UEFI の Fast Boot についてメモ

UEFI PC の「Fast Boot」とはどんな機能なのか?この機能を無効化するのはどういう状況の時か?「Fast Boot」と「高速スタートアップ」は何が違うのか?などの解説を行ったページです。

uefi,fast bootなどについて。

UEFI の Fast Boot についてメモ

2016.12.03: サイト内の別ページと重複する箇所の削除&リンクの追加

UEFI PC の「Fast Boot」とはどんな機能なのか?
この機能を無効化するのはどういう状況の時なのか?
注意すべき点はどこか?などの解説と、
このページを作成するにあたり改めて調べた情報のメモを残したページです。

Fast Bootの設定を変更する方法

別ページで紹介しています。
ASUS P9X79 Deluxeの UEFI / BIOS 画面
 → UEFI の Fast Boot を無効にする手順
 ※最近のPCの場合、通常は Fast Boot は初期設定で有効になっているため、「無効にする」という手順で紹介しています。

Fast Boot とはどんな機能なのか?

 ざっくり書くと以下。
  • Fast Boot とは、PCの電源を入れた時や、Windows を再起動した際に、BIOSレベルのドライバ初期化などを最小限にとどめ (省略できる所は省略する)、PC起動時のPOSTにかかる時間を短縮する機能。
    • ※POSTとは
      Power On Self Test の略。
      PCの電源ONやリセットを行った時、UEFI・BIOSが行うセルフチェック。接続されたデバイスにアクセスし、初期化やエラーチェックを行う。
    • 詳しいお話が知りたい場合は Power On Self Test - Wikipediaを読んでみる。または「Power On Self Test」で検索してみる。
    • Fast Bootが有効になっていると、マザーボードおよび接続デバイスの UEFI専用領域に保存された情報を利用し、このチェックの大部分をスキップする。

  • @ITさんのこのページを引用すると、以下のような機能を利用できる。
    (マザーボードにより異なる)
    • ロゴ表示の無効化
      起動時にシステムの構成情報やマザーボード、システムのロゴなどを表示する機能を無効にする
    • ファームウェア設定画面の呼び出し機能の無効化
      システムによっては、起動時に[F2]や[Del]キーを押すとファームウェア設定画面に入るようになっているものがあるが、この機能を無効にする
    • ディスクのスピンアップ待ち時間の省略
      ハードディスクは起動に時間がかかるし起動時は消費電力も大きいため、ディスク1台ごとに例えば3秒とか5秒程度待つように設定されていることがある。電力的に問題がなければ0秒に設定する。SSDならディスク待ちは不要である
    • キーボードやマウス以外のUSBデバイスの不検出
      USB に接続されたデバイス(および拡張カードなど)は起動時のスキャンに時間がかかるため、これを抑止する。ただし全てのUSBデバイスを不検出にするとファームウェア設定画面でキーボードやマウスも使えなくなるので、必要ならキーボードやマウスだけは有効にしておいてもよい。なおシステムによっては「電源断後(強制的な電源切断後)は通常ブート」という選択肢があるので、それを選択しておくとよいだろう
    • レガシーBIOSの完全無効化
      互換性のために(非UEFI対応OSのインストールなど)、レガシーBIOSも一部有効にしていることがあるが、他のOSをインストールするつもりがなければ、レガシーBIOSを完全に無効化し、UEFIのみを有効にする
    • 非ブートデバイスの不検出
      システムに登録されているブートデバイス以外のディスクのスキャンを止めると、無駄なスキャンを抑止できる
    • ネットワークブート機能の無効化
      ネットワークからブートコードをダウンロードして実行するPXEブートなどの機能を無効にすることにより、ネットワークスタックの処理を省略する
    引用元: Windows 8.1クロスロード:第9回 UEFIサポートとセキュアブート (1/2) - @IT
  • Fast Boot の作動条件など
    • Windows は UEFI (GPT) でインストールされていることが必要。
    • 内蔵機器・周辺機器がUEFIに対応していることが必要。
    • Windows 8/8.1/10 の場合、POST通過時間をほぼゼロにできる。
    • Windows7 でも一部は作動する。ただしあまり高速にはならない。
  • 似たような機能に「高速スタートアップ」というものがある。
    ただし、これは別物。混同しない。

Fast Boot を無効にするのはどんな時か?

