KP41病の歴史を振り返ってみる(2009年~2011年)

KP41問題の中で、2009~2011年頃によく発生したものの原因を推測しています。この問題は、Windows7リリース直後から一部では語られていたようです。

KP41病の歴史を振り返ってみる(2009年~2011年)

KP41問題の歴史を振り返り、「何が原因で」、「どういう経緯で」KP41問題という考え方が生まれたのか・・・? を考えてみるページです。

まず、KP41問題が生まれた大きなキッカケの一つとして、
「KP41エラーが発生するPCに、XPやVista(またはLinux系OS) をインストールすると、ブルースクリーンエラーや勝手に再起動する現象は発生しなくなる」というものがありました。

いつから発生していたのか

KP41エラーに関する問題は、私は2011年(SandyBridge登場)以降に広まった問題だと認識していましたが、実はWindows7が登場した直後から、一部ユーザーの間では問題になっていたようです。

  • 2009年11月
    Windows7 不具合報告スレ (初代)
    http://pc12.2ch.net/test/read.cgi/win/1256447372/
    321-323、363以降で「Kernel-Power イベントID:41」に関する話題が頻繁に出てくるようになる。
    VistaやXPでは落ちないPCが、Windows7にすると落ちる・・・という内容がメイン。
  • 2010年7月
    価格.com - 『kernel power 41エラーについて』
    この頃、既に
    ・USBのセレクティブサスペンドの設定をオフ
    ・PCI Express 「リンク状態の電源管理」をオフ
    ・プロセッサの電源管理」最小、最大とも100%にする
    ・Cool'n'Quietをdisable
    ・C1E Supportをdisable
    ・メモリ電圧を上げる
    などの方法は確立している。但し、全てのPC環境に通用するとは限らない、という認識もしっかりなされている模様。
    • 補足&注意
      この頃は、自作PCユーザーやハイエンドPCユーザーの間では問題になっていても、メーカー製PCやノートPCでは殆ど問題になっていない。
    • ハードウェア(特にマザーボードやCPU)の世代が変わっていると、この手の情報は通用しない場合がある。

初期(2009~2011年初頭)のKP41問題について

Windows7がリリース直後(2009年から、2011年前初頭まで)は、KP41関連の問題はたまに登場するものの、ほとんど問題になっていませんでした。

初期(2009~2011年初頭)のKP41問題の、原因について

この時期の「同じPCにWindows7をインストールするとブルースクリーンエラーが多発するが、XP/Vistaをインストールするとエラーが全く発生しない」という症状の原因は、その多くが非常に解りやすいものでした。

  • この時期は、Windows7がマルチスレッドやHTT(ハイパースレッド)の使い方が上手くなった事が一番大きな原因だと推測しています。
    • 参考リンク
      Core i7 で「Hyper Threading をオフにすると速くなる」は OS によっては正しくない! - Nire.Com
      • Windows XP/Vistaは、実はHTTの性能を十分に発揮できていなかった。
        (つまり、Windows XP/Vista時代は、PCがフル作動することは無かった。)
      • そういうPCにWindows7をインストールすると、ようやくCPUがフルに作動するようになった事で、安定作動の限界を突破してしまう例があった。
      • 余談
        ちなみにWindows7登場前は、HTTを切って使用するユーザーはかなり多く存在していました。
        (HTT有効にするとパフォーマンスの落ちるアプリやPC環境が多かったため。)
    • サイト内参考リンク
      Windows7とCore i7のHTテクノロジは相性が良いみたい
      私の場合、KP41問題とは無関係に上リンクの様な検証をしていました。
      • 同じマシンにWindows7とXPを入れた場合、Windows7の方がマルチスレッドやHTテクノロジーの使い方が上手く、高い処理能力を発揮する。
      • 私の手元のPC環境でテストした結果、Windows7の方が平均で10%、最大で20%パフォーマンスが上になった。
      • これと同時に、CPUへの負荷も高くなり、正常作動に必要な電圧が増え、発熱量も増えてしまい、XP時代と同じ設定ではBSoDが多発した。
      • BSoDが発生しない、安定作動の下限ギリギリの設定を探していくと、同じPCの場合、XPとWindows7 で処理能力は一緒になった。
    • サイト内参考リンク2
      Core i7のオーバークロック:Prime95だけじゃQPI vの限界が探れないよ編
      ※これはVistaやXPでも発生していた現象ですが、「当時のCPUの特徴」と言う事で、敢えてここに記載します。
      • CPU電圧が「コア電圧/QPI電圧」に分かれたCore i世代のCPUでは、Prime95などのベンチマークが通ってもゲーム系ベンチで負荷をかけるとブルースクリーンが発生する事が多くなった。
      • これも、気が付かない場合は謎のブルースクリーンに悩まされる事になります。

