このページについて

Microsoftのサイトから、Windows7のインストールDVDやUSBインストールメディアに使えるISOファイルが配布されています。

 プライバシーポリシー / 免責事項
更新履歴 [ 全て表示戻す ]
2015.12.13: ダウンロードURL変更。内容も大幅に変更

2015.02.17: 初出


以下のMicrosoftのサイト内で、Windows7のプロダクトキーを入力することでインストールメディア用のISOファイルがダウンロード可能になっています。

Windows7 の ISO のダウンロードページ
Microsoft Software Recovery
https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows7

※Windows8.1用のページは以下
 https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows8
 ▲こちらはプロダクトキー不要。
  サイト内解説ページはこちら

以下、具体的なダウンロード手順を紹介します。

ダウンロード手順

ページ内には、Windows7のプロダクトキーを入力する画面があります。
Windows7のプロダクトキーを入力する
▲クリックで拡大
プロダクトキーはコピペでもOKです。
ハイフン(-)は自動入力されます。

入力が終わったら「確認」ボタンを押します
入力したキーが正規のものかどうか、検証
▲クリックで拡大
入力したキーが正規のものかどうか、検証が入ります。
リテール版(パッケージ版)、DSP版のプロダクトキーが利用できます。
OEM版(メーカー製PCにバンドルされたOS)は利用できません。
※アップグレード版は未検証です。

プロダクトキーの認証が通ると、以下の画面になります。
言語を指定
▲クリックで拡大
言語を指定して「確認」ボタンを押します。

同じページ上に ダウンロードリンク が現れます。
ダウンロードリンク登場
▲クリックで拡大
32bit版、64bit版、両方のダウンロードリンクが登場します。
24時間経つと、このダウンロードリンクは消滅します。ダウンロードしたい場合は、(プロダクトキーの入力も含めて)時間に余裕のある時に行いましょう。

スポンサー リンク

インストールメディア作成方法

  • 入手したISOファイルは、ImgburnなどでDVDインストールメディアとしてライティング可能です。
  • USBブート可能なメディアや外付けHDDからブートしたい場合はWindows 7 USB/DVD Download Toolを使うのが便利です。

このページの本文は以上です。
以下はおまけです。

Windows8.1のISOをダウンロードしたい場合

以下のリンクからダウンロード可能です。
https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows8
▲こちらはプロダクトキー不要。
上記ページでは、「ISO、USB用インストールファイルの両方がダウンロード可能」なメディアクリエイションツールを配布しています。
サイト内解説ページはこちら

おまけ その2

初出時にこのページで紹介していたURLは以下です。
http://www.microsoft.com/en-us/software-recovery
現在は、上記ページは消失しています。

また、ISOファイルが入手できるのはリテール版(パッケージ版)のみで、DPS版やOEM版、アップグレード版のプロダクトキーではISOファイルはダウンロード出来ないものでした。

初出時の資料
ダウンロードページのスクリーンショット
Microsoft Software Recovery

プロダクトキー入力画面
プロダクトキーを入力し、Windowsの言語を指定
プロダクトキーを入力、Windowsの言語を指定し、[Next]ボタンを押します。

このページの情報は以上です。
2015年2月の公開当時は、ISOファイルの入手はリテール版ユーザーのみの特権でしたが、いつの間にか制限緩くなっています。良かったですねえヾ(*´ー`*)ノ