Windows 10/8.1の起動時に、署名制限の無効化やセーフモードを選択できるようにする小技

コマンドプロンプトからadvancedoptionsの作動に変更を与えることで、Windows8起動時に起動オプション選択画面を開く事が可能になります

Windows8,セーフモード,署名制限などについて。

Windows 10/8.1の起動時に、署名制限の無効化やセーフモードを選択できるようにする小技

2016年10月17日: 2014年に一度コメントアウトした情報(CSM有効にする)を再度追記
2014年11月15日: セキュアブートに関する項目を追記
2013年10月22日: コマンドのパラメータを2種類発見したので追記。 (両者の違いについては未検証)
MSDN内に参考にできるリンクを発見したので追加。

Windows 10/8.1で、セーフモードで起動したり、ドライバの署名制限を無効化する場合に、「いちいち起動オプション画面を経由するのが面倒臭い・・・!」って場合のTipsです。

このページ内の手順を実行すると・・・
起動オプション画面
▲PCが起動時に、毎回この画面(スタートアップ設定)が表示され、起動モードを選択できるようになります。

注意事項

このページの情報は、自己責任でご利用下さい。
  • オプション選択画面の操作には、キーボードが必要です。
    タブレットPCを利用している場合は、このページで紹介したコマンドを実行しないで下さい。キーボードの無いPCでは、オプション選択画面から先に進めなくなります。
  • 署名制限を無効化を指定すると、PC のセキュリティが甘くなり、悪意のあるプログラムが実行されやすいPC環境になります。
  • PC構成やWindowsのブート構成によっては、マウスやキーボードの操作が出来なくなる場合があります。
  • WindowsをUEFI/GPTインストールしている場合、UEFI上で セキュアブートの設定を無効にしておく必要があります。(MBRの場合、最初から無効に設定されているはず)
    • セキュアブートは一度無効化すると、再度有効化するにはOSのクリーンインストールが必要な場合がある (一部の機種) ので、注意すること
      参考:
      microsoft - セキュア ブートの無効化

実行方法

コマンドプロンプトを管理者権限で起動し、以下のコマンドを入力します

bcdedit /set {default} advancedoptions yes
または
bcdedit /set advancedoptions on

set {default} advancedoptions yes
▲クリックで拡大
「この操作を正しく終了しました」とメッセージが出ればOKです。

この状態でPCを再起動すると、以下の様になります。

起動直後の画面
起動オプション画面
▲以降は、PCを起動した直後はこの画面が出るようになります。

元に戻す方法

上と同じく、コマンドプロンプトを管理者権限で起動し、以下のコマンドを入力します

bcdedit /set {default} advancedoptions no
または
bcdedit /set advancedoptions off

bcdedit /set advancedoptions off
▲クリックで拡大
「この操作を正しく終了しました」とメッセージが出ればOKです。

 

毎回起動モードを選択する必要があるってのも鬱陶しい事ですが、セーフモードやドライバー署名無効を多用したい人にとっては、この起動方法の方が何かと便利が良さそうです (^_^;

サイト内関連ページ

Windows8で署名なしドライバをインストールする方法/テストモードにする方法

MSDM参考ページ(英文)

このページで紹介しているコマンドやパラメータに関する記述は殆どありませんが、参考にできるので追記しておきます。
BCDEdit /set (Windows Drivers)



次のページへ
前のページへ
Windows 10/8.1の起動時に、署名制限の無効化やセーフモードを選択できるようにする小技
TOPページへ

コメント(多忙中のため休止中) C[8] T[0]

人気ブログランキング
このブログを応援する・このブログに寄付する
mona:MEmMcKYAWfdX1r3XkoWBoweJTSjtDgdqRo
btc :1342ndtQDJ3NKkTw1BfP8AD4xMy8NJ4kWb


広告&サイト内おすすめページ

 

関連記事(ぜんぶ見る>> 復旧関連と起動オプション
Windows 10/8.1の shutdown コマンドのパラメーター
Windows 10/8.1の起動時に、署名制限の無効化やセーフモードを選択できるようにする小技
「Windowsがインストールされているドライブがロックされています。ドライブのロックを解除してやり直してください」とメッセージが出る
Windows 8/8.1のシステムイメージのバックアップでエラー0x80780119となる場合の対処方法

※コメント欄の一時休止中につき、Monacoin企画も休止中です。
ドスパラ amazon
次のページへ
前のページへ

更新日 2016/10/17(2013年08月公開)このページはリンクフリーです

カテゴリ(メニュー)
このページ

Amazon

Amazon 日替わりタイムセール
サイト内検索
Special Thanks (TOP15)

Amazon
リンク集
楽天市場/ブログランキング
a8 a8