2016.12.23: 12/21に配布されたINTEL - Systemについてのメモ
2016.12.19: ネット接続できない問題にMicrosoftのリンクを追加

2016.12.23追記分

12月21日に一部環境に配信された「INTEL - System - 8/19/2016 12:00:00 AM - 10.1.2.80」はインストールを控えた方が良い、という情報が出ています。

追記分おわり。
以下、12月9日~12月19日記載分

 

2016年12月9日および 12月14日に公開されたWindows Updateで発生する不具合やトラブルの情報をまとめたページです。
※Windows 10 の KB3206632 はかなり問題がありそうなので、ページタイトルに「不具合」追加しました。

現時点では、Windows 10 RS1 (Anniversary Update) の 情報のみ掲載しています。

今月分の主なトラブル

 このページに記載された内容

ネットに繋がらなくなる

一部のWindows10マシンで発生。
すべての環境で発生するものではない。

解決方法

HDDが100%になる、PCが非常に重い

一部のWindows10マシンで発生。
すべての環境で発生するものではない。

対象: Windows 10 Anniversary Update

  • 12月 9日配布の KB3201845、
  • 12月14日配布の KB890830、KB3209498、KB3206632

これらをインストールした後、CPU や HDD に異様に高い負荷がかかり、PCが重くなる現象が発生しているようです。
(手元のPCでは一切発生しないのでチョット不明。SSDの場合発生しない?)

対処方法

  1. 「タスクマネージャー」>「サービス」から「DiagTrack」を停止させる
  2. 「windowsエラー報告プログラム」を停止させる
  3. 「Microsoft One Drive」を停止させる
  4. 「コントロールパネル」>「電源オプション」で「高パフォーマンス」を選択する

「1.」 で回復するケースが大半のようです。
※「1.」と「2.」は以下 このページ内に手順解説あり。

1.「DiagTrack」を停止させる

一時的に停止する手順
「DiagTrack」を停止させる
▲クリックで拡大
「タスクマネージャー」>「サービス」> DiagTrack を探して右クリック>「停止」を選択する

無効化する手順 (非推奨&自己責任)
Connected User Experiences and Telemetry
▲クリックで拡大
「サービス」を起動する> 「Connected User Experiences and Telemetry」を探してダブルクリックする。

Connected User Experiences and Telemetryを停止させる
▲クリックで拡大
「スタートアップの種類」で「無効」を選んで「OK」を押す。

2.「windowsエラー報告プログラム」を停止させる

※この対処方法が使えるのは Pro版のみです。(非推奨&自己責任)

グループポリシーエディタを利用します。
Connected User Experiences and Telemetryを停止させる
▲クリックで拡大
「gpedit.msc 起動」>「管理者用テンプレート」>「Windows コンポーネント」>「Windows エラー報告」>右窓の「Windows エラー報告を無効にする」を開き、「無効」を選択する > 念のため、PCを再起動する。

個人的な予測

Windows 10 をクリーンインストール、もしくはアップグレードした直後に発生するメチャメチャ重い自動メンテナンスが作動しているんじゃないかなあ・・・・と予測しています。

このケースに該当しているのであれば、

  • 一時的に「DiagTrack」と「自動メンテナンス」を停止させる
  • PC作業を一通り終わらせる
  • PCを使わない時間帯に手動で自動メンテナンスを実行し、半日ほどPCをそのまま放置する
    (1~2時間放置を何度か繰り返してもOK)

という手順がお勧めです。

自動メンテナンスの手動停止&手動実行
セキュリティとメンテナンス
▲クリックで拡大
「コントロールパネル」>「セキュリティとメンテナンス」>「メンテナンス」で自動メンテナンスが表示されます。
「メンテナンスの開始」・・・・自動メンテナンスを手動で開始できます。
「メンテナンスの停止」・・・・自動メンテナンスを手動で停止できます。

 

サイト内関連

予防方法

  • 自動メンテナンスを定期的に行う
  • ディスククリーンアップまたは CCleaner などを使って「ウィンドウズ エラ-報告」と「ウィンドウズログファイル」を削除する

効果があった場合は、ディスククリーンアップまたはCCleaner などを使って「ウィンドウズ エラ-報告」と「ウィンドウズログファイル」を削除することで問題が再発しにくくなります。
CCleaner

サイト内関連