今回は完全に自分のメモ用の更新です。

このページについて

このサイトでは、昨年9月頃から
 ・UEFI カテゴリー
 ・Windows 10 の画面が真っ暗になった場合のチェックポイント
 ・逆ゥ!ASUS と ASRock では F1 とF2 が逆ゥ!
上記のような更新を行っています。

以下このページは、これらメインの更新から漏れてしまった残りカス・・・・(でも自分の経験としてメモを残しておきたい)という感じの内容を残したページとなります。(つまり、過去に1度書いたことのある内容の自分用メモです)

大きくハマったポイント

  1. UEFIマザーのFast Bootを有効にしていると、ハードウェアのエラーでPOST通過に失敗すると、画面が真っ暗なまま何もできずに詰んじゃう。
  2. Fast Bootが有効だとPOST画面が出ない。そしてDELキーやF2キーも受け付けず、BIOS画面に入れない。
  3. 「2.」については知ってはいたけれど、POST でエラーが出た時に画面が真っ暗なままになるなんて、実際にエラーを体験するまで考えもしなかった。

以下、エラー発生時の経験を元に再検証を行った記録。

検証に使ったビデオカードたち

この1週間でWindows10マシンで交換したビデオカード
▲クリックで拡大
左から R9 280X(2台)、GTX570、GTX1070。

POST通過に失敗した時の「通常」の画面

P9X79 DeluxeのPOST画面
POST通過に失敗した時の通常の画面
▲クリックで拡大
POST通過に失敗した時の通常の画面
▲クリックで拡大

  • OS: Windows10、GPTインストール
    マザー: セキュアブート有効、CSM無効、Fast Boot無効
    ビデオカード: レガシーBIOSのみのビデオカード
  • エラーメッセージ・症状
    • ビデオカードはUEFIに対応していません、CSMの設定を変更して互換性を高めて下さい、のメッセージ。
    •  Fast Boot有効の状態で同じ状態のテストをすると、POST でエラーが出てもこの画面は出ない。画面真っ黒問題発生。
    • マザーの設定をセキュアブート有効、CSM有効、Fast Bootを有効などと間違った設定にして GTX1070を利用した場合も、画面が真っ黒になった。
  • その他個人的メモ
    • F1キーでBIOSセットアップ画面へ
      F2キーで変更せずそのままPC起動

 

RsRock Z87マザーの場合
RsRockマザーの場合
▲クリックで拡大
RsRockマザーの場合
▲クリックで拡大

  • OS: Windows10、MBRインストール
    マザー: セキュアブート有効、CSM無効 (間違った設定)
    ビデオカード: レガシーBIOSのみのビデオカード
  • エラーメッセージ・症状
    • ビデオカードはCSM無効 とUltra Fast Boot に対応していません、
      とのメッセージ。
    • マザーのUltra Fast Boot有効、かつビデオカードもUEFI対応な場合、POSTでエラーが出てもこの画面は真っ黒
  • その他個人的メモ
    • F1キーで設定変更せずそのままPC起動
      F2キーでBIOSセットアップ画面へ
    • 前回更新でも書いたけれど、ASUS と AsRock で キーが逆なのを気が付かずここでハマった( ̄▽ ̄;)

BIOSのCMOSクリアでもダメな場合もあった

以下は P9X79 DeluxeでCMOSクリアした直後に出るPOST画面
P9X79 DeluxeのPOST画面
▲クリックで拡大
ここでPOSTは一時停止し、F1キーの入力を待ってくれます。
しかし、P9X79 Deluxe (BIOS 4701) のデフォルト設定は
 Fast Boot 有効
 セキュアブート 有効
 CSM 有効 (ビデオカードはUEFI 優先)
という設定になっています。ここで、

  • R9 280X の場合は
    「CSM有効」を拾ってPOST画面を表示してくれます。
  • NVIDIA GTX1070の場合は
    「Fast Boot 有効」と「ビデオカードはUEFI 優先」を拾ってPOST 画面をスキップしました。。。orz

 

P9X79 Deluxe + NVIDIA GTX1070 という環境で、ハードにエラーが出てPOST通過できない場合、うかつにCMOSクリアすると画面が真っ黒なままPCがキー入力待ち状態になり、ドツボにハマります( ̄▽ ̄;)

  • この時の対処方法
    1. F1キーを押し一度POSTに入り、リセットボタンを押す。
      次の起動でWindowsが正常に起動するのを祈る。
    2. シャットダウンしてPOSTで「CSM有効」を拾ってくれる(またはレガシーBIOSで起動してくれる)ビデオカードと交換する。

教訓1: セキュアブート/CSM/Fast Bootの設定に気を付ける

マザーの セキュアブート/CSM/Fast Bootの設定を間違えると、ハードとOSの組み合わせによってはドツボにハマる。

教訓2: パーツ交換する時はマザーのFast Bootも切る

PC パーツを交換する時は「OS側の高速スタートアップを切る」というのはWindows8が登場した直後からの常識として「PC自作erなら誰でも知っている話」だと思うのですが、「マザーボード側のFast Bootも無効にする」ってのは自分がトラブルに遭遇するまで気が付きませんでした。