このページについて

PhotoShopでTシャツなどの印刷(シルクスクリーン)用の網掛け方法。網掛け の lpm (line per inch) が重要になるため、網掛けは「ハーフトーンスクリーン」ではなく「モノクロ2諧調」を使う。

 プライバシーポリシー / 免責事項

PhotoShopでTシャツなどの印刷(シルクスクリーン)を行う場合の網掛け方法をメモしたページです。

網掛けは「モノクロ2諧調」で行う

PhotoShopの「モノクロ2諧調」
▲クリックで拡大
網掛け の lpm (line per inch) の選択が重要になるため、網掛けは「ハーフトーンスクリーン」ではなく「モノクロ2諧調」を使う。

「モノクロ2諧調」選択時のダイアログ

まずはじめに「出力時の解像度」を指定する。
「出力時の解像度」を指定
出力解像度は「500~600ppi」くらい
種類は「ハーフトーンスクリーン」を選ぶ
(どうせ潰れるのであまり関係ないけど)最低でも「500dpi」くらいを指定しておかないとドットがキレイな丸にならない。

ハーフトーンスクリーンの指定
ハーフトーンスクリーンの指定
ここで線数と角度、網点形状を指定する。
線数は lpi (line per inch)で指定する。

線数について
Tシャツに印刷する場合・・・・20 lpi
紙に印刷する場合(水性インク) ・・・・30~35 lpi
紙に印刷する場合(油性インク) ・・・・45 lpi

その他の項目
角度は好みで良いけれど、通常は45度で。
網点の形状も好みで良いけれど、小さな模様は全部潰れるので通常は「円」を選ぶ。

補足
細かい網目で作成したデザインを大量に刷ると、目詰まりで網掛け部分が潰れてしまう。
潰れると困るデザインの場合、ここから更に1~2割荒い網目にしておくのが無難。
業者に頼むのではなく自分でシルク印刷する場合も同様。1~2割荒い網目にしておくのが無難。

Amazonリンク

Tシャツくん Black [HTRC 2.1]
Tシャツくん Black [HTRC 2.1]
Tshirt.st(ティーシャツドットエスティー)
売り上げランキング: 4,581