このページについて

Windows 10 Fall Creators Update (バージョン1709) で削除または非推奨となる機能のリストが公開されていたのでざっくり翻訳&メモ更新。

 プライバシーポリシー / 免責事項

2017年10月17日リリース予定の Windows 10 Fall Creators Update (バージョン1709) で削除または非推奨となる機能のリストが、Microsoftから公開されていたのでメモ更新です。

Microsoft の該当ページ

このページは 2017年7月下旬にはすでに公開されていたようで、7月24日~7月31日にかけて様々なITメディアで取り上げられていたようです。

なので今回の更新は、かなり今さらな更新です。
(この当時、私はサイトのHTTPS化のお勉強をしてて全くのノーマークでした)


以下、本題。
Windows 10 Fall Creators Updateで削除される機能、非推奨となる機能リストです。

注意すべき点

まずはじめに、上記リンクにあったリストの中から、個人的に気を付けたほうが良いな、と思った部分を先に抜粋。(※緑文字は個人的感想)

個人的に気になったのは以上。

以下、残りの部分のざっくり訳。

スポンサー リンク

Fall Creators Updateで削除される機能

  • Outlook Express
    • レガシーコードの互換性が無く、すでに機能していないため。
    • ※Outlook ExpressはIE6の時に標準でメールボタンが実装されていたヤツ。この頃はよくブラウザがハイジャックされて勝手にメーラーが起動してた。
  • 3D Builder
    • ペイント3D と プリント3Dの利用を勧めている。
    • 3D Builderは引き続きWindowsストアからダウンロード可能
  • スクリーンセーバー
    • グループポリシーやコントロールパネルなどから呼び出せなくなる模様。
    • スクリーンセーバー機能自体は残ると思われるが、ロック画面の機能やポリシーが優先されるようになる。
  • リーダーアプリ
    • Microsoft Edgeに統合されるため廃止。
    • 標準ではインストールされていない、ストアアプリから入手するヤツ。
  • Windowsリーディングリスト
    • Microsoft Edgeに統合されるため廃止。
    • Windows 10 Mobileにのみ対応してるヤツ。
  • Syskey.exe
    • セキュリティとしての有効性がないため廃止。
  • TCPオフロードエンジン
  • Tile Data Layer
    • タイルストアに置き換えられる
  • TPM所有者パスワード管理
    • このレガシーコードは削除される

Fall Creators Updateで非推奨となる機能

  • MSペイント
    • これは結話題になった。
    • 反響が大きかったためかWindowsストアで提供される予定に変更された。
    • 機能はペイント3Dに統合されている。
  • Windows PowerShell 2.0
    • アプリケーションとコンポーネントは、PowerShell 5.0以降に移行する必要あり。
    • ※Windows 10 バージョン1703のPowerShellはバージョン5.1
  • 同期の設定
    • 将来のリリースで現在の同期プロセスのバックエンドストレージが変更されるため。
    • Enterprise State Roamingと他のすべてのユーザーには、単一のクラウドストレージシステムが使用される
    •  [設定を同期する]オプションと[エンタープライズステートローミング]機能は引き続き機能する
  • IIS 6管理互換性
    • 代替スクリプトツール、新しい管理コンソール (IIS7.0以降) の使用を推奨
  • IISダイジェスト認証
    • 代替の認証方法を使用することを推奨。
  • IIS用のRSA/AES暗号化
    • CNG暗号化を使うことを推奨
  • TLS RC4暗号
  • TPM.mscおよびTPMリモート管理
    • 将来のリリースで新しいユーザーインターフェイスに置き換えられる。
  • TPMリモート管理(レガシーコード)
    • このレガシーコードは、将来のリリースで削除される予定。
  • System Center Configuration Managerを使用したWindows Hello for Businessの展開
    • ADFS (Active Directoryフェデレーションサービス) の利用を推奨

参考リンク

このページは以上です。