上記の様な理由で、「Windows XP/Vista ではギリギリ動いていたPCにWindows7をインストールするとKP41エラーが多発する」という状況は生まれていました。しかし原因は意外と分かり易いものだったので、問題視する人は少なかったように思います。

2009~2011年頃の主な対処方法

  • 「メモリ電圧を上げろ、電源を疑え、ハードの接続不良を疑え」・・・などの対処方法は、この時代のKP41エラーに対する情報です。
    当時はこれで解決していました。
  • 不安定な場合は省電力設定を切る、というTipsもこの頃から存在していましたが、通常の利用で不安定になるPC環境はほぼ皆無であり、オーバークロックしない人には無用な情報でした。
  • とりあえず「HTTの有無」や「オーバークロックで限界を目指す」系の話題を除けば、「XPやVistaと比較してWindows7の方が落ちやすい」という話が出る事はほぼありませんでした。

とりあえず、ゲーマー、PC自作er他、オーバークロッカーなど、PCに大きな負荷をかける人のPC環境しか問題にならず、解決策も比較的単純な時期でした。

 

この時代のメーカー製PC、ノートPCについて

この時代でも、メーカー製PCやノートPCでも上記の様な理由(Windows7の方がHTTを上手く使い、フルロード時の負荷が増えた事) でKP41問題は発生していたと思われます。

しかしこれらは、電源またはマザーボードが劣化していたか、元から粗悪品であったか、XPやVistaでの利用を想定し、電圧のマージンが小さめに設定してあったために(個体によるバラツキの下限では)KP41病が発生したのではないか?と推測しています。
残念ながら、そのようなPCではKP41病を克服することは出来ず、XPやVistaのまま利用するか、KP41エラーと付き合いながらWindows7 を利用するしかなかったと思います。

あとがき(私見)

新しいWindowsがリリースされた直後は、新OSではまともに作動しないPCが販売されるケースは多々あったと思います。

  • Windows95が登場した直後
    • Pentiumマシン、メモリ32MB以上でなければ満足に作動しなかったが、新品の486マシン、メモリ16MBマシンは意外と多かった。
  • XPやVistaが登場した直後
    • 前項と同様、前バージョン時代の 低クロック低メモリなPCに新OSを搭載、販売していたPCは多かった。
      その多くは操作が重く、満足に使用することはできなかった。
  • Windows7が登場した直後
    • 前バージョン時代の 安物電源、安物マザーでは満足に動かなかった。
    • OSに対しPCが非力だった場合、重くはならないが作動が不安定になった
    • 「スペックが足りていない部分」が目に見えにくい形となったため、正常に作動しないPCに頭をかかえるユーザーがいたと想像できる。

という感じで、OSが移行する過渡期のPCには、(ほとんど騒がれなかったけど) この時代も問題はあったのかもしれません。

 

今回の更新はここまで。
次回更新では、KP41問題がアチコチで語られるようになった2011~2012年頃のトラブルについて語ってみる予定です。

このカテゴリーの内容



次のページへ
前のページへ
KP41病の歴史を振り返ってみる(2009年~2011年)
TOPページへ

コメント(多忙中のため休止中) C[7] T[0]

人気ブログランキング
このブログを応援する・このブログに寄付する
mona:MEmMcKYAWfdX1r3XkoWBoweJTSjtDgdqRo
btc :1342ndtQDJ3NKkTw1BfP8AD4xMy8NJ4kWb


広告&サイト内おすすめページ

 

関連記事(ぜんぶ見る>> KP41病を疑うな
KP41病かな?と思った場合のチェックポイント(2015年版)
KP41病の再定義と対処方法 (2015年版)
「KP41エラー」=「KP41病/KP41問題」ではない
KP41エラー発生時のイベントビューアのチェックポイント

※コメント欄の一時休止中につき、Monacoin企画も休止中です。
簡単!4ステップでふるさと納税 amazon
次のページへ
前のページへ

更新日 2015/03/08(2015年02月公開)このページはリンクフリーです

カテゴリ(メニュー)
このページ

Amazon

Amazon 日替わりタイムセール
サイト内検索
Special Thanks (TOP15)

Amazon
リンク集
楽天市場/ブログランキング
a8 a8