Windows 高速化
このページの記事は新しい順に並んでいます 古い順で表示

2016/04公開
2016/11更新
Windows の Cドライブの不要ファイルを一気に削除、空き容量をドカンと増やす方法

Windows Updateで失敗が多発しる場合や、PCを購入してから数年の間、ロクなメンテナンスをしておらず、システムが無駄に肥大化していた場合などでは空き容量が20~40GBくらい一気に増えるはず。

2015/09公開
2015/09更新
Windows10を高速化&安定化! セキュリティソフトの監視対象から外すファイルリスト

セキュリティソフトの監視対象に入れなくても特に問題がなく、それでいてセキュリティソフトに大きな負担をかけているファイルやフォルダを監視対象から外す小技です。Windows10で大きな効果が出ます。

2015/01公開
2016/09更新
マウスがカクカクするくらい重くなったWindowsを 元の軽さにもどす方法

Windows Vista/7/8/8.1を高速に作動させるためのTipsの紹介です。CPUが常に20~100%になり、マウスがカクカクになってしまったPCは、TrustedInstaller.exeが常に作動している可能性があります。この場合、PCを半日以上放置すればPCは元の軽さをとり戻すはずです。

2015/01公開
2015/01更新
TEMPフォルダの中身は全部削除しても大丈夫?

TEMPファイルの削除方法を紹介したページです。同時に、「システムの一時ファイルは全部削除しても大丈夫なの?」という疑問に答えるページです。

2015/01公開
2016/12更新
Windowsのディスククリーンアップの使い方: 不要ファイルを一気に削除

Windows標準の「ディスククリーンアップ」機能を使い、不要ファイルを一気に削除する方法の紹介です。使い込んだPCの場合、数GBもの不要ファイルを削除する事が可能です。

2014/12公開
2015/09更新
Windows 10/8.1/7/Vista の高速化に効果抜群。セキュリティソフトの監視対象から外すファイルリスト

特にWindows10で効果が高いです。Microsoftお墨付きのセキュリティソフトの「監視対象に入れなくて済むフォルダやファイルのリスト」を紹介しています。OS の起動やデスクトップ操作がかなり早くなります。

2014/12公開
2015/01更新
IE11/IE10で新たに加わった「WebCacheフォルダ」を削除すべき状況と削除方法

ブラウザやOSが不調になった時、WebCacheフォルダの中身をクリアするとOSの調子が戻る場合あるようです

2014/11公開
2015/01更新
Windows7のUSB転送速度をアップさせる人柱パッチを試してみました

「Windows 7/Windows Server 2008 R2 で USB の最大転送サイズを大きくするドライバー更新プログラム」と言うものの存在を教えてもらい、早速試して見ました。

2013/10公開
2013/10更新
Windows高速化: SearchIndexHost.exeメモと、iTunesが重い原因メモ

SearchIndexHost.exeが勝手に有効になったぞ?と色々調べていたら、iTunesを軽くする小技を見つけたのでメモ。

2013/06公開
2015/01更新
PCスペックは十分なのにマウスがカクカクしたり遅延が発生する場合のチェックポイント

PCスペックは十分なはずなのにマウスが微妙にカクカクしたり、遅延が発生する時は、マウスやエアロの設定を変更してみましょう。マウスとディスプレイドライバを入れなおしたり、余分なUSB機器を取り外してみましょう。

2012/11公開
2016/04更新
System Volume Informationの削除/システムの復元を無効にしてても、復元ファイル(ゴミ)が貯まったままになってる場合が

システムの復元を無効にしてても、復元ファイル(ゴミ)が貯まったままになってる場合があります。System Volume Informationの削除方法の手順解説。TBクラスのHDDの場合、100~500GBの領域が無駄になっている可能性があります。

2011/04公開
2015/08更新
64bit版 Windows 10/8.1/7 でも安全・超速にメモリ解放する方法

64bit版Windows7で、empty.exeを利用したメモリ解放がきちんと作動するか、またどれ位の効果があるかを検証。通常の操作をした場合、メモリ使用量が300~500MB解放されるみたいです。

2011/03公開
2016/08更新
調子が悪い・重くなったWindowsを数分でサクッと安定化、高速化させちゃう裏技

調子が悪い、または作動が重くなったWindowsをサクッと初期化しちゃう裏技です。この方法を行うと、ほんの数分で新しいWindows環境を再作成する事が可能です。Windows7とWindows10で作動確認済み。

2011/02公開
2012/09更新
IDEモードでインストールしちゃったWindows 7/VistaをAHCIモードに移行する手順

Windows 7/VistaでIDEモードのHDDをAHCIモードに移行する手順の紹介。レジストリを変更してからBIOS設定を変更します。

2010/12公開
2016/09更新
Windows 10/8.1/7/Vistaの高速化&セキュリティソフトの負担軽減

全力HPさんの「Windows XPの起動時の長いディスクアクセスは、Windows Updateの履歴が溜まりすぎていたせいだった?!」は、Windows Vistaや7でも行える技なのか、そして有効なのかどうなのか、が非常に気になったので検証

2010/11公開
2011/01更新
「Windows7対応」と「Windows7でも作動する」ではかなり意味が違う

Windows7の高速化について。ネイティブでWindows7に対応するアプリケーションを使うだけでも、Windows7はかなり高速化するようです。

2010/09公開
2014/06更新
Windows 7 のPrefetchを削除する、無効にする(高速化・安定化Tips)

Windows 7の高速化・安定化Tipsです。WindowsのPrefetchファイルを一旦削除すると、Windows起動速度の高速化が望めます。無効にすると起動が安定します。

2010/08公開
2017/06更新
Windows の安定化・高速化:フォントキャッシュの削除、再構築

Windowsのフォントキャッシュの削除、再構築を行う方法。テキストやメニューが正常に表示できない場合の対処方法です。また、Windows機の作動を少しだけ高速化できる場合もあります。

2010/04公開
2015/01更新
Windows 7の高速化:メモリが足りない場合の対処法

メモリが1GB程度のWindows 7/Vistaの場合の「PC高速化Tips」の紹介。不要なサービスをガンガン停止する方法の紹介です。

2010/03公開
2014/09更新
Windows7の定期メンテ&高速化

メインPCの定期メンテナンスを行いました。気が付くとOSの起動時間は倍以上に伸び、デスクトップももっさり。Windows7でも定期的なメンテナンスは必要です。

2009/10公開
2014/06更新
Vistaの重さを解消する4つのTips

Vistaマシンが「重い」と言われる原因を色々調べてみました。多分、以下4つが主な原因になります。

2009/10公開
2014/07更新
HDDの無駄な回転を抑えてPCを静音・高速化しよう。

Windows XPに標準で用意されている機能からHDDに余分な負荷をかけているものを停止させ、XPのシステムを高速化させます。