このページについて

Premiere Proは、スマートレンダリングの機能に力を入れていないのか、解り難い所に設定があるのか・・・何故か昔から思ったような設定や出力ができない。

 プライバシーポリシー / 免責事項

2015.07.08: mxf出力の項目にちょっとだけ追記

Premiere Pro CCで動画編集してて、困った事のメモ。
解決策は、今の所発見できておらず、今後ちょっと気を付けようと思った事が書き連ねてあります。

事のはじまり

長時間撮影した動画を 10数秒置きにカット割りを変えたり、モーションを多用したりすると、一定の編集を行った所でPremiere Proの挙動が一気に重くなってしまう。(多分メモリが不足してスワップが発生している)

Premiere Pro CCで編集中の図
Premiere Pro CCで編集中の図
▲クリックで拡大

FHD素材の場合、40~50分ぶんの編集を一気に行えるが、4K動画の場合7~20分の編集をした辺りでプレビューがカク付きはじめ、編集が苦しくなる。

仕方が無いので、シーケンスを10分前後で区切り、個別に出力し後で連結する事にした。

やりたい事

Premiere Pro CCの「スマートレンダリング」

シーケンス・出力、共に「DNxHD」を利用した場合、スマートレンダリングが可能になる。

新規シーケンス作成画面
新規シーケンス作成画面
▲クリックで拡大

変換・出力時の設定画面
変換・出力時の設定画面
▲クリックで拡大

尻切れトンボだけと、今回はここまで。

Premiere Proは、スマートレンダリングの機能に力を入れていないのか、解り難い所に設定があるのか・・・何故か昔から思ったような設定や出力ができない。
今回も諦める。

参考リンク(Adobe)
 ・Adobe Premiere Pro ヘルプ | Adobe Premiere Pro CS6 の新機能
 ・Adobe Premiere Pro ヘルプ / スマートレンダリング