このページについて

Windows Vista/7では署名のないドライバのインストールは出来ません。それを可能にする方法を2~3つ紹介しています。

 プライバシーポリシー / 免責事項

以前、 SetupReadyDriverPlus というツールを利用してWindows Vista/7の「ドライバ署名制限を無効化」する方法を紹介しましたが、今回は別の方法を紹介します。

私的には、今回紹介する方法の方がお手軽に利用できます。

方法1

Windowsのコマンドプロンプトから「テストモード」を有効にすると、特別なツールを使わなくても署名問題が回避できるようになります。
(テストモードとは、署名なしドライバも動くようにできるモード。)

デジタル署名取得を無効化する方法(テストモードON)
管理者権限でコマンドプロンプトを実行し
bcdedit /set TESTSIGNING ON
を実行。これだけでテストモードが有効になり、署名問題が回避できます。Windowsをシャットダウンしたり再起動したりしても、テストモードは有効なままです。

デジタル署名取得を有効する(元に戻す)方法(テストモードOFF)
管理者権限でコマンドプロンプトを実行し
bcdedit /set TESTSIGNING OFF
を実行。これでテストモードはOFFになります。

手順としては、これだけです。

以前紹介した「SetupReadyDriverPlus」と「上記プロンプトからのテストモード」、どちらが便利かは利用する人により異なると思います。ご自分の目的に合った方を選びましょう。

その他のチェックポイント

 

以下、その他の方法も記載しています。
「方法その2」は結構難しいです。
「方法その3」は今では利用できません(資料として残してます)

方法2 (リンク紹介のみ)

自力でドライバを書名付きにしちゃう方法です。

Windows7RC x64 でQRS-UT100Bを使う
▲上記リンクとその参考リンク先に詳しい方法が記載されています。
なかなか複雑な手順ですが、一度****.pfxというファイルを作ってしまえば、次回からはそれを利用してあっという間にインストール可能です。

方法3(現在は出来ないはず)

コマンドプロンプトを管理者権限で起動して、
bcdedit /set loadoptions DDISABLE_INTEGRITY_CHECKS
と入力するだけでドライバの署名制限を無効化出来ます。

ドライバ署名制限の無効化
▲クリックで拡大
しかしこれは2007年のVista発売当時のTipsで、早々にマイクロソフトから修正パッチが当たってしまいました。現在では殆ど役に立ちません。

当環境でテストしてみた所、HDUS の改造ドライバはこのコマンドのみでは作動しませんでした。しかし、ドライバ署名の無いマウスドライバとアプリケーションは正常作動しました。(代替ドライバも同時にインストールしているからかもしれない。)
モノによっては今でも有効なTipsかもしれませんが、3番目の方法は過信しないようにしましょう。

このページの情報は以上です。