このページについて

半年使い込んだSSDをMydefragとDefragglerでデフラグし、書き込み/読み込み速度にどれくらい変化が発生しているかを確認してみたページ。

 プライバシーポリシー / 免責事項

半年使い込んだSSDをMydefragとDefragglerでデフラグして、書き込み/読み込み速度にどれくらい変化が発生しているか、を確認してみたページ。
「SSDにデフラグは不要か?必要か?」「SSDの書き込み速度の劣化とデフラグによる回復はどの程度か?」という疑問を、自分のPCで改めて確認してみたページです。

サイト内関連ページ
 ・Mydefrag とDefragglerでSSDのデフラグ比較
 ・IRSTe 導入前/後のSSDの速度比較

今回のデフラグ方法
 1. Mydefragの「フラッシュメモリ・ディスク用」コマンドを利用する。
 2. Mydefragだけでは、[システムファイルの断片化]は解消できない。
   なので部分的にDefragglerの[ファイルの断片化解消]を行う。

テストに使ったSSD
 ・PX-128M2P(2台)

結果
 今回も4K QD Writeで少しだけ速度回復があった程度。
 OSの起動・アプリの作動などに体感できる効果はなし
 (もともと遅くなったと感じていないけど)
 結果の詳細はこのページ下段。

デフラグ方法の補足

MyDefragのSSD 用コマンド
Mydefrag
▲クリックで拡大
Mydefragの「フラッシュメモリ・ディスク用」コマンド
フラッシュメモリ内で発生した断片化を、高速かつ、効率よく解消してくれる。
しかし、一部のシステムファイルの断片化は解消しない。

一部のシステムファイルのデフラグ
Defragglerの「選択項目のデフラグ」
▲クリックで拡大
Mydefragで解消出来なかった断片化ファイルは、Defragglerの「選択項目のデフラグ」を利用してデフラグを行った。

補足画像:Defragglerでデフラグする場合 (のSSD用コマンド)
Defraggler
▲クリックで拡大: DefragglerでSSDをデスラグする場合は、
上記「空き領域のデフラグ」を利用する。
これ、けっこう時間がかかる。そのわりには効果が薄い気が・・・。今回は使用しない。

以下、デフラグ結果

スポンサー リンク

結果(標準ドライバ利用時)

OSインストール 2012年04月 → デフラグ実行日 2012年11月末

CドライブDドライブ
デフラグ前
デフラグ前C

デフラグ前
デフラグ前D

デフラグ前デフラグ前C

デフラグ前デフラグ前D

デフラグ後デフラグ後 C
デフラグ後デフラグ後 D

 4K QD Writeでそこそこの速度回復。
 他は変化無し

 

参考(IRSTe導入時のデータ)

以下の記録は、2012年02月~2012年04月( IRSTe導入時 ) のもの。
過去記事 MydefragとDefragglerでSSDのデフラグ比較で公開したデータ

Cドライブ
OSインストール直後
Cドライブ購入直後

Dドライブ
OSインストール直後
DドライブOSインストール直後

2ヶ月利用した後
Cドライブ: 2ヶ月利用した後

2ヶ月利用した後
Dドライブ: 2ヶ月利用した後

デフラグ後
Cドライブ-Mydefrag後

デフラグ後
DドライブDefragger

 IRSTeを導入すると、シーケンシャルは落ちるがランダムアクセスの性能が上がる。
 デフラグ実行前後の差は、標準ドライバを利用した場合と変わらない。

まとめ

今回も 4K QD Writeでそこそこの速度回復がありました。
しかし、それ以外の項目では大きな変化は無し。
体感で[速くなった/遅くなった]は全く感じないレベル。

というか、OSインストール後5~6ヶ月(購入から10ヶ月)ほど使用しても劣化は全く発生していない感じですねえ。

サイト内関連
 ・Mydefrag とDefragglerでSSDのデフラグ比較
 ・IRSTe 導入前/後のSSDの速度比較