Windows 10 でシステム修復ディスクを作成する方法を紹介したページです。

システム修復ディスクでPCを起動した時の画面
システム修復ディスクでPCを起動した時の画面
▲クリックで拡大
システム修復ディスクとは、上図のように「システムの復元」「イメージでシステムを回復」「スタートアップ修復」「コマンドプロンプト」などが利用できるディスクです。

このページのざっくりまとめ

画像付きの手順解説が不要な場合、以下でOK。

ざっくりまとめおわり。
以下、実際の手順です。

スポンサー リンク

コントロールパネルを開く

Windows 10 の場合、コントロールパネルは以下の場所にあります。
スタートメニューからコントロールパネルを呼び出す
▲クリックで拡大
「W」>「Windows システムツール」内の、ちょっと下の方にコントロールパネルは登録されています。

補足解説

  • Windows 10 でコントロールパネルを開く方法は、他にも複数あります。
  • 様々な手順を紹介したページ
    Windows 10 のコントロールパネルを開く方法
    スタートメニューの深い階層まで辿るのが面倒な場合は、他の手段を探してみましょう。上リンク先では、スタートメニューやデスクトップに登録する方法も紹介しています。

「バックアップと復元(Windows 7)」を開く

コントロールパネルが開いたら、次に「バックアップと復元(Windows 7)」を開きます。
「バックアップと復元(Windows 7)」を開く
▲クリックで拡大
例えばコントロールパネルで「小さいアイコン」を選択していた場合、「バックアップと復元(Windows 7)」は上図の位置にあります。

「システム修復ディスクの作成」の場所

修復ディスク作成の作成の場所
▲クリックで拡大
「システム修復ディスクの作成」のメニューは、「バックアップと復元(Windows 7)」内の上図の位置にあります。

このメニューをクリックすると、システム修復ディスクの作成が開始されます。

「システム修復ディスクの作成」を実行する

「システム修復ディスクの作成」メニュー実行時の画面
ドライブが正しく選択されている事を確認し「ディスクの作成」をクリック
▲クリックで拡大

この画面で行う手順

  • 光学ドライブに空の DVD-R や CD-R をセットし
  • ドライブが正しく選択されている事を確認し
  • 「ディスクの作成」をクリックします。
  • ※補足
     直接 ISO ファイルを作成する事はできません。

ディスク作成中の画面
ディスク作成中の画面
▲クリックで拡大
しばらく待ちます。
PCや光学ドライブの性能によりますが、修復ディスク作成にかかる時間はおよそ5分ほどです。

システム修復ディスク作成完了時の画面

システム修復ディスク作成完了
この画面が表示されたら、システム修復ディスクの作成は完了です。
「閉じる」>「OK」を押して作成画面も終了させます。

システム修復ディスク作成の手順そのものは以上です。
ただしここで作業を終わらせず、以下のチェックまで必ず行っておきましょう。

作成後は必ず起動チェックを行う

少し長くなって来たので、ディスク作成後の注意事項は別ページを設けました。

システム修復ディスクを作成した後のチェック項目

リンク先の概要

  • 作成したディスクが正しく起動できるかどうか、必ず挙動チェックする
  • 稀にシステム修復ディスクが正常に作動しないPC環境がある。
  • 正常作動しない場合、PC環境を見直すか、別の修復手段を用意する必要がある。

このページは以上です。