このページについて

ボイスレコーダー「DR-07MkII」の録音が途中で止まってしまう問題に悩まされ、解決に時間がかかってしまったので その原因や対処方法メモ。今のところ、SDカードが原因というのが有力です。

 プライバシーポリシー / 免責事項
更新履歴 [ 全て表示戻す ]
2017.08.02: 文末にその後の録音状況を追記

2017.05.18: 初出


表題通り、ボイスレコーダー「DR-07MkII」の録音が途中で止まってしまう問題に悩まされ、解決に時間がかかってしまったので その原因や対処方法メモ。

TASCAM DR-07MKII
DR-07MKII
▲クリックで拡大
生産終了。後継機 DR-07MK2-JJ あり。
ステレオコンデンサーマイク搭載。
耐音圧125dB SPL。大音量のライブ録音でも音が歪まないスグレものです。

原因および解決策

先に結論から書くと 身も蓋もない話になってしまうが、録音に使っていたmicroSDカードが原因だった。

解決策

上記のいずれかの方法で問題は解決した。

非常にシンプルかつ基本的な問題だったのだけど、問題が解決するまでに1年半かかってしまった。「問題が発生する条件」にはSDカード以外の所で共通項が多く、SDカード以外の問題だと思い込んでしまっていたのだ。

録音が途中で止まるケースの共通点

スポンサー リンク

問題発生中にチェックした事象

  • 電池は毎回新品を使っている。
  • DR-07MkIIは三脚に固定している。録音中は一切触っていない。
  • 他の会場で録音しても録音は止まらない。
    録音中にピークを越えた後、さらに何らかの要因が加わる事で発生する。
  • 録音開始前、どんだけピークレベルを上げておいても問題が発生する。
  • 爆音ライブでのみ発生するが、録音レベルがピークを越えた瞬間に必ず止まるわけではない。(一度ピークに達した後であれば)小さな音の時でも録音は止まる。
  • 録音設定「オートレベル」でも録音が止まる時もある。
    ただし「ピークリダクション」や「リミッター」ほど問題発生しない。
  • 録音できたデータには音のひずみやゆがみは発生してない。
  • データ的にエラーはない。SDカードのエラーチェックや書き込み速度チェックをしても問題はない。

こんな感じで事前に録音テストしても問題が起きないので、ぶっつけ本番で録音してその度に「疑わしいポイント」を一つずつ潰していくしかない状態だったのだ。

問題解決に1年半かかった理由

SDカードのエラーチェックで問題が無いため、原因がSDカードにあると思わなかった。なので、以下のチェックを怠っていた。

  • SDカードの「完全フォーマット」は今まで殆ど行わなかった。
    • DR-07MkII の「完全フォーマット」は死ぬほど時間がかかるのだ。
      撮影日の前日準備でSDカードの完全フォーマットしたくなかったのだ。あと、DR-07MkII には 新品SDカードを使っていなかった事も原因。
  • SDカードの記録速度が劣化していたかもしれない。
    • SDカードが新品なうちはデジカメの動画撮影に使い、10~20回フォーマットをした時点でDR-07MkII の録音用にまわしていた。
    • DR-07MkIIでは、フォーマットせずファイルを1つずつ消していくような使い方をしていた。たぶんファイル構造の断片化がとても酷い状態になっていた。
    • 先に挙げた「完全フォーマットに死ぬほど時間がかかる」問題で、ここ3年くらいは同じSDカードを使いまわしていたのが1番の敗因かもしれない。

その他の考えられる原因1

問題の会場は、DR-07MkII の設計を超えた音量が出せるのかもしれない。もしくはピークの設定を追い込みすぎかもしれない。
あと2~3回 録音してその全部で録音停止が起きるのなら、この会場+この機材の利用は諦めよう。

その他の考えられる原因2

似たような症状がネット上で拾えないか探してみた

という事で、今回SDカードを変えて録音成功したのはひょっとすると偶然かもしれない。

  • 録音に失敗した時、成功した時、いずれも電池は新品。
    電池メーカー、購入日、購入場所も同じ。
    (家電量販店で8本セットで安売りしているヤツ。メーカーは忘れた)
    • 電池のセンはとりあえず消そう。
  • 爆音の振動 や 床の振動で、電池もしくはSDカードの接触が一時的に悪くなって録音停止した可能性も残っている。
    • 私が録画・録音しているステージでは、この会場のスピーカーが一番お腹にズンズンくる。
    • 問題の会場は (体感できないレベルだけど) 床がすごく揺れる。
    • ライブ会場は、鉄筋の建物だけど 3階にある。
      演者が軽く飛び跳ねるくらいの動きをしても、三脚撮影しているビデオカメラの映像がブレるくらい床が揺れる。
      (35mm換算で70mm以上の望遠域では素人でも気になるレベルのブレが起きる)
      (野球やサッカーのTV中継でも観客が一斉にジャンプすると起きるブレ。演者一人のジャンプでも発生する)
      (スピーカーの爆音ではカメラのブレは発生しない)

    ここまで書いて気が付いた。
    次の録音テストの時、テスト中に機材を何度か叩いてみよう。それで録音が止まらなければ問題はSDカードのみにある。機材の振動で録音が止まった場合は何かしらの防振対策を取るか、機材の変更が必要、という事になる。

    TASCAM リニアPCMレコーダー DR-07MK2-JJ
    TASCAM (2016-01-21)
    売り上げランキング: 702

    2017.08.02追記

    全く問題おきなくなった。
    問題が発生していたのは、やはり「SDカードのみ」と考えても良さそう。

    最近2か月間の録音状況

    • SDカード交換後は爆音ステージの録音すべて成功している。
    • 床が揺れても関係なし。「箱馬の上に (タオル1枚挟んで) DR-07MkIIを設置する」などという音の振動をモロに受けそうな録音環境でも、最後まで録音できた。
    • 100均や異様に安売りしている電池の利用はやめている

    安物電池の「一時的な電圧降下」のセンも消えなくはないが、SDカードの劣化が録音の成否に大きく影響を与えていると実感できた。