Google Chromeが Ver41 に更新され、UI部分にもデフォルトで DirectWrite が適用されるようになりました。

Google Chrome 41のUIフォント
Google Chrome 41のUIフォント
▲クリックで拡大

上図の様に、

という感じで、ユーザーによっては大きく違和感を感じたり、使いにくくなったり、という現象が発生しています。

これが気に入らない場合、
DirectWrite無効化し、元の表示に戻す事も可能です。
DirectWrite無効化し、元の表示に戻す方法
▲クリックで拡大

このページでは、Google ChromeのUI部分の DirectWriteを無効化する手順を紹介しています。

元に戻す方法

Google Chromeのショートカットを作成し、ショートカットリンクに「--disable-directwrite-for-ui」というパラメータを付加すれば、UI部分のDirectWriteを無効化できます。

  • 変更前
    "C:\Program Files (x86)\Google\Chrome\Application\chrome.exe" 
  • 変更後
    "C:\Program Files (x86)\Google\Chrome\Application\chrome.exe" --disable-directwrite-for-ui
    ※--の前に半角スペースが必要。

画像付き手順

ショートカットのプロパティを開くには、右クリックを使う。
DirectWrite無効化し、元の表示に戻す方法
▲クリックで拡大
タスクバーにピン止めしたメニューを変更したい場合は、上図の様に2回右クリックを行います。

パラメータを追加する場所
DirectWrite無効化し、元の表示に戻す方法
▲クリックで拡大
「ショートカット」タブを開き、「リンク先」の項目に「--disable-directwrite -for-ui」というパラメータを付加を付加します。
(--の前に半角スペースが必要です。)