じ症状を確認しました。

上図を実行した時の手順

  1. UEFI画面を起動、セキュアブート無効にする
  2. インストールメディアから起動
    コマンドプロンプト起動
  3. diskpartで隠しドライブ(ブート領域)を探し、ドライブレターを付ける
    > diskpart
    diskpart> list volume
    ※FAT32のパーティション(通常は100MB)が目的のボリューム
    ※「info: システム」となっているはず。

    diskpart> select volume X (ドライブ番号)
    diskpart> assign letter=b: (ドライブレター例)
    diskpart> exit
    > b:
  4. コマンドプロンプト上の操作
    b:> cd /d b:\EFI\Microsoft\Boot
    b:> del BCD
    b:> bootrec /Rebuildbcd
    b:> bootrec /fixboot
    b:> bcdboot c:\Windows /l ja-JP
    b:> exit
  5. 重要: この後スタートアップ修復を2回行う

※この手順の解説ページは以下
 UEFI/GPTインストールしたWindowsの「ブート領域」の復旧方法

上図の補足解説

どちらのPCも同じ結果でした。「Windows の インストールとして認識された合計数: 0」の状態が解消できない状態です。

スポンサー リンク

RS1 → RS2 のアップデート直前・直後の状態を観察してみる

ちょっと気になって来たので、VMware上に 新たにWindows10 RS1 を用意して、RS2 へアップデートされる直前・直後の状態を観察してみました。

RS1 の時
「設定」>「更新とセキュリティ」>「回復」
▲クリックで拡大
「Windows の インストールとして認識された合計数: 1」
この時点では Windows システムは正常に認識されているようです。

RS2メジャーアップデート直後
「設定」>「更新とセキュリティ」>「回復」
▲クリックで拡大
なぜか「C:\Windows.old\WINDOS」がシステムとして認識されています。

「なんかヤベー状態になっているのかな?」と思ったけれど、見たところWindowsは正常作動しています。というか、ここで別の興味が湧いてしまい「Windows.old」を削除してみることにしました。

という事で、ディスククリーンアップを起動し・・・・
「以前の Windows のインストール」を削除
▲クリックで拡大
「以前の Windows のインストール」や「一時 Windows インストールファイル」を削除してみます。

しかしディスククリーンアップが終わらない・・・・
ディスククリーンアップが終わらない
1時間ほど待っても、ディスククリーンアップが終わりません。そういえば2017年4月当時、ディスククリーンアップが終わらない・・・・という報告は、ネット上でも多数上がっていました。
ディスクアクセスもほぼ無い状態で、プログレスバーも全く動かない状態です。
70~80分経過した時点で、仕方がないのでキャンセルボタンを押しました。

ディスククリーンアップキャンセル後
ディスククリーンアップ実行後
▲クリックで拡大
キャンセル直後は「以前の Windows のインストール」に884kbほどゴミが残っていましたが、PCを再起動した後は完全に消えました。

ディスククリーンアップ後の「bootrec /rebuildbcd」
bootrec /rebuildbcd、2回目
▲クリックで拡大
「Windows の インストールとして認識された合計数: 0」となってしまいました。
最初に紹介した事例と同じく、「bootrec /Rebuildbcd」や「bootrec /fixboot」、「スタートアップ修復」などを行っても、「合計数: 0」のまま変化がない状態になりました。

ここで気が付いた - その1

  • そういえば、「認識された合計数: 0」となった RS2マシンも、2台ともメジャーアップデート直後の「ディスククリーンアップ」が終わらない現象が発生していました。
  • よくよく思い返してみると、今回と同様に途中でキャンセルしています。。。(当時は全く気にしていなかったけど、これがマズかったのかな?)

ここで気が付いた-その2

その他に気が付いた事

  • システムイメージの作成 (エラー:0x80780119) 「バックアップに失敗しました」の対処方法 - その2
    • リンク先の該当部分(要約)
      メーカー製 PCのWindows 10/8 はリカバリイメージがカスタマイズしてある (ドライバや専用ソフトの追加など) 。このような場合では、WinRE パーティションの一時無効化や手動再作成しなければ、システムのイメージのバックアップ機能が正常作動しないケースがある。
    • この症状と似たケースはあるか?
      私はOS標準のイメージバックアップを全く利用しなくなったので、現PCで上記症状が発症するかどうかは未確認。

その他にも、手元のPCで全く発現しないのだけど「メジャーアップデートで回復領域が1つ増えてしまう」とか、「Windowsがインストールされているドライブがロックされています。」とメッセージが出てPCが復旧できなくなる・・・・という問題が発生するPCがある様なのだけど、今回の現象は、それらが発生する前触れ何だろうか?

いろいろ疑問が残るけど、今回はここまで。
自分のPCがチョット調子が悪くなっている、という事は忘れないようにしつつ、しばらくこのまま様子を見てみようと思います。

このページは以上です。

その他のメモ

改めて検証する際に無駄な事をしないため、一言だけメモ。
はじめは 昨年12月に行った UEFI Windowsのクローン検証 の際にブート領域におかしな事をしちゃったのでは?と疑っていたが、どうやらそのセンは薄い感じです。