このページについて

Classic Shellを使ってWindows8にスタートボタン・スタートメニューを表示させる方法の紹介、様々なカスタマイズも可能です。

 プライバシーポリシー / 免責事項

Windows8.1マシンにWindows 2000/XP/7のようなスタートメニューを復活させたり、スタートボタンをカスタマイズできるツール、Classic Shellの紹介です。

Windows8.1に Classic Shellをインストールすると、
スタートメニューを以下の様に変更できます。
Classic Shell
▲クリックで拡大

Classic Shellは、従来のWindowsのようなスタートメニューを復活させるだけでなく、Windows8.1の様々な機能を強力にカスタマイズする事も可能です。
また、Windowsスタート画面を自動でスキップできるのも、地味に嬉しい機能です。

Classic Shellで可能なカスタマイズ一覧、設定画面一覧

Classic Shellには、Windowsの様々な部分をカスタマイズできる機能が搭載されています。

以下画像、クリックすると原寸大に拡大されます。
(日本語化した後の)Classic Shellで設定可能な項目の一覧です。
スタートメニューの変更 左クリック時の作動 カラムの表示項目 メインメニューの機能 一般設定 検索ボックスの挙動 メニューの外観 スキン スタートボタンのデザイン Windows8.1用の項目 スタートメニューのカスタマイズ コンテキストメニュー サウンドのカスタマイズ 
▲クリックで拡大

カスタマイズできる項目は、実に多岐に渡ります。

スポンサー リンク

ダウンロード

Classic Shell 
Classic Shell
▲2014年6月現在で、ダウンロードリンクは上記の所にあります。

※補足: 日本語版について
電机本舗 さんが日本語版 Classic Shell を公開しています。
しかし、Classic Shell がオープンソースとして公開されていたバージョン3.6.8までしかサポートしておらず、現在では古いものになっています。

Classic Shellを利用したい場合は、 公式サイトからファイルを入手するようにしましょう (公式サイトの最新版にも、日本語ファイルが用意されています)。

インストール

Classic Shellには、ごく一般的なインストーラーが付属しています。
ダウンロードしたファイルをダブルクリックして、数回クリックを繰り返せばインストールは完了します。
(不安な場合は 英語のソフトも怖くない!ソフトのインストール方法・ルールを学ぼう を参考にして下さい)

インストール時の補足
Finishをクリック
▲クリックで拡大
インストール時の最後のダイアログ画面は、上記の様になります。
ここでFinishをクリックすると、Classic Shellは自動的に起動します。

Classic Shellの日本語化

PC操作に慣れない人はチョット大変かもしれません。

まずスタートボタンを「右クリック」します
スタートボタンを右クリック
▲ここで「設定」をクリックします。

Classic Shellを日本語化するには、表示された設定画面で以下の操作を行います
Classic Shellの日本語化
▲クリックで拡大
※(5)の後にClassic Shellの再起動が必要になります。

  1. [Show all settings]にチェックを入れ、全てのタブを表示します。
  2. [Language]タブに切り替えます
  3. [Check for Updates]をクリックして、言語ファイルの更新をチェックします
    • 最新のファイルがあった場合、ボタンの右にリンクが表示されるのでクリックします
    • ファイルの更新が終了すると、以下のダイアログが出ます
      言語ファイル更新
      ▲クリックで拡大
      日本語ファイルを適用するには、一度Windowsからログオフする必要があります。
  4. Windowsからログインしなおしたら、
    もう一度Classic Shellの設定画面を開き、言語リストから「ja-JP - 日本語」を選択します。
  5. OKボタンをクリックします。
    • この時、以下のメッセージが出ます。
      Classic Shellの再起動
      ▲クリックで拡大
      これを日本語に訳すと、以下のようになります。
      Classic Shellの再起動2
      ▲クリックで拡大
      OKをクリックしてダイアログを閉じます。
  6. Classic Shellを一旦終了させます。
    • 終了は、スタートボタンを右クリックして行います。
      Classic Shellの終了
      ▲「終了」をクリックすると、Classic Shellは終了します。
    • Windows標準のスタートメニューから、再度Classic Shellを起動します。
      Classic Shell起動
      ▲クリックで拡大
      スタートメニューを「インストール順」でソートすると、目的のプログラムを発見しやすくなります。

Classic Shellを再起動すると、全てのメニューが日本語化されている事が確認できます。
Classic Shellの日本語化成功
▲クリックで拡大
無事日本語化が終わると、上記の様な画面になります。

Classic Shellの機能

Windows8に独自のスタートボタンとスタートメニューを表示できます。
Classic Shell設定画面-スタートメニュー
▲Classic Shell設定画面
メニューは
 ・クラッシックスタイル
 ・クラッシックスタイル(2カラム)
 ・Windows7スタイル
から、好みの表示方法を選択可能です。設定画面の「スタートメニューの様式」から簡単に変更可能です。

画面下「スタートボタンを置き換える」から、ボタンのデザインも変更可能です。

ショートカットメニューのカスタマイズ

「クラシックスタイル」にすると、Windows 2000~XP風にメニューをツリー状に表示する事が可能です。
ショートカットメニューのカスタマイズ
▲クリックで拡大
またドラッグ&ドロップによるフォルダやショートカットアイコンのカスタマイズも可能です。
・スタートメニューの第一階層にも、ドラッグ&ドロップでメニューを追加できる。
・メニュー内でショートカットのコピー&ペーストも可能。

と思ったら・・・
7風のスタートメニュー
▲Windows7風でも、ドラッグ&ドロップでメニューのカスタマイズ可能でした。
Classic Shell旧バージョンは、Windows 7スタイルにしてもメニューがツリー状に表示されていましたが、現在はWindows 7と同じスタイルで表示されるようになっています。

※注意
Windowsの「管理メニュー」や「アクセサリー」内部、「メトロアプリ」のショートカットは移動させないようにしましょう。予期せぬ不具合が発生する可能性があります。

Classic Shellの設定 変更方法

ClassicShellの設定変更
スタートボタンを右クリックすると、設定メニューがあるのでクリックします。

このページ冒頭で紹介した、多才なメニューにアクセス可能です。

スタートメニューの変更 左クリック時の作動 カラムの表示項目 メインメニューの機能 一般設定 検索ボックスの挙動 メニューの外観 スキン スタートボタンのデザイン Windows8.1用の項目 スタートメニューのカスタマイズ コンテキストメニュー サウンドのカスタマイズ 

 

 

Windows管理メニューへのアクセス / WindowsモダンUIへのアクセス

「Shiftキーを押しながらスタートボタンをクリック」する事で、Windows8.1標準のモダンスタート画面へアクセスが可能です。

また、タスクバーを右や上に置くと・・・・
ボタンの位置を変更する裏技
▲クリックで拡大
Classic ShellのスタートメニューとWindows本来のスタートメニュー両方へスムーズにアクセスする事も可能になります。

管理メニューへのアクセス
Windows管理メニューへのアクセス
▲Windows標準の管理メニューにアクセスしたい場合は、[Win]+[x]キーを利用します。ClassicShellが起動中は右クリックでアクセスは出来なくなっています。