このページについて

Windows 10/8.1/8 の shutdown コマンドのオプション・パラメータの一覧を記載。

 プライバシーポリシー / 免責事項
更新履歴 [ 全て表示戻す ]
2016.12.08: Windows 10のコマンドを確認

2013.07.18: 初出


Windows 10や Windows 8.1/8のコマンドプロンプトで「shutdown.exe /?」と入力すると、ヘルプ(シャットダウン時の各種オプション)が表示される。

まず Windows 10/8.1/8 共通部分

  • 引数なし  ヘルプを表示します。「/?」と入力するのと同じです。
  • /? ヘルプを表示します。オプションを入力しないのと同じです。
  • /i 
    グラフィック ユーザー インターフェイス (GUI) を表示します
    このオプションは最初に指定する必要があります。
  • /l 
    ログオフします。/m または /d オプションとは併用できません。
  • /s 
    コンピューターをシャットダウンします。
  • /r 
    コンピューターを完全にシャットダウンして再起動します。
  • /g 
    コンピューターを完全にシャットダウンして再起動します。システムの再起動後に、登録したアプリケーションを再起動してください。
  • /a 
    システムのシャットダウンを中止します。これは、タイムアウト期間にのみ使用できます。
  • /p 
    タイムアウトまたは警告なしでローカル コンピューターの電源を切ります。/d および /f オプションと併用できます。
  • /h 
    ローカル コンピューターを休止状態にします。/f オプションと併用できます。
  • /hybrid  コンピューターのシャットダウンを実行し、高速スタートアップの準備をします。 /s オプションと併用してください。
  • /e 
    コンピューターの予期しないシャットダウンの理由を記録します。
  • /o 
    詳細ブート オプション メニューに移動し、コンピューターを再起動します。 /r オプションと共に使用する必要があります。
  • /m  
    \\コンピューター 対象となるコンピューターを指定します。
  • /t xxx
    シャットダウンまでのタイムアウト期間を xxx 秒に設定します。有効範囲は 0 から 315360000 (10 年) までで、既定値は 30 です。 タイムアウト期間が 0 より大きい場合、/f パラメーターが暗黙的に指定されます。
  • /c
    "コメント" 再起動またはシャットダウンの理由にコメントを付けます。最大 512 文字まで入力できます。
  • /f 
    ユーザーに警告せずに実行中のアプリケーションを強制終了します。
     /t パラメーターに 0 より大きい値が指定された場合、
     /f パラメーターも暗黙的に指定されます。
  • /d [p|u:]xx:yy
    再起動またはシャットダウンの理由を指定します。
     p は再起動またはシャットダウンが計画されていることを示します。
     u は理由がユーザーにより定義されることを示します。
     p と u のどちらも指定されていない場合は、再起動または
     シャットダウンは計画されていません。
     xx は主因の番号です (256 未満の正の整数)。
     yy は副因の番号です (65536 未満の正の整数)。

上記に加え、Windows 10では以下のオプションが追加されている。

  • /fw
    シャットダウン オプションと共に使用し、次回は以下で起動します。ファームウェアのユーザー インターフェイス。
スポンサー リンク

セーフモードに入りたい場合・起動オプションを選択したい場合

上記を利用して
 ・Windows8でセーフモードを使いたい
 ・ドライバの署名を無効にしたい
なんて場合は
shutdown /r /o /t 0
と入力(またはbat作成)し、そこから起動詳細オプションに入り、その先のダイアログで各種起動方法を選択する事になる。

「オプションの選択」画面
▲shutdown /r /o /t 0 で再起動すると、Windows8はこの画面が起動する。

「トラブルシューティング」を選択すると以下の画面に
トラブルシューティング
▲「詳細オプション」を選択する

「詳細オプション」を選択すると以下の画面に
詳細オプション
▲ここで「スタートアップ設定」を選択する

「スタートアップ設定」を選択すると以下の画面に
Windows8のスタートオプション
▲右下の再起動ボタンをクリック

再起動後
Windows8のスタートオプション-起動画面
▲この画面好きな起動モードを選択する。

 

その他、Bat作成などで参考にできるサイト
 ・シャットダウンができるショートカットを作成する方法 - 道すがら講堂
 ・【ハウツー】レッツ! Windows 8 - セーフモードを呼び出す四つの方法