sgminerでMonacoin (Lyra2REv2)をマイニングする方法

RADEON系のビデオカードで、sgminer.exeを使って Lyra2REv2 アルゴリズムのコインをマイニングする方法をメモしたページです。Lyra2REv2のマイニングができない場合の解消方法も記述しています。

sgminerでMonacoin (Lyra2REv2)をマイニングする方法

RADEON系のビデオカードで、sgminer.exeを使い、Monacoin (Lyra2REv2 アルゴリズムのコイン) をマイニングする方法をメモしたページです。

RADEONのGPUで Monacoinのマイニングが上手く出来ない場合は、このページの情報を参考にしてみてください。

私自身のマイニング復帰はもう少し先になるのですが、9月27日に Lyra2REv2の試し掘りをした際、かなりドツボにハマってしまったので、「最低限知っておきたい情報」だけでも先にまとめておくことにしました。

はじめに

  • 2015年9月29日時点での情報です。
  • Windowsを対象にしたページです。
  • 作動検証は、Windows10 Pro(x64) + RADEON R9 280X にて行っています。
  • 注意:
  • このページの内容を1行で
    • Windowsの場合、ドライバは Catalyst 14.4 を使う。

sgminerのダウンロード

  • djm34/sgminer · GitHub
    現時点の最新版は 5.1.3-lyra2rev2
  • メモ
    • 現時点では、Lyra2REv2版sgminerのバージョンに複雑な派生は存在していない模様。動かない原因は主にCatalystのバージョン。
    • 最新の5.1.3が最も無難に作動する。
    •  手元の環境では、(GPUのドライバ次第では) 5.1.0~5.1.3、いずれも正常にマイニングできた。

GPUドライバのダウンロード

  • Windows版 sgminerには14.4が鉄板。
    14.6~14.7でも作動するかも。
  • 14.4の入手先
    AMD Catalyst 14.4 WHQL (14.100.0.0 April 17)
    Windows10にもインストール可能。
  • AMD Graphics Drivers and Software Download
    最新版を入手する場合
    ※ ただし15.xは、多くのWindows環境でsgminerが正常作動しない。
    ※ Windows7の場合、15.7、15.8は作動する環境はそれなりに多い模様。

Windows用の(基本的な)コマンドライン

sgminer.exeと同じフォルダ階層に、以下のようなbatファイルを置き、実行すればマイニングできます。

setx GPU_MAX_HEAP_SIZE 100
setx GPU_USE_SYNC_OBJECTS 1
setx GPU_MAX_ALLOC_PERCENT 100
del *.bin

sgminer.exe --kernel Lyra2REv2-o stratum+tcp://startdash.vippool.net:7777 -u user.worker -p password --no-submit-stale --gpu-platform 1

pause

  • 赤文字は、PC環境によっては不要(2か所)
    • これがないと正常作動しないPCがある。
    • 逆に、これがあると正常作動しないPCもある。
  • 青太文字は、イージーミスしやすい部分
    • 添付された「example.bat」は「Lyra2RE (v2がないバージョン)」が実行される様になっており、これに気付かずそのまま流用するとドツボにハマりやすい。
  • 緑文字は、ユーザーが個別に設定するところ
    • プール別に個別のURLやポート番号がある。プールに登録したユーザー名、ワーカー名、ワーカーパスワードを指定する必要がある。
      ※上で記述したURLはVIP Poolでマイニングする場合のURL

上記、赤文字青文字の部分は注意です。ネット上の情報をそのまま利用しても、うまく作動しない場合があります。

sgminerが正常作動してない場合の挙動

正常に作動しない場合、以下のような挙動パターンがあります。

  • sgminerがすぐに終了する。
    • マイニング開始直後に「続行するには何かキーを押してください」のメッセージが出る場合は、何かのエラーが出てsgminerが止まっています。
  • ハッシュレートが異様に低くなる、または高くなる
    • 正常に作動していれば、R9 280xの場合、3.5~4.8Mh/s前後の数値が出ます。 
    • 数百Kh/s や 数Gh/sなどの数値が出る場合、正常作動していません。
    • GPU使用率もチェックしてみましょう。
      GPUの負荷がほぼゼロのまま、という場合もあります。
  • H/W error やInvalid、Rejected がどんどん増える
    • 正常作動していれば、H/W errorは増えません。
      RejectedやInvalidもほとんど発生しません。
    • ASICpoolでは、低ハッシュレートな採掘環境ではInvalidの発生率がかなり高めになります。

sgminerが正常に作動しない原因

多くのPC環境で、sgminer + RADEON系GPUでLyra2REv2のマイニングができない現象が発生しているかと思いますが、以下がその主な原因になります。

  1. Catalyst ドライバのバージョンによっては、sgminer が正常に作動しない。
    (一部のdllファイルのバージョンが重要)
  2. 採掘アルゴリズムのパラメータが間違っている
  3. 不要なオプションパラメータを利用している

Catalyst ドライバのバージョンについて

  • Windowsの場合、Catalyst 14.4でなければ、lyra2rev2版sgminer は正常作動しないようです。
    ※ Windows7の場合、Catalyst 15.7、15.8で作動する環境はそれなりにある模様。
  • それ以降のバージョンでは、正常作動しない環境の方が多いと感じます。
    • Windows10にも、Catalyst 14.4のインストールは可能です。
    • 注意:古いドライバを上書きインストールすると不具合が出るので、Driver Fusionなどを使い、新しいドライバは完全削除しておきましょう。

