このページについて

Paragon Backup & Recovery フリー版 を使った Windows のクローン(厳密にはバックアップからの復元) 方法を紹介したページです。システムドライブを3つのタイプに分類しバックアップ時の手順や注意事項を紹介しています。

 プライバシーポリシー / 免責事項

Paragon Backup & Recovery フリー版 を使った Windows のクローン方法を紹介した更新の2回目です。このページでは、バックアップ作成時の手順と注意事項を扱っています。
※厳密にはバックアップから別ディスクへの復元方法を紹介したページです。

サイト内関連
その1: 前準備
その2: バックアップの作成 (このページ)
その3: 実際のクローン手順
その4: ※おまけ

Paragon Backup & Recovery Free 14の入手と基本的な使い方

対象PC

UEFI (GPT) Windows 用の情報です。
OS: Windows 10 / 8.1 / 7
1ページ目「その1:前準備」のチェックを全て終わらせたPC。

はじめに

Paragon Backup & Recovery は「バックアップツール」なので、厳密にいうと「クローン」という作業とはちょっと手順が違います。
Paragon Backup & Recovery は「バックアップツール」
▲クリックで拡大
「バックアップ用」にもう一台、HDDまたはSSDが余計に必要になります。

免責事項

  • このページで紹介する手順は、全て自己責任で行ってください。
  • 手順を間違えると、最悪の場合 Windows システムが起動しなくなる、PCが物理的に故障するなどの重大な問題が発生します。
  • Windows10の場合、(手元のPCでは一度も問題は起きませんでしたが) ライセンスが外れてしまう恐れもあります。
  • また、メーカー製PCの場合、コピーした後のストレージは正常に作動しない危険性もあります。
  • これらの注意事項を十分に理解したうえで実行してください。
スポンサー リンク

バックアップの作成

この操作はWindows上で行っても大丈夫です。
バックアップする際、データ用ドライブなどを取り外さなくてもOKです。

Paragon Backup & Recoveryを起動します。
Paragon Backup & Recoveryを起動
▲クリックで拡大
「Backup to VD」を選択します。

バックアップウィザードが起動します。
バックアップウィザードが起動
▲クリックで拡大
「Next」をクリックします。

バックアップ「元」のディスクまたはパーティションを指定します。
バックアップ元のディスクまたはパーティションを指定
▲クリックで拡大
クリックするとバックアップ対象が「黄色い枠」で囲まれます。

ここで、バックアップを別のHDD/SSDへクローンしたい場合、この時点でちょっと注意をしておきます。
GPT Windowsには、以下の3種類があると覚えておきましょう。

3種類の GPT Windows について

このリンク先をざっくり解説すると、以下のようになります。

  • タイプA
    手前のシステムパーティションも同時に選択されるタイ
    ▲クリックで拡大
    内側の「黄色枠」がCドライブだけでなく、手前のシステムパーティションも同時に選択されるタイプ。
  • タイプB
    システムパーティションが同時に選択されないタイプ
    ▲クリックで拡大
    Cドライブを選択した時、システムパーティションが同時に選択されないタイプ
  • タイプC
    システムパーティションが同時に選択されないタイプ
    ▲クリックで拡大
    「タイプB」と見た目は同じだけど、元々「タイプA」だったもの。
     ※(恐らく)以下のような操作でタイプが変わる。
    • 「タイプA」を一度クローンした場合
    • 「タイプA」で過去にブート領域が破損し、修復を行った事がある。
    • 「タイプA」で後からデータ用ストレージを追加、またはドライブ構成を変更したことがある
  • 「タイプA」と「タイプC」の見分け方
    有効な見分け方はない感じです。
    • クローンしてそのまま正常起動すればタイプA
    • クローンした後、ブート領域の再構成が必要なものはタイプC

タイプ別バックアップ方法

タイプA、タイプCの場合

起動ディスク全体を選択してバックアップ
▲クリックで拡大
起動ディスク全体を選択してバックアップします。
別ディスクにクローンする際も、一括して復元作業を行います。

タイプBの場合

手前のシステムパーティションも同時に選択されるタイ
▲クリックで拡大
起動ドライブ全体を選択してバックアップします。
別ディスクにクローンする際も、一つずつ別々に復元作業を行います。

具体的手順

以下は、「タイプB」を使った手順です。
パーティションは1つずつ選択
▲クリックで拡大
パーティションは1つずつ選択します。

  • 補足:
    「タイプA」「タイプC」の場合
    起動ディスク全体を選択してバックアップ
    ▲クリックで拡大
    ボリュー全体を選択すればOKです。

バックアップ先を指定します
バックアップ先を指定
▲クリックで拡大
Windows システムとは別のストレージに保存します。
USB接続の外付けHDDなどに保存してもOKです。
後で順番通りに複製する必要があるため、分かりやすい名前のフォルダに保存します。
「NEXT」を押します。

バックアップ「設定」の完了
バックアップ設定の完了
▲クリックで拡大
「Finish」を押すと、バックアップの「設定」が完了です。
※あくまでも「設定」が終わっただけです。バックアップはまだ実行されません。

重要:バックアップを「実行」する
バックアップを「実行」する
▲クリックで拡大
メイン画面上の 実行ボタンを押すことで、初めてバックアップが実行されます。

「Apply」ボタンを押した後
設定した変更を適用しますか?
設定した変更を適用しますか?と聞いてきます。
「Yes」を押します。

特殊なパーティションの場合
特殊なパーティションの場合
GPTディスクの「MSR領域」など、特殊なパーティションの場合はRaw形式でバックアップが行われます。
この画面が出たら「Yes」を選択します。

バックアップが正常に終了すると、以下の画面が出ます。
バックアップが正常に終了
▲クリックで拡大
「Close」を押してバックアップは終了です。

 

残りのパーティションについても、同じようにバックアップを繰り返します
手前のシステムパーティションも同時に選択されるタイ
▲クリックで拡大

今回は以下のような感じでバックアップを取ってみました。
バックアップのフォルダ分け
▲クリックで拡大

バックアップの手順はここまでです。
次回更新では、このバックアップを使い、別ドライブにGPT Windows をクローンしてみます。

長くなってきたので続きは別ページで。

サイト内関連記事

Paragon Backup & Recovery を使った Windowsクローン方法