このページについて

Paragon Backup & Recovery で作成した「Windowsシステムのバックアップデータ」を、別ディスクにクローン (厳密にはバックアップからの復元) する手順を紹介しています。

 プライバシーポリシー / 免責事項

Paragon Backup & Recovery フリー版を使った「Windowsシステムのクローン方法」の紹介、3回目の更新です。

サイト内関連
その1: 前準備
その2: バックアップの作成
その3: 実際のクローン手順 (このページ)
その4: ※おまけ
※注意: 紹介している手順はGPT Windows専用になっています。

このページでは、Paragon で作成した「Windowsシステムのバックアップデータ」を、別ディスクに換装する手順を紹介しています。

免責事項

  • このページで紹介する手順は、全て自己責任で行ってください。
  • 手順を間違えると、最悪の場合 Windows システムが起動しなくなる、PCが物理的に故障するなどの重大な問題が発生します。
  • Windows10の場合、(手元のPCでは一度も問題は起きませんでしたが) ライセンスが外れてしまう恐れもあります。
  • また、メーカー製PCの場合、コピーした後のストレージは正常に作動しない危険性もあります。
  • これらの注意事項を十分に理解したうえで実行してください

はじめに

すでにサイト内「その1」「その2」の手順は終わっていること。

また、
UEFI (GPT) 形式の Windowsには以下の3種類が存在するらしい
上リンクを理解してバックアップを取っておく事。
PC構成や Windows の利用方法により、クローンする時の手順に若干の違いが発生します。

クローン作成時のPC構成について

バックアップ 用HDDについて クローン先 のWindows システムディスクの取り付けについて

クローン元・クローン先、両方がSATA接続された状態でPCが起動しないよう注意する。両方が存在しない状態でPCが起動する場合も注意する。

WinPE版 Paragon Backup & Recoveryを起動する

バックアップデータを別のディスクに移す作業はWindows上では操作できません。まず、PC を「WinPE版」のParagon Backup & Recoveryで起動しする必要があります。

「WinPE版」Paragon Backup & Recovery起動中のロゴ画面
WinPE版 Paragon Backup & Recovery
▲クリックで拡大
現時点のバージョン(Paragon Backup & Recovery 14 Free)のWinPE版はUEFIでブート出来ますが、セキュアブートには未対応です。セキュアブートは無効にしておきましょう。

起動後は以下の画面になります。
Paragon Backup & Recoveryを起動
▲クリックで拡大
赤矢印部分の「backup & Recovery」を選びます。

スポンサー リンク

クローン先のディスクが「使用済み」の場合

まずはじめに、クローン先に使うディスクが、過去に一度でもフォーマットした事ある「使用済みHDD/SSD」の場合の手順です。
以前に使用していたデータや領域は、すべてパーティションごと削除します。

  • Paragon Backup & Recoveryに付属したパーティション削除機能を使って削除できます。
  • ※注意
    以下はGPTディスクの場合のみ有効です。
    MBRディスクとして利用していた場合は diskpart clean しておきましょう。
    GPTディスクの場合も、diskpart clean でボリューム削除してOKです。
  • ※注意2
    パーティション毎に復元する際、かつ元がMBRディスクの場合は「convert gpt」が必要です。

既存のパーティションの削除
Paragon Backup & Recoveryを起動
▲クリックで拡大
これからクローンに使うディスクに「既存のパーティション」が存在する場合、右クリックして「Delete Patition...」を選択します。

「本当に削除するのですか?」と確認画面が出ます
確認画面
▲クリックで拡大
削除するパーティションのボリュームラベルを入力するか、もしくは「Do not ask volume label next time」にチェックを入れ 「Yes」を選択します。
※注意: この時点ではまだパーティションは削除されません。

隠しドライブも含め、他のパーティションも全部削除します。
他のパーティションも全部削除
▲クリックで拡大
削除されたパーティションは「Unallocated」(未割り当て領域)となります。
※注意: この時点ではまだパーティションは削除されません。

パーティション削除の実行
Paragon Backup & Recoveryを起動
▲クリックで拡大
「Apply」ボタンを押すことで、はじめてパーティションの削除が実行されます。

パーティションの削除完了
パーティションの削除完了
▲クリックで拡大
パーティションの削除が正常に終了すると、上図のような画面になります。

「使用済みHDD/SSD」のパーティション削除の手順はここまでです。
以下、バックアップを新しい HDD/SSD に復元する手順です。

バックアップをクローン先ディスクに復元する手順

バックアップを新しい HDD/SSD に復元
▲クリックで拡大
まず「Restore from VD」を選択します。

復元用のウィザードが起動します。
復元用のウィザード
▲クリックで拡大
「Next」を選択します。

復元するファイルを指定します。
復元用のウィザード
▲クリックで拡大
復元で指定するファイルは「拡張子.pfi」のファイルです。
バックアップしたデータを元のドライブの順番通りに復元していきます。
「Next」を選択します。

ここからは、クローンするシステムドライブのタイプ別の解説になります。

タイプAの場合

(利用PCがタイプ A の場合(画像リンク)) パーティション丸ごと復元します。この場合、
「Restore disk or partition」を選択します
復元用のウィザード
▲クリックで拡大

タイプ B, C の場合
復元時の操作が異なる部分
▲クリックで拡大
バックアップした時の手順により、復元時の手順も変わります。
システムドライブを丸ごとバックアップしていた場合は「Drive」を、
パーティション毎にバックアップしていた場合は「Volume」を指定します。

復元先ドライブの指定

先の操作から引き続き、以下を行います。
復元先のドライブの指定
▲クリックで拡大
「復元先」は、「用意した新しいHDD/SSD」もしくは「ページ上部の手順で ボリュームを全削除した HDD/SSD」です。
正しく指定できていることを確認して「Next」を選択します。

