このページについて

USB機器の安全な取り外しができない、アプリを全て終了させても、タスクマネージャーで疑わしい常駐アプリを終了させても安全な取り外しができない、何のアプリがUSBを利用中なのかわからない、という時のチェックポイント

 プライバシーポリシー / 免責事項

USB機器を取り外したいときに「USB 大容量記憶装置 の取り外し中にエラーが発生しました」というエラーが出てしまう、何のアプリがUSB機器を利用しているのかわからない、という時のチェックポイントを紹介したページです。

対象は Windows 10 / 8.1 です。

エラー発生時のダイアログ
USB 大容量記憶装置 の取り外し中にエラーが発生しました

エラーのタイトル

USB 大容量記憶装置 の取り外し中にエラーが発生しました

エラーの詳細

プログラムが 'xxxxxx USB Device' デバイスをまだ使用しているため、デバイスを停止できません。デバイスを使用していると思われるプログラムを閉じてから、再試行してください。

エラー発生時の状況

  • PCに接続した USBメモリ や 外付けHDD を、「安全な取り外し」で「USB機器を取り外し可能な状態」にしようとすると、「USB 大容量記憶装置 の取り外し中にエラーが発生しました」とエラーが出てしまう。
  • アプリを全て終了させても、タスクマネージャーで疑わしい常駐アプリを終了させても、安全な取り外しができない、何のアプリがUSB機器を利用中なのかわからない。

私の場合、犯人は「タスクマネージャー」だった

タスクマネージャー
犯人は「タスクマネージャー」
▲クリックで拡大

私はPCで作業する時、PCの各種状態をモニタリングするため、頻繁にWindows標準の「タスクマネージャー」を利用しています。
また、外付けHDDやUSBメモリが取り外せなくなった場合は、必ず「タスクマネージャー」を利用していました。

どうやらこの手順に問題があったようです。
手元のPC環境の場合、Windows10 / 8.1 マシンでは「プログラムがデバイスをまだ使用しているため、デバイスを停止できません。」というエラーメッセージが出るのは「タスクマネージャーが起動中」というケースが圧倒的に多く、またタスクマネージャーを終了させなければ、他のどのプログラムを終了させても「デバイスをまだ使用」のエラーは消えない状態でした。

このエラーが出た場合、かなりの確率で「タスクマネージャーを終了させる」だけで問題が解消しました。

「安全な取り外し」ができない時の手順

ということで、「デバイスをまだ使用」のエラーが出る場合は以下の順序で確認を行うと効率が良いです。

  1. タスクマネージャー を起動している場合、終了してみる
  2. エクスプローラーやIEを起動している場合、終了してみる
  3. USB機器を利用したアプリやプログラムを終了させてみる
  4. タスクマネージャーを起動していなかった場合、タスクマネージャーを起動&終了してみる
  5. まだエラーが解消しない場合、エクスプローラーを起動し、該当のデバイスを右クリックして「取り外し」を選択してみる
    • タスクトレイではなく、エクスプローラーから取り外しを行ってみます
  6. それでも解消しない場合
    PCを再起動してからUSB機器の安全な取り外しを行う

このページは以上です。