以下のようなケースでは、Fast Boot は無効にしておくのがお勧め。

  1. PCパーツを交換する時
  2. BIOSのアップデートする時、ストレージやLANカードなど、内蔵機器のファームェアをアップデートする時。
    ※PCパーツ認識しなくなってコンセント引っこ抜き完全放電が必要になった経験あり
  3. PC起動時に F2キー や DEL キー を使って BIOS画面に入りたい時
    (Fast Bootが有効になっていると この操作はできない)
  4. UEFIに未対応な古いハードまたはドライバを使っている場合
  5. その他、PCトラブルが頻繁に発生する場合
    (根本的な解決にならない場合でも問題の切り分けができるケースがある)
    • スリープ復帰に失敗しやすい、PCの起動に失敗しやすい場合など。
    • Windows Update や Windows のアップグレードで、モニタが真っ黒になって何も映らなくなった事がある。(マウスカーソルすら表示されない場合は、UEFIに未対応なデバイスが存在する可能性がある。CSM や Fast Boot の設定を変えてみる)
    • Windows 10/8.1 マシンで (USB機器を含め)古いPCパーツを使っていて、かつPCトラブルが発生しやすい場合。
    • ※注意:
      Fast Boot 有効/無効に関係なく、Windows 10 November Update (2015.11リリース)までは正常作動していた周辺機器でも、Anniversary Update (2016.08リリース) でスリープ復帰が正常作動しなくなったハードもあります。注意しましょう。

チェックポイント

Fast Bootを無効にしたら、念のため 高速スタートアップも無効にします。
(以下、「高速スタートアップ」の話題も絡めたお話になります。)

「Fast Boot」と「高速スタートアップ」、この両方もしくはいずれか一方が有効になっている場合、BIOS設定やハードウェア構成を変更するとWindows が正常に起動しなくなる場合があります。

このページの情報は以上です。

「Fast Boot」と 「高速スタートアップ」の違いについて

詳細は別ページに移動させました。
 → Fast Boot と 高速スタートアップ は別の機能

マザーボードの「Fast Boot」とWindowsの「高速スタートアップ」は、どちらもPC起動時の初期化を簡略化して高速起動させるものですが、この2つは別物なので 混同しないようにしておきましょう。

リンク先のお話のポイント
  • 「Fast Boot」はマザーボードの機能
  • 「高速スタートアップ」はWindowsの機能。
  • BIOS設定やハードウェア構成を変更したい場合は特に注意。

外部参考リンク

このページを作成するにあたり、一部参考にしたページなど。
※ Windows 8~8.1 時代の古めのリンクが多い。



次のページへ
前のページへ
UEFI の Fast Boot についてメモ
TOPページへ

コメント(多忙中のため休止中) C[0] T[0]

人気ブログランキング
このブログを応援する・このブログに寄付する
mona:MEmMcKYAWfdX1r3XkoWBoweJTSjtDgdqRo
btc :1342ndtQDJ3NKkTw1BfP8AD4xMy8NJ4kWb


サイト内おすすめページ
スポンサー リンク

 

関連記事(ぜんぶ見る>> UEFI
UEFI/GPTインストールしたWindowsのブート領域の復旧方法
Windows10で「F8キー連打」でセーフモードを起動する方法
UEFI/GPT形式で、自分で予約パーティションを切ってWindowsをインストールする
UEFIやセキュアブートの勘違いしやすい設定29個 まとめ

※コメント欄の一時休止中につき、Monacoin企画も休止中です。
KDDIレンタルサーバ a8a8 KDDI-SLI
次のページへ
前のページへ

更新日 2016/12/03(2016年11月公開)このページはリンクフリーです

カテゴリ(メニュー)

スポンサーリンク


このページ

Amazon

Amazon 日替わりタイムセール
サイト内検索
Special Thanks (TOP15)

Amazon
リンク集
楽天市場/ブログランキング
a8 a8