2015.12.14: 同ツールをダウンロードできる別URLを追記
2014.11.15: USBメモリを利用する場合の注意点を補足

マイクロソフトから、Windows8.1のインストールメディアを作成できるツールが公開されました。
Create installation media for Windows 8.1
▲ツール配布および手順公開サイト

 

Windows8無印を購入し、8.1にアップデートした後で、8.1をクリーンインストールできるメディアが無いためにリカバリやバックアップなどの運用面で苦労していたユーザーにはかなりの朗報かと思います。

手順紹介およびツール配布ページ(英語)

ダウンロード先は2種類あります
1. Create installation media for Windows 8.1 -Windows Help
2. https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows8
ツールをダウンロードして実行して・・・という程度の操作なので、手順紹介、という程のモノでもないですが、以下詳細を解説。

  • 必要ツール
    Windows Installation Media Creation Tool
    (上リンク中段の[Create media]からダウンロード可能)
    (直リン)
  • 使い方
    ツールを起動したら言語やOSのバージョンを指定して
    言語指定
    ▲クリックで拡大
  • USB、ISOどちらのメディアを作るか選択するだけ。
    メディアの選択
    ▲クリックで拡大
  • ISOファイルを選択した場合
    ISOファイルを選択した場合
    ▲クリックで拡大
    保存先は、このように自分で選択可能です。
    保存先を指定したあとは、全自動でダウンロード、メディア化が進みます。
  • 暫く待っていると、自動でISOファイルが出来上がります。
    ISOファイル完成
    ▲クリックで拡大
    インターネット回線やPCの処理速度によりますが、今回は1時間30分ほどで出来上がりました。
    あとは、ライティングソフトを利用してDVD-Rメディアに焼きこめばインストールDVDの完成です。
  • 補足&注意
    ※USBインストールメディアを作る場合は、先に4GB以上のUSBメモリを挿しておく必要があります。
    ※USBメモリによっては、4GBでは足りない場合があります。
    ※ストレージとして認識されるUSBメモリにはインストールできません。

参考リンク

ISOの作成だけならWindows7評価版からでも可能なようです。
またダウンロードしたWindows8.1は、Windows 8 のプロダクトキーがあればクリーンインストールが可能なようです。
(2014年11月時点)

余談: ツール公開の背景

頂いた情報によれば、元々は「ダウンロード購入した Windows8 を UEFI でインストールした場合、デバイスの認識が出来ない場合があり、その回避策」として公開されたもののようです。
それが今回、Windows8.1の強制アップデートが始まった事で一般公開された・・・と予想されているようです。

参考リンク(UEFIインストールで失敗する例)

上記以外のWindows 8.1 用のインストール メディア作成方法

Windows 8.1 用のインストール メディアを作成する - Windows ヘルプ
こちらはWindows8.1を購入している人用の手順。
Windows 8.1、Windows 8、Windows 7で実行できますが、Windows8.1のプロダクトキーを持っている必要があります。
こちらもUSBメモリ、ISO、両方の作成が可能です。