WindowsでMBRディスクをGPTディスクに変換する手順

Windows上で、MBRディスクをGPTディスクに変換する手順を紹介したページです。GPT変換するディスクのデータは、全て削除されます。大事なデータはバックアップしておきましょう。

MBR,GPT,変換などについて。

WindowsでMBRディスクをGPTディスクに変換する手順

2016.12.05: 注意事項や特徴をシステムドライブ/データドライブで分離

Windows上で、MBRディスクをGPTディスクに変換する手順を紹介したページです。

ボリューム削除後にGPT変換
▲このページで紹介する作業手順の一部。

具体的な手順紹介の前に、ちょっと長めの注意事項とGPTディスクの特徴紹介があります。

注意事項

このページで紹介する手順は「データドライブ」専用です。
システムドライブをMBRからGPTに変更することは出来ません。
データドライブとシステムドライブでは、フォーマット時に作成される隠し領域の仕組みが全く異なります。

  • GPT変換するディスクのデータは、全て削除されます。
    大事なデータはバックアップしておきましょう。
  • GPT形式の場合、データドライブでもMSRという(標準サイズで)128MBの隠し領域が作成されます。Windowsからは見えません。
    無理やり見えるようにしたり、削除したりしてはいけません。
  • システムドライブ (Cドライブ)の場合

GPTディスクの特徴

データドライブの場合
  • ATF (512e) HDDの場合、2.2TB以上の容量でも1ボリューム (1つのパーティション)でフォーマット可能になる。
  • マザーボードが対応している必要がある
    • マザーボードが UEFIに対応している必要がある。
      (Vista以降からほとんどのマザーがUEFI対応になっている)
      (ただしこの頃のUEFIマザーはレガシーBIOS互換で起動はあまり早くない)
    • この場合、Windows が MBR形式でインストールされていても、データ用ドライブはGPTが利用可能。
  • WindowsがGPTに正式対応したのはVista以降
  • データ用ドライブでも、MSR領域という128MBの隠しドライブが作成される。
システムドライブの場合
  • GPTをブートディスクに使いたい場合は、OSはVista 以降、64bit OS、マザーボードは UEFI環境が必要。
  • インストールメディアをUEFIブートすれば、2.2TB以上のHDDも ブートディスクとしてあつかえるようになる。
  • 超高速なOS起動ができる
  • 余談:UEFIはNTFSを認識できない。
    • 起動システム (EFIシステム) にはFAT32を使っている。
    • Windows の システムドライブには FAT32の隠しパーティションが作成されている (これとは別にデータドライブと同様、MSR領域という128MBの隠しドライブが作成される。)

注意事項や特徴の紹介は以上です。
以下、具体的な手順の紹介です。

具体的手順

まずは管理メニューの「ディスクの管理」を起動します。

GPT変換したいボリュームのドライブを、全部削除します。
Windows10上で GPTディスクを作成
▲クリックで拡大
複数のドライブ(ボリューム)がある場合、全部削除します。

ボリューム削除後にGPT変換します
ボリューム削除後にGPT変換
▲クリックで拡大
これでGPTディスクに変換できました。

※注意:ここでGPTディスクに変換できなかった場合
管理者権限でコマンドプロンプトを起動し、以下の手順を実行します
DiskPart
▲クリックで拡大
diskpart ・・・・DISKPART起動
list disk ・・・・接続されたディスクをリスト表示(目的のディスクの番号確認)
select disk 0 ・・・・※目的のDiskが ディスク0の場合
clean ・・・・ディスクをクリーンな状態にする
convert gpt ・・・・ディスクをGPT形式に変換する
exit ・・・・DISKPARTを終了させる

 過去にシステムドライブとして利用したストレージなどでは、通常の操作では削除できない隠しパーティションが存在する場合があります。上記手順でHDD/SSDを初期化してからGPT変換します。

GPT変換が終了した後の手順

ボリューム (ドライブ)を作り直します
ボリューム (ドライブ)を作り直し
▲クリックで拡大
「新しいシンプルボリューム」をクリック。

ボリューム作成のウィザードが起動します
ウィザードが起動
▲クリックで拡大
次へをクリックします。

ボリュームサイズを指定します。
ボリュームサイズを指定
▲クリックで拡大
パーティション1つでOKの場合は、そのまま「次へ」を選択します。
複数パーティションを作りたい場合は、お好みで数値を入れます。

ドライブ文字を指定します
ドライブ文字を指定
▲クリックで拡大
既存のドライブレターに使われているドライブは指定できません。
こだわりがない場合は、自分で指定する必要はありません。
「次へ」をクリックします。

ファイルシステムやボリュームラベルを指定します
ファイルシステムやボリュームラベルを指定
▲クリックで拡大
Windowsの通常のディスクの場合は「NTFS」を指定します。
ボリュームラベルは、自分の好きな名前を付ければOKです。
「次へ」をクリックします。

全ての設定が完了しました。
ボリューム削除後にGPT変換
▲クリックで拡大
完了をクリックすれば操作はおしまいです。

このページの手順は以上です。



次のページへ
前のページへ
WindowsでMBRディスクをGPTディスクに変換する手順
TOPページへ

コメント(多忙中のため休止中) C[3] T[0]

人気ブログランキング
このブログを応援する・このブログに寄付する
mona:MEmMcKYAWfdX1r3XkoWBoweJTSjtDgdqRo
btc :1342ndtQDJ3NKkTw1BfP8AD4xMy8NJ4kWb


広告&サイト内おすすめページ

 

関連記事(ぜんぶ見る>> HDD・SSDのTips
WindowsでMBRディスクをGPTディスクに変換する手順
メモ: HDDやSSDの先頭 1MBの未割り当て領域は何だろう?
ハイバネーション(hiberfil.sys)を無効にする・削除する
HDDの512E、4Kセクター、AFT、非AFT、4Kネイティブの違い

※コメント欄の一時休止中につき、Monacoin企画も休止中です。
簡単!4ステップでふるさと納税 a8
次のページへ
前のページへ

更新日 2016/12/05(2015年09月公開)このページはリンクフリーです

カテゴリ(メニュー)
このページ

Amazon

Amazon 日替わりタイムセール
サイト内検索
Special Thanks (TOP15)

Amazon
リンク集
楽天市場/ブログランキング
a8 a8