このページについて

メモリ と ページファイルを極限まで小さくしてみた.NET Framework 4.6.1 スタンドアローン版のインストールテストなど。

 プライバシーポリシー / 免責事項

メモリ と ページファイルを極限まで小さくして「.NET Framework 4.6.1 スタンドアローン版」のインストールをした結果をメモしたページです。
ちょっと個人的な覚え書きの要素が強いページとなります。

ダウンロードは以下から
.NET Framework 4.6.1 ダウンロード

インストールに必要なシステム要件は以下
.NET Framework システム要件
CPU 1GHz
RAM 512 MB
ディスク容量 (最小)
32 ビット 850 MB
64 ビット 2 GB
Windows 7の場合、SP1以降

Windows7無印にインストール

Windows7無印にインストール
▲クリックで拡大
インストールできない。これはまあ、当然の結果か。

Windows7 SP1にインストールする場合

「Windows Update エージェント (7.6.7600.320以降)」をインストールし、かつ1度 PCのシャットダウンをしなければ、.NET Framework 4.6.1のインストールは出来なかった。
※スクリーンショット失念

メモリ と ページファイルを極限まで小さくしてみる

x86版 Windows7 SP1(VMware上)で、
メモリ 1GB、ページファイル を「出来るだけ小さな設定」にしてみる。
Windows7無印にインストール
▲クリックで拡大
VMwareにWindows7をインストールした場合、ページファイルを200MB以下に設定すると上図のような警告が出る。

という事で、ページファイルを200MBに設定してみる。

スポンサー リンク

メモリ1GB、ページファイル200MBの場合、「メモリ不足」の警告が出て.NET Framework 4.6.1のスタンドアロン版がインストール出来ない。
.NET Framework 4.6.1のスタンドアロン版がインストール出来ない
▲クリックで拡大
上の検証はWindows7 SP1をクリーンインストールした直後。
この場合でもメモリは足りないらしい。

同じ条件でめげずに再チャレンジ
.NET Framework 4.6.1のスタンドアロン版インストール
▲クリックで拡大
ちょっとだけ常駐ソフトを削除して、再起動直後にインストールしてみた所

スタンドアロン版 .NET Framework 4.6.1が、メモリ1GB、ページファイル200MBの環境でもインストール出来た。
どうやらギリギリのセンらしい。