このページについて

SetupReadyDriverPlusを利用すると、Vista以降で署名の無い古いドライバも簡単に利用できるようになります。インストール、使い方など解説。

 プライバシーポリシー / 免責事項

最初に注意
このページの内容が難しいと感じる場合は、以下の方法を試してみましょう。
Windows Vista/7でドライバのデジタル署名制限を無効化する方法その2
▲以下で紹介するツール「SetupReadyDriverPlus」は入手も難しくなっておりおすすめしません。上ページの方法の方がお手軽かつ確実です。

追記おわり。以下本文



古いデバイスのドライバーソフトウェアのインストールすると、以下のようなエラーメッセージが出てインストール出来ない事があります。

ドライバソフトウェアの発行元を検証できません
▲昨日、XP(x64)版ドライバーをWin7(x64)に組み込みチャレンジして失敗しました。

Windows 7やVistaで古いハードウェアのドライバ(デバイスドライバにデジタル署名が無いもの)をインストールしようとすると、「ドライバソフトウェアの発行元を検証できません」、「このデバイスに必要なドライバーのデジタル署名が検証できません」などのメッセージが出てインストール出来ません。

SetupReadyDriverPlusは、このようなドライバ署名の強制を無効に出来るツールです。

SetupReadyDriverPlusをインストールするとこうなる

SetupReadyDriverPlusのWindows7起動画面
▲Windowsの起動選択画面に
「SetupReadyDriverPlus」の項目が現われるようになります。

Windows7のF8起動
▲自動で「SetupReadyDriverPlus」が選択され、
自動でWindowsをF8(詳細ブートプション)で起動した時の画面に移り、
さらに「ドライバ署名の強制を無効にする」が自動的に選択されます

Windows7起動
▲あとは普通にWindowsが起動します。

手動で行う必要のある「F8起動>ドライバ署名の強制を無効」を自動化するだけのツールですが、無署名のドライバが入ったWindowsは起動の度に無効にされたり警告されたりしますので、署名の無い「古いドライバ」や、「改造ドライバ」を常用したい時に必須のツールになります。

スポンサー リンク

注意

このツールの使用はマジで自己責任でお願いします。
SetupReadyDriverPlusを利用してWindowsが起動できなくなった場合、メールやコメント欄で質問されても的確な対処法は解説出来ません。

1.インストール時の注意
SetupReadyDriverPlusは、WindowsのBoot領域を書き換えるプログラムです。
インストールに失敗するとWindowsが起動しなくなりますので十分注意しましょう。

最低限、Boot領域のバックアップを取っておきましょう。

Boot領域のバックアップの取り方

1.「スタート」>「すべてのプログラム」>「アクセサリ」>コマンドプロンプト
を「管理者として実行

2.bcdedit(ブート構成データ エディタ)でバックアップする
例えばFドライブのXXXフォルダにバックアップをとりたい場合、コマンドプロンプト上で
bcdedit /export "f:\xxx"
と入力。バックアップをブート領域に戻したい時は
bcdedit /import "f:\xxx"
と入力。

他、参考用
bcdeditでブート構成情報をバックアップ/リストアする - @IT

それ以外にも、最悪Windowsが起動しなくなる場合に備えて、各種バックアップはしっかり取っておきましょう。

2.Windows updateの注意
Bootオプションの変更はWindowsupdateの際に強制的に元に戻されたり、OSの調子を悪くする原因になったり、色々不具合があるかもしれません。その辺りも念頭に入れて使いましょう。

3.Windowsの安全性が低下させるツールだとしっかり認識しておきましょう
「ドライバ署名の強制を無効にする」という事はWindowsの安全性、信頼性を犠牲にすると云う事でもあります。今後ドライバ類をインストールする際は、常に注意を払う必要が出てきます。

SetupReadyDriverPlusのダウンロード

公式:Citadel Industries - ReadyDriver Plus(リンク切れ)
http://www.citadelindustries.net/readydriverplus/
ReadyDriver Plus 1.2 Download (Free) - SetupReadyDriverPlus (少し怪しいサイト、ファイルは本物)
※MD5: 4d429768b8f99bd8afc3820ebbc04ef8
上記よりSetupReadyDriverPlus.exeをダウンロードします
SetupReadyDriverPlusはWindows7/Vista、32bit/64bit双方で作動します。

SetupReadyDriverPlusのインストール

一発で上手く作動する可能性は低いと思って、覚悟して行ってください(^_^;

ちなみに私はReady Driver Plus利用するにあたり、以下ページを参考にしました。
日曜日Vista x64でGavotte Ramdiskを使う:はいじん☆ちゃんねる

SetupReadyDriverPlus.exe
▲まずは「SetupReadyDriverPlus.exe」を管理者として実行。

SetupReadyDriverPlusインストール1
▲Nextをクリック

SetupReadyDriverPlusインストール2
▲「I accept the agreement」をチェックしてNext

SetupReadyDriverPlusインストール3
▲Nextをクリック

SetupReadyDriverPlusインストール4
▲重要!
OSのブート領域を指定します。BCDと言う名前のファイルや、Boot.binなどのファイルが格納されているフォルダを指定します。Cドライブ直下の場合もあります。ココを間違えるとOSが起動しなくなります。

ウチの環境の場合、OSをCドライブとJドライブにインストール、ブート領域はEドライブともの凄い変則的な環境でしたが、ここの指定を間違わなければSetupReadyDriverPlusは無事作動しました。(私の場合E:\bootを指定した。)

 

SetupReadyDriverPlusインストール5
▲重要!
起動後のOS選択画面で自動でカーソルが動く回数を指定します。
デュアルブート環境でWindowsを利用する場合は、1以外の数値にする必要が(あるかもしれません)。ウチの場合、デュアルブートでも1 Strokeで大丈夫でした。

これはインストール終了後に以下をチェックすること。

確認
▲「システムの詳細設定」>「システムのプロパティ」>「詳細設定」>「起動と回復」
で、既定のオペレーティングシステムが「SetupReadyDriverPlus」になっていれば、1Strokeで大丈夫だと思います。

 

SetupReadyDriverPlusインストール6
▲ReadyDriverの設定を聞いてきます。
1.ブート領域にReadyDriverを組み込むか、
2.デフォルトでReadyDriverでスタートするか、
3.選択画面の待ち時間を3秒にするか、
を訊ねています。通常全部チェックを入れます。

あとはNEXTを押していけばインストール終了。

電源OFFからの起動や再起動で、自動でドライバ署名の強制を無効にしてWindowsが立ち上がることをキチンと確認しましょう。