このページについて

Paragon Backup & Recovery フリー版 を使った Windows のクローン(厳密にはバックアップからの復元) 方法を紹介したページです。上手くクローンできればブート領域の再構築が不要になり、初心者向けです。

 プライバシーポリシー / 免責事項

Paragon Backup & Recovery フリー版 を使った Windows のクローン方法を紹介したページです。3回に分けて更新しています。
その1: 前準備 (このページ)
その2: バックアップの作成
その3: 実際のクローン手順
その4: ※おまけ

Paragon Backup & Recovery Free 14
Paragon Backup & Recovery起動画面
▲クリックで拡大

 

以下で紹介する方法は「上手くクローンできれば」ブート領域の再構築が不要になります。つまり EaseUS Todo Backup などメジャーなクローンツールと比較して「クローン後の複雑な手順」が不要なケースが多く、初心者でも比較的 成功しやすい方法です。
そして通常のバックアップ用途にも利用できるのでお勧めです。

「上手くクローン出来れば」について

免責事項

はじめに: この方法の短所

上でも書いていますが、Paragon Backup & Recovery は「バックアップツール」です。厳密にいうと、作業手順が「クローン」とは異なります。
Paragon Backup & Recovery は「バックアップツール」
▲クリックで拡大
このページで紹介する手順では、「バックアップ用」にもう一台、HDDまたはSSDが余計に必要になります。デメリットはこれくらいです。

スポンサー リンク

この方法の長所

  • バックアップしたデータは、元のディスクの復旧、別ディスクへのクローン、どちらにも利用可能。
    ※ 同一PCでしか起動しません。
  • 定期的にバックアップを取っている場合、PCの調子が良かった頃のバックアップを利用したクローンも可能。
  • 上手くクローンすれば「ブート領域の再構成」をしなくて済む。
    ※念のため確認作業はした方が良い

重要: クローンを行う前の準備

このページの本題部分です。
EaseUS Todo Backup の「クローン前の準備 ページ」でも解説していますが、以下に注意です。

  1. Windowsのインストールメディアを用意する。
    ※利用している Windows のバージョンに合った ものが必要。
    システム修復ディスクでもOKだけど、インストールメディア推奨
  2. WinPE版の Paragon Backup & Recoveryを用意しておく
  3. メーカー製PCの場合、リカバリメディアを作成しておく。
    ※リカバリ領域が正しくクローンできず、利用不能になるケースがあります。
  4. Windows にログオンする際のパスワードをしっかり確認しておく
    • ブート領域の修復で必要になる場合があります
      EaseUS Todo Backup Free 上のコマンドプロンプト
      ▲クリックで拡大
  5. クローン元のWindows が、UEFIかレガシーBIOSか 確認する
    • msinfo32
      Windows10がUEFIでインストールされているか確認
      ▲クリックで拡大
      ※このページでは、UEFI (GPT) Windowsの手順を紹介しています
  6. 高速スタートアップを無効にする
  7. BitLockerは恐らく無効にした方が良い
    (使った事がないので判断できない)
  8. セキュアブートを無効にする、Fast Boot を無効にする
    ※指紋認証、虹彩認証などがある場合、そちらも無効にします。
    UEFI-BIOSに TPM というセキュリティ技術が入っている場合、クローン出来ない場合があります。こちらも無効にします。
  9. マザーボード上のブートドライブの優先順位を変更する
  10. クローンに使うHDD/SSDのチェック
    • AFTか?非AFTか?
      OSはそのHDD/SSDに対応しているか?
      HDDの512E、4Kセクター、AFT、非AFT、4Kネイティブ(4Kn)の違い
    • 例えば「非AFTディスク」から「AFTディスク」へのクローンを行うと、(IRSTやRST の有無や利用するバージョンなどによっては) Windowsが正常に作動しなくなる場合があります。
      SSDを交換したらWindows Updateが動かなくなった場合の修復 - Kerosoft : Modus Operandi
    • HDD/SSDは新品か?使い古しか?
      使い古しの場合、ディスクをクリーンな状態にしておく事が必要。
      • インストールDVDでPCを起動
      • コマンドプロンプト起動
        DISKPART
        list disk
        select disk X
        clean
    • 非AFT → AFT ディスクへクローンする場合
      Paragon Backup & Recoveryのアライメント調整メニュー
      Windows PEのリカバリーメディア-アライメント確認
      ▲クリックで拡大
      WinPE版にもこの機能があります。
      バックアップを別ディスクへクローンする際は正常に設定されているかチェックします。
  11. 余計なストレージは外す
    ※ バックアップ時は余計なストレージが付いていても大丈夫。
    ※バックアップを別ディスクへ移す際は、取り外すのが望ましい。

クローン前の事前準備や注意事項は以上です。
同じ内容でさらに詳しい解説が必要な場合は、EaseUS Todo Backup の「クローン前の準備 ページ」を読んでください。

長くなってきたので続きは別ページ(その2、その3)に記載しています。

サイト内関連記事

Paragon Backup & Recovery を使った Windowsクローン方法

その他: 関連性の高いページ