このページについて

GM5にオールドレンズを取り付けて、ローライト撮影したらどうなるのか・・・?を検証。

 プライバシーポリシー / 免責事項

デジカメGM5のお話です。
レンズの絞りが手動操作のみのレンズ(オールドレンズ)を取り付けて、ローライト撮影したらどうなるのか・・・?を検証してみました。

LX7 Sモード、SS1/60、ISO6400
▲クリックで拡大
近所の街灯が点いている所で、どの位の設定で、どのくらいの明るさで写るのか?をチェックしています。

検証に使ったカメラ機材

検証に使ったのは GM5 + NFD 35-105mm F3.5 + Speed Booster。
GH4でMF練習を繰り返し、「ひょっとすると舞台撮影の時に使えるかも?」という自信が沸いて来たので、GM5の暗所撮影時の性能チェックを兼ねたテストを行っています。

設定メモ

オールドレンズを付けた場合、カメラ側から露出補正が設定できないモードがあるので、カメラの設定は
 ・露出優先モードか
 ・フルマニュアルモード

にする必要がある。

個人的な予想

個人的には、「クリエイティブ動画」ではなく、「写真Aモード」+「フリッカー低減モード」の組み合わせで上手く撮影すれば、ISO オートが作動するので上手く撮影出来るだろう、と思っていました。

しかし、結果は微妙。
極端なローライト環境で撮影する場合、「クリエイティブ動画」の方が僅かに増感してくれる様で、明るい絵が取れるようになりました。

以下、その結果です。

スポンサー リンク

テスト結果

テストに使った機種はLumix GM5
※「ハイライトシャドウ+2/-2」の設定をしているので、シャドウが幾分持ち上がっている。
レンズはNFD 35-105 F3.5+SpeedBooster(F2.5相当)
※マニュアルフォーカスしてるのでピントはお察しレベル。

クリエイティブ動画Sモード、SS60 / F2.8 /ISO3200
GM5 SS60 / F2.8 / ISO3200
▲クリックで別窓表示
おお、想像よりかなり明るい。
 ・LX7のF2.3 ISO6400より明るく感じる。

GH3の撮影データは以下(中央部切抜きデータ)
GH3の撮影データ(LED灯時代)
▲クリックでピクセル等倍拡大
SS30/F2.8/ISO6400 / PORT -2/-2/-2/0/0 / iDレンジ中か強
カメラ設定(SSとISO)が違うけど、明るさ的には同じ。

ちなみにカメラ側で露出調整の出来ないオールドカメラを「クリエイティブ動画Sモード」で撮る場合、カメラの露出補正は効かない。
(ちなみにSS30 にするとここまで明るくなる)

通常の動画(絞り優先)モード+フリッカー低減(SS60)、F2.8 / ISO3200
GM5(絞り優先)モード+フリッカー低減(SS60)、 F2.8 / ISO3200
▲クリックで別窓表示
あれ?クリエイティブ動画モードと比較して少し暗くなった?
と思いつつも、過去のGH3やLX7のデータと比較した場合、このカメラ設定と街灯の明るさの場合は、この明るさが予想と一致するレベルの明るさ。
また、撮影中はモニタが真っ暗になり、(右上の電灯以外は)何が写っているか確認できない状態になった (スチルで撮った時と同じ明るさになってしまう)。
撮影は無理。

クリエイティブ動画モードは何故明るくなるのか?

GH4と同じように、クリエイティブ動画モードで撮影する時は、極端なローライト環境では複数枚のフレームを重ね合わせて増感している模様です?

極端な露出不足に設定して、動画撮影中にカメラを激しく揺らしてみる
GM5の極端に露出不足な時の画像
▲クリックで拡大

GM5もGH4も、5枚のフレームを重ね合わせているようです。
詳細は別ページ「GH4の極端なローライト撮影時の性能チェック」の下段に記載。

ブラー量についての補足

GM5の設定はISO3200、ハイライトシャドウ+2/-2、コントラスト-5、
GH4の設定はISO6400、ハイライトシャドウ+2/-2、コントラスト-5、マスターペデスタル+15。
ISOとマスターペデスタルの分、GH4の方が大きく増感しているので、余計にブラーが目立つのかも知れない。

写真Aモードの動画は、何故プレビューが暗くなるのか

話は元に戻って、GM5の話。
動画撮影した場所で、動画と同じ設定でスチルを撮影すると以下の様になる。

サンプル:静止画撮影、SS60 / F2.8 /ISO3200
GM5で撮った写真静止画撮影、SS60 / F2.8 / ISO3200
▲クリックで拡大
同じ設定でも、スチル撮影だとスゲエ暗い。

写真撮影したデータと、動画撮影したデータで(カメラの設定は同じなのに)出てくる明るさが全然違う。
(これはGH3やLX7でも同様の結果だった)
写真の絞り優先モード+フリッカー低減(SS60)」の動画撮影中の場合、液晶モニタは、この明るさで表示されている模様。

静止画撮影のRAWを補正
GM5 静止画撮影のRAWを補正
▲クリックで拡大
ビデオと同じような絵になるよう弄ってみた。
動画撮影時は、露出が足りなくなるとカメラ側で増感されるらしい。
(どういう基準なのか、どういうアルゴリズムなのかは調査せず)

結果

  • 極端に暗いシーンを含んだ舞台撮影の場合は、やっぱクリエイティブ動画に限る。
    • 写真Aモードの場合、フレーム合成による増感がなく、クリエイティブ動画モードより暗い。
    • また、写真Aモードの場合は、動画撮影中の液晶のプレビューが (写真撮影時のプレビューとなり)、真っ暗になる
    • クリエイティブ動画A優先モードはシャッタースピードの調整が出来ない
    • クリエイティブ動画S優先モードは露出補正が効かない(±0EVで固定)
  • オールドカメラを使った場合、露出補正が効かなくなる事に一抹の不安を覚えるが、何とかなるだろう、と予測。
  • 以前のローライト性能チェックの結果と比較すると、GM5(GX7のセンサー)はISO3200でも結構頑張っている。予想したよりチョットだけ明るく撮れそう。
  • 写真撮影とビデオ撮影では、同じF値、SS、ISOで撮れる絵が全然違う場合がある。撮影モードによっては、撮影中のデータがモニターにプレビューされない場合がある。(静止画モードの時は、プレビューされた画と記録される画の明るさが異なる場合がある感じ)

今回の更新は以上。

おまけ:テスト場所

以下は以前にも書いた情報です。

以前のローライト性能チェックと同じ場所でテストを行いましたが、街灯がLED照明に刷新されたらしく、光量が約2倍になっています。
過去のテストとの厳密な比較対象ができなくなってしまった・・・('Α`)

以前(2013年7月)のデータ 
LX7 Sモード、SS1/30、ISO6400
▲クリックで拡大
LX7 ISO6400 / 絞りF2.3 / SS 1/30

今回の撮影データ 
LX7 Sモード、SS1/60、ISO6400
▲クリックで拡大
LX7 ISO6400 / 絞りF2.3 / SS 1/60

過去のデータと比較できなくなったのは非常に痛い。
まあ、仕方が無い。「見た感じより明るく写るか?」と「個人的な経験則」を基準に判断しよう。