このページについて

Windows で「システムイメージの作成」を実行すると「エラー: 0x80780119」が発生し、バックアップが失敗してしまう場合の対処方法の紹介、2ページ目です。

 プライバシーポリシー / 免責事項

前ページ の続き。Windowsマシンで「システムイメージの作成」を実行すると「エラー: 0x80780119」が発生し、バックアップが失敗してしまう場合の対処方法を紹介したページの後半です。

エラー: 0x80780119 発生時の画面
エラー: 0x80780119 発生時の画面
▲クリックで拡大

このページのざっくりしたまとめ

エラー: 0x80780119 を解消するには、

上記いずれかの手順が必要になります。

まえおき不要、手順のみ知りたい場合

各パーティションの機能、発生するトラブルについて
エラー 0x80780119の解決方法
※このページの前半は、前ページのダイジェストです。
 ダイジェスト不要、対処方法のみ読みたい場合は上リンクをご利用ください。

システムイメージのバックアップ対象を理解する

図にするとこんな感じ。
システムイメージのバックアップには、隠しドライブが含まれています。
エラー: 0x80780119 の原因
▲クリックで拡大
※注意: PCによっては、パーティションの順序は異なっている場合があります。
エラー: 0x80780119 の多くは、上図(1)(3)(4)のいずれかのパーティションで空き容量の不足が発生しています。

スポンサー リンク

空き容量のチェック

システムイメージを作成する際、直前のダイアログで「使用領域」が表示されます。
空き容量のチェック
▲クリックで拡大
このような構成になっている場合、エラー: 0x80780119が発生する恐れがあります。

補足注意1

  • OS標準の「ディスクの管理」では、隠しドライブの存在は確認できても空き容量を正確に確認できないケースがあります。
  • 隠しドライブの空き容量の確認は、Paragon Backup & RecoveryEaseUS Todo Backup Free などでも確認可能です。

補足注意2

  • 手元のPCの場合、このページ内の対処方法を何点か実行した後は、上図の空き容量 (約80MBの空き) でも「システムイメージの作成」は失敗しなくなりました。
  • 以下、「ボリュームが500MB超」かつ「空き容量が320MB以下」の場合でもイメージの作成が成功する場合もあるかと思います。

各パーティションの機能、発生するトラブルについて

先ほどの画像
エラー: 0x80780119 の原因
▲クリックで拡大
※注意: PCによっては、パーティションの順序は異なっている場合があります。

(1)EFIシステム領域

  • 通常100MB、FAT32システム領域。Windowsブートローダー。
  • PCが起動する際、UEFIマザーはまずこの領域を読み込み、OSの有無を判断する。
    空き容量は70~50MBあるのが普通の状態。
  • 何らかの拍子に、この領域の使用量が増えたり減ったりして、エラー: 0x80780119が発生するケースがある。しかし何の操作が原因で空き容量の増減があるのか、私はよく分からない。

(2)MSR領域

  • 通常128MB、UEFIインストールした場合のみ作成される。
    システム用ドライブにのみ作成される。データ用ドライブには作成されない。
  • Windows標準のディスクユーティリティでは、このパーティションの存在は確認できない。
  • この領域で空き容量の不足が発生し、エラー 0x80780119が発生する・・・・というケースはないと思っている。(けど実際の所はよく分からない。)

(3)Windows回復環境 (WinRE領域)

(4)リカバリ領域

  • 通常14~20GBのシステム領域。
    メーカー製PCにはほぼ付属している「工場出荷時の状態」に戻すためのデータが入った領域。BTOでは用意されていない場合が多い。自作PCの場合、自分で作成していなければ存在しない。
  • 空き容量がギリギリに設定されている場合が多く、「システムイメージの作成」時に邪魔になる場合がある。
  • OSのアップグレードやメジャーアップデートを行うと、この領域は正しく作動しなくなるケースがある。

このページのまえおきここまで。
以下、これら領域別の「エラー: 0x80780119」の解決方法の紹介です。

注意事項

このページの内容は、一部を除き非常に面倒臭い手順ばかりです。初心者には無理です。無理をせず、できる所だけを実行しましょう。また、エラー: 0x80780119のすべての原因に対処出来ているかどうかも不明です。複雑なコマンド操作や、パーティション操作があります。それらの実行は自己責任です。

エラー: 0x80780119の解決方法

(1)EFIシステム領域が不足している場合

(3)Windows回復環境 (WinRE領域) が不足している場合

(4)リカバリ領域が不足している場合

  • リカバリディスクを作成した後、リカバリ領域を削除する。
    ※リカバリディスクの作成方法やリカバリ領域の削除方法は、メーカーのFAQサイトなどに掲載されているはず。
  • もしくはOS標準の機能でシステムイメージの作成することは諦め、サードパーティ製のバックアップツールを使う。
    • ※無料でバックアップできるツールには、Paragon Backup & RecoveryEaseUS Todo Backup Free などがあります。
    • Windows 10 バージョン1709 (Fall Creators Update) 以降は、システムイメージバックアップ機能の利用は非推奨となる予定です。これを機にサードパーティー製のバックアップツールを利用する方が良いかと思われます。
  • 上記「(3)Windows回復環境 (WinRE領域) が不足している場合」と同様の手順(reagentc /disable)で解消できるケースもある。

その他1: メーカー製PCの専用バックアップツールが動かない場合

  • OSアップグレード時にWindows回復環境が新たにもう一つ作成された場合、メーカー製のバックアップツールが動かないケースがある。
  • この場合、上記「(3)Windows回復環境 (WinRE領域) が不足している場合」と同様の手順(reagentc /disable)で解消できるはず。

その他2: Volume Shadow Copyが停止している

  • サービス「Volume Shadow Copy」が停止している、もしくは「手動」では起動しない場合がある。「サービス」を確認し、「自動」や「自動(遅延)」に変更してみる。
    • サービスの画面
      サービスの画面「Volume Shadow Copy」
      ▲クリックで拡大
    • タスクマネージャーで状態確認
      タスクマネージャー「Volume Shadow Copy」
      ▲クリックで拡大

このページで紹介する手順は以上です。

あとがき

上の方でも書いたのだけど、私のメインPCは Windows RE の領域が504MBで、空き容量80MB (空き容量350MB必要なはず)でもエラー0x80780119が発生しなくなりました。

また、最近はWindows10をクリーンインストールする際、Windows RE の領域は500MBで作成されるようなので、最近は空き容量の仕様が少し変更されている (ただしエラーメッセージは修正されていない状態) なのかもしれません。

サイト内関連

Windowsの「システムイメージの作成」が失敗する場合の対処方法(エラー0x8078012D、0x8007045D)

他サイト参考リンク&個人的メモ