一部 dllファイルの不足について

  • Catalyst 14.4に含まれていた「msvcr110.dll 」および「amdocl.dll」が、lyra2rev2 版 sgminer の作動に必須な模様です。
    • 既にこの2つのdllファイルがWindowsに登録されている場合、Catalystのバージョンに関わらずsgminerが正常作動する場合があるようです。
    • ※手元の検証
      Catalyst 15.8に古い「msvcr110.dll 」と「amdocl.dll」を入れたら、(一時的に) Monacoinのマイニングが可能になった。
      ただしスリープ復帰後、ビデオカードドライバが正常認識されなくなり、入れ替えたdllファイルは強制的に元に戻され、また掘れなくなった(´・ω・`)
    • 似たような事をやっている海外の人の情報
  • その他の参考URL
    Hashing Lyra2REv2 on an AMD R9 280X |Windows 10 Pro 64bit | Catalyst 14.4 : vertcoin
  • Windows10の場合
    • Catalyst 14.4 をインストールした上で、上記「msvcr110.dll 」と「amdocl.dll」をsgminerと同じフォルダに入れる事で、lyra2rev2版 sgminer が正常作動します。
    • 注意1:前項と同じ。
      古いドライバを上書きインストールすると不具合が出るので、Driver Fusionなどを使い、新しいドライバは完全削除しておきましょう。
    • 注意2:ドライバが勝手にアップデートされないよう、Windowsの設定を変更しておきましょう。初期設定のWindows10では、自動的にドライバが最新の状態にアップデートされます。

採掘アルゴリズムのパラメータを確認してみる

冒頭で紹介したスクリプトの「赤字部分」に注意

setx GPU_MAX_HEAP_SIZE 100
setx GPU_USE_SYNC_OBJECTS 1
setx GPU_MAX_ALLOC_PERCENT 100
del *.bin

sgminer.exe --kernel Lyra2REv2-o stratum+tcp://startdash.vippool.net:7777 -u user.worker -p password --no-submit-stale --gpu-platform 1

pause

  • setx GPU_MAX_HEAP_SIZE 100
    • Windows10の場合、これがないと正常作動しないPCがあります。
  • --gpu-platform 1
    • sgminerにGPUが正常に認識される場合は、このパラメータは不要です。(このパラメータがあると、逆に正常なマイニングができなくなります。)
    • 2014年6月頃 (Catalyst 14.6から?) 、一部の RADEON系GPU が正常認識されなくなったため、エラー回避のTipsとして出回るようになった情報です。

その他 (おまけ)

  • バッチ例
    sgminer.exe --kernel Lyra2REv2 -o stratum+tcp://xxxx.com:1111 -u user.woker -p pass --no-submit-stale --xintensity 32 --thread-concurrency 8192 --worksize 32 --gpu-threads 4
  • 「--xintensity」「-I」「--thread-concurrency」「--worksize」「--gpu-threads」などのパラメータは、2014年6月~8月頃の「X11」や「X13」アルゴリズムのマイニングの頃と大きく変わっていないようです。
    これらのパラメータを調整したい場合は、多少古い情報を参考にしても大丈夫です。
  • NiceHashに書かれている Lyra2REv2 のオススメ設定
    • 参考リンク: Lyra2REv2 algorithm added --NiceHash--
    • "algorithm" : "Lyra2REv2",
      "xintensity" : "32",
      "thread-concurrency" : "8192",
      "worksize" : "32",
      "gpu-threads" : "4"
    • Windowsでは AMD Catalyst driver 15.x は使うべきじゃない。14.4がオススメ。
    • 一般的に、worksizeはできるだけ小さめに、gpu-threadsはGPUメモリが許す限り大きめに。
  • Mod版 (改造版)について
    • バイナリーを配布している人は発見できなかった。
    • kernelフォルダ内の「bmw256.cl」や「Lyra2REv2.cl」を書き換える情報は幾つか見かけた。(いずれも既に5.1.3に含まれていた)


次のページへ
前のページへ
sgminerでMonacoin (Lyra2REv2)をマイニングする方法
TOPページへ

コメント(多忙中のため休止中) C[0] T[0]

人気ブログランキング
このブログを応援する・このブログに寄付する
mona:MEmMcKYAWfdX1r3XkoWBoweJTSjtDgdqRo
btc :1342ndtQDJ3NKkTw1BfP8AD4xMy8NJ4kWb


広告&サイト内おすすめページ

 

関連記事(ぜんぶ見る>> マイニング
sgminerでMonacoin (Lyra2REv2)をマイニングする方法
(古い情報) 仮想コイン採掘ソフト(cgminer /cudaminer/CPU Miner)の初期設定
(古い情報) Monacoinの入手 - Pool(採掘場)の登録方法、利用方法
Catalyst 14.6 を使えばX11/X13/X15のハッシュレートが30~50%アップ!しかし・・・

※コメント欄の一時休止中につき、Monacoin企画も休止中です。
簡単!4ステップでふるさと納税 a8
次のページへ
前のページへ

更新日 2015/09/29(2015年09月公開)このページはリンクフリーです

カテゴリ(メニュー)
このページ

Amazon

Amazon 日替わりタイムセール
サイト内検索
Special Thanks (TOP15)

Amazon
リンク集
楽天市場/ブログランキング
a8 a8