2015.10.22: 手元のWindows10マシンの音質がまた変わったので追記

このページはWindows10 TH1 (build 10240) 時代に検証した内容です。
Windows10 TH2(1511)以降、このページに記載したような音質の変わる現象は確認できていません。(変わっていても気が付かないレベル)

Windows8.1やWindows7から Windows10にアップグレードした際に、

などの問題が発生した場合の対処方法を記載したページです。

はじめに: ドライバの簡易チェック方法

スタートボタン>[設定] > [システム]から、「アプリと機能」を起動してみましょう。
「アプリと機能」でのチェック方法
▲クリックで拡大
※画像はプリンタドライバですが、ここでサウンドドライバを探してみましょう。

以下、個別の対処方法です。

OSの起動音やUSB取り外し音など、システム音の一部が鳴らない

Windows7からアップグレードした場合にありがちです。
USB3.0コントローラーやSATAコントローラー、マザーボードのチップセットドライバが古い場合に発生しやすいようです。

Windows10にしたら、音質が変わってしまった 

私のPCでも、2台ほどこの症状が発生しました。
ネット上でも良く見かける情報なので、かなり多くの環境で発生しているものと思われます。

  1. 複数のサウンドデバイスがあるPCの場合
    私のPC環境の場合、微妙にリバーブが掛かっている現象は(不自然なリバーブについては)これで解消されました。
    • タスクトレイの音量アイコンを右クリックする
      タスクトレイの音量アイコン
      ▲クリックで拡大
      開いたメニューから「再生デバイス」を選択する
    • 「接続されていないデバイス」がないか確認する
      タスクトレイの音量アイコン
      ▲クリックで拡大
      • 私のPCの場合、AMDのビデオカードに搭載された「AMD High Definition Audio Device」が、「接続されていません」の状態で6個も認識されていた。
      • 右クリックして「無効化」またはドライバそのものを削除する事で問題が解消しました。
  2. サウンドのサンプリングレートがおかしくなっている場合
    私のPC環境の場合、微妙に音が歪んで聞こえる症状はこれで解消できました。
    • Windows側の「再生デバイス」のスピーカーのプロパティ
      Windows側の「再生デバイス」のスピーカーのプロパティ
      ▲クリックで拡大
      サンプリングレートが24bitになっています。
    • サウンドカード付属ユーティリティの設定
      (コントロールパネルからオーディオデバイスを選ぶ)
      サウンドカード付属ユーティリティの設定
      ▲クリックで拡大
      サンプリングレートが16bitになっています。
    • この二つのサンプリングレートを一致させる事で、微妙な音の歪みは解消できました。
  3. イコライザやリバーブの設定が初期化されている場合
    私のPCの場合、微妙に音質が異なって聞こえていたのは、(Windows10用のサウンドドライバを当てた後に)イコライザの設定が初期化されていただけでした(^_^;
    • サウンドカード付属ユーティリティの設定
      (コントロールパネルからオーディオデバイスを選ぶ)
      イコライザの設定
      ▲クリックで拡大
      Windows7の頃は、リバーブ「なし」、イコライザー「ロック」に設定していたのですが、Windows10にアップグレード後、リバーブ「室内」、イコライザー「なし」になっていました。

 

まったく音が鳴らない場合、スピーカーのみ音が出ない、一部端子から音が出ない場合

アップグレード前のドライバが正しく作動していない場合や、PC内に複数のサウンドカードが搭載されている場合に発生します。

以下、4点紹介しています。上から順に試すのが良いと思われます。

  1. トラブルシューティングツールを使ってみる
    • 一番お手軽かつ効果が高いです。
    • トラブルシューティングツールの起動方法
      トラブルシューティングツールの起動方法
      ▲クリックで拡大
      デスクトップ右下の「ボリュームアイコン」を右クリックし、「サウンドの問題のトラブルシューティング」を選択します。
    • あとは指示に従って数回クリックすればOKです。
  2. 自動メンテナンスを手動で実行し、PCを再起動してみる
    • 自動メンテナンスの手動実行方法
      自動メンテナンスの手動実行方法
      ▲クリックで拡大
      コントロールパネル内「メキュリティとメンテナンス」を開き、
      赤矢印部分の「メンテナンスの開始」をクリックするだけでOKです。
    • この後のPCの再起動は、2~3回行うと効果が出る場合もあるようです。
  3. 新しいドライバが出ていないか探してみる
    • デバイスマネージャーを開き、サウンドカードの状態を確認する
    • 正常な場合でも、とりあえずドライバの更新を行ってみる。
      OS再起動時のイベントビューアのログ
      ▲クリックで拡大
      「ドライバーソフトウェアの更新」ボタンを押すだけでもOKです。
    • 更新できない場合は、「削除」を選びドライバの削除を行い、PCを再起動してみましょう。
    • サウンドカードやPCメーカーのサイトに行き、そこで最新のドライバを探してもOKです。
  4. 複数のサウンドカードが搭載されている場合
    • 以前のOSでは利用していなかったサウンドカードが有効になっている可能性があります。
    • [コントロールパネル]>[ハードウェアとサウンド]>[デバイスとプリンター]を開いて、スピーカーやマイクの状態をチェックしてみましょう。
      デバイスとプリンター
      ▲クリックで拡大
      コントロールパネルの「デバイスとプリンター」
    • 解決方法の詳細解説ページ
      Windows10にしたらネットやモニタやプリンタが使えなくなった時のチェックポイント

 

このページの情報は 以上です。

以下は後日談です。音質の変化は定期的に発生するか、もしくは現在も改善中、という印象を受けます。

追記(2015.10.22)

2015年10月14日の Windows Update の前後から、Windows10マシンの音質が再び変わったのでメモ。

  • 音質が明らかに良くなった。
    • 具体的に書くと、生音(弦楽器、笛、ピアノ類)の音が非常にクリアになった。各楽器の音が独立して聞こえるようになった。ステレオの広がり具合などが聞き取りやすくなった。
  • オーディオデバイスのドライバは変更していない。
  • Windows Updateでもドライバ類の更新はなかった。
  • OS上のオーディオ関連の設定は何も変更していない。スピーカーや配線なども何も変更していない。
  • Windows XP/7 時代は、何も変更せずに音質が変わることは無かった。
  • 同PCでWindows7を利用していた時代(2012年1月~2015年8月)よりも、明らかに音が良い。
  • Windows10にアップグレード後、音質の変化は度々発生している。
    今回も同様の現象なのだろうか?
    (今回の音質で固定されると嬉しい)

追記おわり。