復元後のドライブの状態が表示されます。
復元先のドライブの指定
▲クリックで拡大
問題がなければ「Next」を押します。
ドライブレターの指定は、特に行う必要はないかと思われます。
※ただしPC内部の複数のドライブを接続していた場合、ドライブレターの順番が入れ替わる場合もあるので注意しておく。

  • Cドライブを復元する場合
    Cドライブを復元する場合、ここで復元先の容量指定が可能です。
    Cドライブを復元する場合
    ▲クリックで拡大
    ディスク容量の許す限り、Cドライブを大きくすることが出来ます。
    逆に、ドライブのサイズを小さくすることも可能です。

復元用のウィザードはこれで終了です。
復元ウィザード終了
▲クリックで拡大
「Finish」を押します。
※「Finish」を押しても、まだ復元は実行されません。

復元の実行

復元を実行する際も「Apply」ボタンを押します。
復元の実行
▲クリックで拡大

  • 特殊な形式で記録されているバーティションの場合
    ドライブ/パーティションの復元が正常に終了
    ▲クリックで拡大
    MSR領域など、特殊な形式で記録されているバーティションを復元する際は、上図のようなダイアログが表示されます。
    このようなパーティションを復元する場合は「Yes」を押します。

ドライブ/パーティションの復元が正常に終了した場合、以下の画面になります。
ドライブ/パーティションの復元が正常に終了
▲クリックで拡大
「Close」を押し、元の画面に戻ります。

タイプAの場合の手順解説はここまでです。

タイプB、Cの場合

パーティションごとに分けてバックアップしていた場合、パーティションの数だけこの操作を繰り返します。

全てのパーティションの復元が終了した図
ドライブ/パーティションの復元が正常に終了
▲クリックで拡大
PCをシャットダウンしてOKです。

実際のクローン手順はここまでで終了です。

クローン後のPCの起動について

すでに新しいディスクをPCに内蔵してこの操作を行ていた場合、そのままPCを起動してOKです。
新しいディスクをUSB接続した状態で復元していた場合、このタイミングでPCから古いディスクを取り出し、新しいディスクと交換します。

Windowsが正常に起動するか確認する

Windowsが正常に起動したように見えても、正常にブート領域が認識されていない場合もあります。念のために以下の確認しておきます。

確認手順1: インストールDVDから以下を実行する

まずはクローンした Windows と同じバージョンのインストールDVD (またはシステム修復ディスク)からPCを起動し、コマンドプロンプトで以下を実行します。

入力するコマンド
bootrec /rebuildbcd

  • 異常例その1
    bootrec /rebuildbcd
    ▲クリックで拡大
    「要求されたシステム デバイス」が見つかりません
  • 異常例その2
    セキュアブートのキーをリセット
    ▲クリックで拡大
    「Windows のインストールとして認識された合計数: 0」

これらはBCDファイルの削除と再作成を行わなければ復旧できません。

入力するコマンド
bootrec /fixboot

  • 異常例
    bootrec /fixboot
    ▲クリックで拡大
    「このボリュームは認識可能なファイル システムではありません。」
    「必要なファイル システム ドライバーがすべて読み込まれているか、ボリュームが壊れていないか確認してください」

これも BCDファイルの削除と再作成を行わなければ復旧できません。

上記のような異常が出なかった場合、そのまま Windows を起動してもOKです。
異常が発生していた場合、以下の操作を行います。

BCDファイルの削除と再作成手順

「bootrec /rebuildbcd」で異常が出ていた場合の手順です。
手順のみ、ざっくりまとめ
※以下はセキュアブート無効の状態で行う必要があります。

  1. インストールメディアから起動
    コマンドプロンプト起動
  2. diskpartで隠しドライブ(ブート領域)を探し、ドライブレターを付ける
    > diskpart
    diskpart> list volume
    diskpart> select volume X (ドライブ番号)
    diskpart> assign letter=b: (ドライブレター例)
    diskpart> exit
    > b:
  3. コマンドプロンプト上の操作
    b:> cd /d b:\EFI\Microsoft\Boot
    b:> ren BCD BCD.bak (del bcd でもOK)・・・・ここがBCD削除手順
    b:> bootrec /Rebuildbcd
    b:> bootrec /fixboot
    b:> bcdboot c:\Windows /l ja-JP /s b: /f ALL
    ※bcdboot c:\Windows /l ja-JP だけでもいい
    b:> exit
  4. 重要: この後スタートアップ修復を2回行う

確認手順2: Windows 回復領域のチェック

「bootrec /fixboot」で異常が出ていた場合の手順です。
Windows上のコマンドプロンプト(管理者)で以下を入力します。

  •  reagentc /info
  • 結果が Disabledだった場合は以下
     reagentc /enable
     reagentc /info
  • 実際にコマンドを入力した画面
    Windows回復環境の修正
    ▲クリックで拡大
    Windows REの状態が「Enabled」になればOKです。
    しかし、まだ Windows RE は正常な状態ではありません。スタートアップ修復が必要です。
  • 異常があった (Disabledだった) 場合、この後スタートアップ修復を2回行う。

 

上記の手順でBCD領域を再構成しておけば、我流でクローンを行ったり、このページ内の裏技を使ってクローンを行った場合でも、とりあえず Windows は正常な状態になっているはずです。

Paragon Backup & Recovery フリー版を使った「Windowsシステムのクローン方法」の解説は、これで終了です。
※次の更新(その4)では、おまけとしてチョットだけ裏技っぽいものを紹介する予定です。

サイト内関連記事

Paragon Backup & Recovery を使った Windowsクローン方法