Windows 7/8 およびWMP12の動画再生に最適化されたフリーのコーデックパック、「Shark007 STANDARD Codecs」の紹介です。
旧ページタイトル「Windows8用に最適化されたコーデックパック、Windows 8 Codecs」

Windows 8 Codecs
▲Standard Codecsの管理画面
これをインストールすれば、Windows 8標準のWindows Media Playerでも、あらゆる動画の再生が可能になります。H264やAVCの hi10p / 10bit カラーにも対応しています

現在では、Win8Codecs と Win7Codecsは統合され、Standard版とAdvanced版の2つに分かれています。

ダウンロード

 ・Standard Codecs for Windows 7 / 8(旧Win8Codecs)
 ・Advanced Codecs for Windows 7 / 8(旧Win7Codecs)
※現在(v4.7.0)は、32bit版と64bit版は一つのパッケージにまとめられています。
※XP/Vistaユーザー用に
Codecs for Windows XP and Vistaも用意されています。

インストール方法

別ページで詳しく解説しています。
 ・Shark007 Codecs (旧 Win7Codecs / Win8Codecs)のインストール方法

注意
Shark007のコーデック管理方法は個人的には非常に気に入っているのですが、最近はアドウェア満載のツールになってしまいました。英語が苦手な人は利用は避けるべきソフトです。
まずはCCCPなどのコーデックパックを試してみて、機能に物足りなさを感じた場合に挑戦してみてください。

Win7Codecs との違い (Standard版/Advanced版の違い)

  • Standard版・・・・従来のWin8Codecs
    lav filtersもしくはMicrosoft codecsのみで殆どの動画再生を可能にしています。Haali、FFDshow、Gabest などのフィルター・スプリッターを利用していません。
    比較的簡単に動画再生の設定を行えます。
  • Advanced版・・・・従来のWin7Codecs
    スプリッターにHaali、FFDshow、Gabest などを実装しています。
    rm ,mov, ogg などの再生設定も変更可能になります。
    動画再生に色々とこだわりたい人向けのコーデックパックです。

主な機能(STANDARD版)

  • Windows 7/8 用のコーデックパック。フリーソフト
  • ほぼ全ての動画・音声形式が、Windows Media Player 12で再生可能になる
    amr | mpc | ofr | divx | mka | ape | flac | evo | flv | m4b | mkv | ogg | ogv | ogm | rmvb | xvid
  • h.264 MP4 動画のGPU再生支援機能あり
  • Haali、FFDshow、Gabest などのフィルター・スプリッターを利用しなくてもMP4の再生が可能になる。
  • 32bit LiveTVなど、PDVD12デコーダーとの相性で問題が発生していた一部のアプリケーションが正常に使えるようになる。
  • FLVや10bitカラーの MKVファイルなどが、
     ・サムネイルが表示されるようになる。
     ・エクスプローラーのプロパティ表示が出来るようになる。
     ・Windows Media Player リストに追加できるようになる。
  • インストールした各コーデックを個別に有効/無効の選択が出来る

 

Standard Codecsの設定

設定の変更には(部分的に)管理者権限が必要です。
Settings Application を「管理者として実行」を選んで起動しましょう。
また、設定終了後はPCの再起動を行うのが無難です。(常駐プログラムがコーデックやスプリッターを使用していると、Shark007 Codecs の設定が反映されない)

Windows8の場合
Standard Codecsの設定画面
▲クリックで拡大
上図のように操作して管理者として実行します。

簡易設定方法
簡易設定方法
▲再生環境がおかしくなった場合は、左下の「Reset ALL」で設定を初期値に戻すことが可能です。
また、下段の「Shark007 Suggested Setting」を選択すると、自動的にツール側でオススメの設定に変更できます。特殊な再生環境を構築したいと思わない限り、このオススメ設定を利用しておけば十分です。

各種設定画面
簡易設定方法
▲Shark007 Standard Codecsが内包したコーデックやスプリッターの構成を一元管理できます。

Standard版では、サムネイル作成の指定、LAV Filterの指定、字幕(VobSub)の指定、レンダラーにEVRを利用するかどうかなど、必要最小限の設定が行えるのみになっています。

簡易設定方法
▲動画の分析や、プレイリストの作成、Windowsの各種タスクへのアクセス、WMPライブラリの再構成など、Shark007 Standard Codecsが持っているその他の機能へのアクセス画面。

スピーカーやオーディオ関連の設定
▲スピーカーやオーディオ関連の設定はここから指定します。

AVI、RMファイルの再生設定
▲AVIファイルの再生設定はここから。スプリッタの切替機能のみで、Standard版では大した変更は出来ません。

H.264形式の動画
▲H.264形式の動画を再生する際、どのデコーダーを利用するか指定可能です。

mkvコンテナの動画
▲mkvコンテナの動画を再生する際、どのスプリッタを利用するか指定可能です。

mpgやmp4を再生
▲mpgやmp4コンテナを再生する場合の指定

その他の設定項目
▲その他の設定項目

ヘルプ画面
▲コーデック類の[Enable/Disable List]が地味に便利です。
また、アンインストールはこの画面から行いましょう。
(64bitアドオンをインストールしている場合は先にアンインストールする事。またコントロールパネルから削除すると、時々おかしな事になり、アンインストールできなくなる。)(現在は64bitアドオンは統合されているので、このような注意を払う必要はありません)

 

サイト内関連ページ

 ・Shark007 Standard Codecs(旧Win8Codecs)
 ・Shark007 Advanced Codecs(旧Win7Codecs)
 ・Shark007 Codecs (旧 Win7Codecs / Win8Codecs)のインストール方法
 ・何でも再生!おすすめコーデックパック 一覧
 ▲Windowsで利用される代表的なコーデックパックをまとめて紹介しています。